« 新外交にギヤがかかった | トップページ | アフガンの動き、急 »

2009年10月20日 (火)

天皇と平和

 昨日の報道であるが、広島平和公園の原爆死没者慰霊碑の献花台に置かれた花を取り去りまき散らしている右翼団体構成員が、礼拝所不敬容疑で逮捕されたようだ。この団体には、05年7月にも慰霊碑の「過ちはくり返ししませぬ」の過ちの部分をのみなどで破損、器物損壊で実刑判決を受けた男がいる。

 この時は、アメリカがやったことを「過ち」だと反省するのはおかしい、と言っていたらしいが、反米右翼なのだろうか。その前から慰霊碑をペンキで汚したり、慰霊碑のわきに共同で国旗掲揚柱を立てたり、最近では、原爆忌にぶつけて田母神講演会を開いたりする者がいる。

 正直なところ、もともと原爆忌が、左翼団体主導のような形で進められたことへの反感からではなかろうか。すなわち「いやがらせ」である。こんなことをしているから、国民から相手にされないということになる。ご忠告申し上げておきたい。

 今日は、皇后陛下の誕生日である。この日に当たって以下の感想文(抜粋)が発表された。

 (今年は)政権交代という、政治上の大きな変化のあった年でもありました。米国においても政権が代わり、着任から程なく、オバマ大統領のプラハでの演説があり、その中で核兵器廃絶に向ける大統領の強い決意が表明されました。そして今月、ノーベル財団は他の要因も含め、この大統領のとった率先的役割に対し、今年度のノーベル平和賞を贈り、この行動に対する共感と同意を表しました。核兵器の恐ろしさは、その破壊力の大きさとともに、後々までも被爆者を苦しめる放射能の影響の大きさ、悲惨さにあり、被爆国である日本は、このことに対し、国際社会により広く、より深く理解を求めていくことが必要ではないかと考えています。

 アフガニスタンで農業用水路を建設中、若い専門家がテロリストにより命を奪われてから1年が過ぎ、去る8月には故人が早くより携わっていたその工事がついに終わり、アフガン東部に24キロに及ぶ用水路が開通したとの報に接しました。水路の周辺には緑が広がっているといい、1971年、陛下とご一緒にこの国を旅した時のことも思い合わせ、やがてここで農業を営む現地の人々の喜びを思いつつ、深い感慨を覚えました。

 右翼団体が反皇室とは思えない。あるいはかつての一部の旧軍部のように「君側の奸の仕業」というのだろうか。当塾はブログ主宰者などから「護憲派ブログ」と分類されている。しかし「改憲」必ずしも悪くない。

 天皇については「国民統合の象徴」とは「平和」を意味し、天皇の機能として、平和への祈念祭祀とか、平和友好外交を国事行為として積極的に明記すべきだし、9条は3項を付け足して「公務員の国外への武器持ち込み、使用禁止」などを盛り込むべきだと思っている。

 歴代の天皇のうち、戦争に積極的にかかわった天皇は、神武・神功皇后・斉明(負け戦だったので皇民化教育にはでてこない)・後醍醐ぐらいで、あとほとんどは天照大神以来平和指向で、祭祀(まつりごと)を軸に和解や紛争の処理に当たってきた。

 明治、昭和天皇なども御製(和歌)などで見る限り平和主義者で、終戦時を混乱なく処理できたことは天皇制抜きでは考えられない。これらについてはすでに述べたこともあるが、稿を改めて考えてみることにしたい。

|

« 新外交にギヤがかかった | トップページ | アフガンの動き、急 »

憲法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/31859985

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇と平和:

» 石原は、大嘘つき野郎だ! [雑感]
   知事らが、6人も雁首を並べて八ッ場ダムを視察に出かけたのは昨日のブログでも書いたし、テレビ・新聞でも我先にと伝えている。 その中で、東京都では 水の需要が減っている ことは一言も話してはいない。それどころか敢えて、利水・治水に関しては 「できるだけ触れないでおこう」 とする報道姿勢はみえみえである。 これには、理由があって群馬選出の福田が 国会で洪水に対して八ッ場ダムの有効性に対しての質問に、「あまり効果がみられない」との回答 をしているからであろう。 ここに一枚の表を掲載をしよう。  表から... [続きを読む]

受信: 2009年10月20日 (火) 17時06分

« 新外交にギヤがかかった | トップページ | アフガンの動き、急 »