« 書評『ヨーロッパ統合』 | トップページ | 米に撤兵の勇気があるか »

2009年11月 6日 (金)

「撃壌歌」(古代中国)

日出(い)でて作(な)し
日入りていこう
井をうがちて飲み
田を耕して食らう
帝力、なにか我にあらんや

日が昇れば起きて働き
日が沈めば帰って憩う
水は井戸を掘って飲み
田を耕して食を充たす
政治、自分にとって何のかかわりがあろうか。

|

« 書評『ヨーロッパ統合』 | トップページ | 米に撤兵の勇気があるか »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/32100811

この記事へのトラックバック一覧です: 「撃壌歌」(古代中国):

« 書評『ヨーロッパ統合』 | トップページ | 米に撤兵の勇気があるか »