« 鉄と核と人類 | トップページ | 纏向のロマン »

2009年11月10日 (火)

核を手放せない北朝鮮

 このブログでは、選挙を前にした8月17日に民主党の外交・安保政策について「鳩山代表の本気度」という記事を書き、新政権発足後の9月から10月にかけて北東アジア核非武装宣言構想などを中心に「オバマに提案して下さい」、「オバマの背中を押せ」、「新外交にギヤかかかった」というエントリー掲げてきました。

 まもなくオバマが来日します。マスコミや議会が騒いでいる沖縄基地問題は、小さな問題とはいいませんが、冷戦体制下で生まれ、半世紀も続いた日米安保体制のレビューをする中で考え、決着を先送りするという方向に向かいそうです。

 また、外交諸懸案もすぐ結論を出すというより両国が目指す方向を確認しあうという、セレモニー的なものになるでしょう。なぜならば、議論する時間がなく煮詰まった話などもありません。北東アジア核非武装宣言構想も「せいてはことをし損ずる」ことにもなりかねないので、そのあたりをすこし――。

 北東アジアで非核武装国といえば、核の傘は別として日本と韓国しかありません。その中で北朝鮮は自前の核兵器を持ち、核保有国を宣言しています。これを阻止し、また核を放棄させようとしたのが6カ国協議です。

 しかし、このところ北朝鮮は6カ国協議をボイコットしアメリカを対話に引き出すことに重点を置きました。最近は6カ国協議復帰も匂わせていますが、本当は韓国、日本には入ってもらいたくないのです。それはなぜでしょう。

 金正日の健康は相当回復したようです。そこで後継者にどうしても引き継がさなければならないことに力を入れ始めたのです。それは、朝鮮統一のあり方ではないでしょうか。ベルリンの壁崩壊から20年、東ドイツの二の舞だけはどうしても避けなければならないとの思いです。

 つまり、吸収合併には断じてさせない、対等かできれば上位で望みたい、それには国の「格」ならぬ「核」が必要なのです。世界一のアメリカと堂々とわたりあい、譲歩をひきだすのも「格」を高める仕掛けです。韓国からの1万トンの穀物支援をけっ飛ばすのも「武士は食わねど高楊枝」の心意気でしょう。

 それが「主体性理論」なのか、朝鮮人の国民性なのかはわかりません。朝鮮半島の非核化は北・韓国、日朝の共同宣言にもあり、6カ国協議でも1度はうたっています。すべてうまくいけば核を放棄してもいいと思っているはずです。

 その点、北・韓国・日本を区域とする非核武装地帯宣言をし、核保有国のアメリカ、ロシア、中国がこの地域に核を使わないという条約に調印すれば、6カ国の枠組みの中で安全を保証されるだけでなく、各国の交流や援助も盛んになり、東アジアの安定が一挙に進展するわけです。

 一見、北にとってもよさそうですが、朝鮮の統一にはプラスにはなりません。日本主導では昔の「大日本帝国」の区域を思い出すでしょうし、韓国との経済格差だけでなく日韓の連携があればますます孤立しかねません。つまりは、対等合併の切り札をなくしてしまうことになるのです。

 以上は独特な見方ですが、テレビのコメンテーターがいうような「ごね得外交」「専制孤立主義」だけの国で、経済制裁を強化すればいずれ参るだろうという考えとは、ちょっと違う見方をしてみたかったということです。

|

« 鉄と核と人類 | トップページ | 纏向のロマン »

東アジア共同体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/32159554

この記事へのトラックバック一覧です: 核を手放せない北朝鮮:

» “食”がいのちを救う [関係性]
 この題でクローズアップ現代(10月29日)の放送があった。  現代、「食に興味をもたない」若者が増えている。効率的だと好みの菓子を食べ、サプリメントを食事代わりにする。自分では異変に気付かず、献血などの血液検査でそれを知る。  食事に異変が起こっていることは知ってはいたがここまで重症と私は思っていなかった。  何年か前、夕食に簡単な食事を摂るために喫茶店に入ったことがある。そのときある若者がコーラと菓子を食事代わりにしているのを眼にし、驚いた記憶がある。あれから3年くらい経過している。  「食... [続きを読む]

受信: 2009年11月10日 (火) 15時08分

» ノーベル平和賞のオバマを後押しする [逝きし世の面影]
13日の日米首脳会談で日本の鳩山民主党新政権は今までの自民党歴代政権のような無条件対米従属を少しでも改善してより対等な日米関係が築けるだろうか。? 『チェンジ』を合言葉に圧倒的な支持率を誇ったオバマ大統領ではあるが当選後早一年。 画期的な核兵器廃棄のプラハ演説は行われたが、最重要課題のイラクでもアフガンでも従来の共和党ブッシュ政権の路線を踏襲して、未だ『チェンジ』されていない。 選挙時のキャッチフレーズ『チェンジ』(変革)に対する期待が多きかっただけにオバマ支持率は大きく下がり今や50%台にまで低下... [続きを読む]

受信: 2009年11月12日 (木) 09時20分

« 鉄と核と人類 | トップページ | 纏向のロマン »