« アフガンは振出しにもどせ | トップページ | 星の数ほど“共同体” »

2009年10月30日 (金)

ムダ使い、SM3

 28日、海上自衛隊のイージス艦「みょうこう」から海上配備型迎撃ミサイル(SM3)をハワイ沖で発射し、弾道ミサイルの迎撃実験に成功したと発表した。07年12月は成功したが、昨年11月は失敗していたものである。

 費用は約63億円(毎日新聞)。何の財政チェックも受けずに一瞬で海にポシャン。無駄遣いの最たるものである。当ブログで再々指摘してきたことだが、ブッシュの方針で進められてきたこのMD(ミサイル防衛)計画が、金持ちの道楽よりまだ始末におえない無駄遣いであることは世界の常識だ。

 北朝鮮のテポドン騒ぎの時、撃墜命令とやらで話題にされた。宇宙空間で超音速のミサイルを電波などで追跡し打ち落とそうというものである。テポドンがそのまま飛べばハワイ方面に行くが米本土には行かない。

 日本にどうすれば落ちてくるのか説明がつかない。このシステムには膨大なお金がかかるが、打ち上げる方はチョットの工夫だけでこれをかわせる。ダミー弾頭を同時にばらまけばいいのだ。現に中国にはそれがあるという。その上をいくものを開発しようというのだから、コストの勝負は最初からついている。

 9月半ばには、アメリカがかねて強行しようとしていたポーランドとチェコでのMD施設建設計画を棚上げにする方針を決めたと伝えられている。これはイランから米本土・欧州をねらうミサイルをここで打ち落とすという説明になっていた。

 イランにそんな意図や能力がないにもかかわらずである。一方、ロシアが計画に強く反対していた。それは、核弾頭軍縮で、仮にアメリカ100発・ロシア100発と決めても、MDシステムでアメリカだけがその半分を打ち落とせば50対100となり、協定が無意味になるからだ。

 棚上げ方針は、オバマ大統領の指示で早期見直しの対象になっていたようだ。それよりも、中短距離ミサイル対策に重点を置くということになれば、日本にとってはノドン・テポドン対策となる。太平洋・大西洋を隔てたアメリカは別としても、この方が日本にとってはより現実的だろう。 

 今回の実験は、自民党が決めたものだとしても、まさか第4回実験を民主党内閣が予算に組み込むということはないでしょうね。(>_<)

|

« アフガンは振出しにもどせ | トップページ | 星の数ほど“共同体” »

反戦・軍縮」カテゴリの記事

コメント


新聞によれば志位氏、鳩山政権を「支援」の姿勢なりという。u-mu!
耄碌する歳でもあるまいに。

投稿: tani | 2009年10月30日 (金) 20時42分

tani 兄 おはようございます。

志位さん、やさ形同志で谷垣さんとお友達になればよかったのに。

10何年来のお友達、公明さん(代表の名、まだ覚えてない)にまで袖にされ、かわいそうじゃないですか。

投稿: ましま | 2009年10月31日 (土) 07時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/31996743

この記事へのトラックバック一覧です: ムダ使い、SM3:

« アフガンは振出しにもどせ | トップページ | 星の数ほど“共同体” »