« ムダ使い、SM3 | トップページ | 国会がおもしろい! »

2009年10月31日 (土)

星の数ほど“共同体”

 当塾のカテゴリに「東アジア共同体」を設けたのが福田内閣の頃、“反戦”の立場から欧州連合などを取り上げたのはその2年前、靖国で中・韓との関係が最悪におちいっていた年である。鳩山政権の誕生でこのところようやく“共同体”が広く論じられるようになった。

 しかし、どうも当塾が夢に描いていた共同体と、評論家先生などを含む世間のイメージが異なる。反対論の最右翼にあるのが「価値観を異にする国(中国)とは協同できない」というもので、ネットでは、言語体系が違うとか、宗教が違うとか、なかには「同じ通貨を使うなど身震いがする」などと嫌悪感をあらわにするものもある。

 マスコミに現れる好意的論調でも、ASEAN(東南アジア諸国連合)プラスをより促進させるという点で評価するものが多い。福田内閣発足後の07年11月にASEANと経済連携協定(EPA)を締結し、自由貿易協定(FAT)で先行していた韓国・中国にようやく追いついた。

 そこで日本が構想したのはASEAN+3とか豪州・インドなどを加えた「東アジア共同体」である。ASEANを足がかりにしたり、豪州などを加えるというのは、やはり中国へく敵対意識が抜けきれないからであろう。

 当塾では、ヨーロッパで不倶戴天の敵同士のドイツとフランスが手を握ってEUまで成長させたことなどを書き続け、直近では「共同体7つの誤解」とか「わかっていない共同体」という題で思いの丈をエントリーした。

 しかし、もうあきらめた。共同体に関する議論はこれからも盛んになるだろう。百花斉放、それでいいのだ。共同体は星の数ほどあり定義などない。卑弥呼にはじまる日本古代の「豪族連合」、アメリカ合衆国、国連、すべて「共同体」の一種だ。EUも最初の頃は石炭・鉄鋼カルテルであり市場統一であった。そして、アメリカ、ソ連の2強に対抗するためでもあった。

EU最初の共同体を成功させたフランスのジャン・モネによる「モネ方式」という原則がある。しかしEUの発展、時代の変遷にしたがってそれ自体も変化を遂げ、モネの想像を超えてしまった。しかし、最終形態を示さない、限定的な領域での国家主権の委譲、加盟国のアイデンティティーと合意の尊重、法による支配、そして最初のきっかけが欧州平和の確立であったことなど、今後も忘れられることはないだろう。

 東アジア共同体には「魂」を入れなくてはならない。それはかつて一番厳しく対立した日・中、あるいは日中韓が相互の行きがかりを捨てて協調し、軸となることだ。その過程で、当然厳しい議論があり蹉跌もあってしかるべきだ。

 そして、何がいいか何をすべきかを決めてオープンな共同体に持っていくことは可能だ。経済に限ることはない。安全、文化、教育なんでも大いに話し合うこと、つまり友愛の精神から発展していく。それを抜きにした単なる仲良しクラブなら意味がなく、共同体としては失敗するだろう。EUはその意味でいいお手本を示してくれるはずだ。

|

« ムダ使い、SM3 | トップページ | 国会がおもしろい! »

東アジア共同体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/32011724

この記事へのトラックバック一覧です: 星の数ほど“共同体”:

» 『賭博と売春は猥雑な大阪が引き受ける』橋下知事 [逝きし世の面影]
『カジノも風俗街も大阪が引き受ける』…つい本音が出た橋下知事   大阪府の橋下徹知事は29日、大阪市内で企業経営者ら約750人を前に講演し、関西の活性化には都市ごとの役割分担が必要との考えを示したうえで、大阪について『こんな 猥雑 な街、いやらしい街はない。』 『ここにカジノを持ってきてどんどんバクチ打ちを集めたらいい。』 『風俗街やホテル街、全部引き受ける』と述べた。 橋下知事は京都と奈良を『世界に誇れる観光の街』、神戸を『日本を代表するファッションの街』と位置づけ、 『大阪はエンターテインメ... [続きを読む]

受信: 2009年11月 1日 (日) 13時16分

» 八ッ場ダム報道における産経の記事 [雑感]
産経が4回にわたり【検証・八ツ場ダム】という記事を書いている。 この記事には、そもそも重大な欠陥がある。 それは、何かというと八ツ場の建設の基準をカスリーン台風をベースにしているのであるが、カスリーン台風時の八ツ場の建設予定地より上流の降雨量を記事の中では、一切示していないことにある。 つまり、カスリーン台風のときに 八ツ場建設予定地の上流にこれこれの量の雨が降って、その結果下流のどこどこの地点の水位がどれくらい上昇をして決壊をしたのでダムを作るのだ。という基本的なこと の数字が一切省かれている。 ... [続きを読む]

受信: 2009年11月 1日 (日) 22時02分

« ムダ使い、SM3 | トップページ | 国会がおもしろい! »