« スーダン | トップページ | わかっていない「共同体」 »

2009年10月24日 (土)

外交ブレまくりは×

 鳩山外交の滑り出しは順調で◎をつけだが、このところ首相と外相、防衛相などの発言がブレまくっている。外相が日本外国人記者クラブで「東アジア共同体にアメリカは加えない」と発言していたのに対し、首相はASEANに出席してアメリカの参加を求める意向を表明するという。

 まったく逆の意見で、これほどの食い違いが表面化することなど聞いたこともない。また、沖縄の基地移転問題でも、首相は民意を慎重に見極める必要があるとして、期限を設けない方針であるのに対し、他の閣僚は早期決着を求め県外移設の選択肢はないなどという。

 また、岡田外相は普天間飛行場の嘉手納基地統合案持ち出し議論を複雑化している。国内の他の案件でも閣僚間の意見食い違いが表面化していて、ガラス張りで政策決定の過程がよくわかるなど、新政権に甘い評価も見受けられる。

 しかし外交は違う。米国防長官らが来日しても従来どおりの強硬策を表面にだす。そして一歩もひかぬ立場を説明し、一切の妥協を拒むところから始まる。さまざまな応酬があって最後に首脳がでて落としどころをさぐって決着をみる。日本外交はその逆だ。

 金正日のまねをしろとまでは言わないが、そんなのは外交交渉のいろはではないか。多少のイレギュラー発言をするにしても、それは最善の結果を招くめの陽動作戦の範囲内だ。官僚はずしはいいけど、官僚だったら決してこんな混乱を招くようなことはしないだろう。

 あしもとを見られて相手を利するだけでなく、あきれられ信用をなくすだけだ。どうしてこんなことになるのだろう。先が思いやられる。このままでは、早晩鳩山外交の◎から×に転化するに違いない。

|

« スーダン | トップページ | わかっていない「共同体」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この事例は『ブレまくり』と言うよりも『閣内不一致』では。?
確かに前例踏襲の前自民党政権では『ありえない』ことではありますが、何ごとも『前例にとらわれない』で『始めてづくめ』の政権交代の始動期で、しかも民主党は二昔前の自民党のように(政策や主義で集まった政党ではなく)右から左まで『何でもあり』のごった煮集団。
これでは意見が一致する方が不思議。
ですから『閣内不一致』はある意味同然ですが、様は何処に収斂していくかが大問題で、これからが面白そうです。

普天間もASEANも岡田外務大臣が一番正論では。?
アメリカに遠慮する鳩山発言は小泉純一郎のようで情けない。
日中韓三ヶ国を入れたいASEANに対して『米国外し』と勘ぐられないようにと米国やインドやニュージーランド豪州の参加を提唱していたが、これでは世界人口の半分以上で地域連合としての意味を成さない。
基地問題では軍事超大国ソ連が消滅して冷戦が終結したのに、最貧国北朝鮮問題を理由に対ソ連用の米軍基地を縮小しようとしないのは如何にも道理に合わない。海兵隊本体はグァムに移転して残りを嘉手納に統合する岡田案は、案外一番実現性がある。
それにしても来日したゲーツ国防長官の態度がけしからん。あれではイラクのような占領国に対する宗主国の振る舞いです。

投稿: 逝きし世の面影 | 2009年10月25日 (日) 09時47分

>この事例は『ブレまくり』と言うよりも『閣内不一致』では。?

 私もそう思いました。しかしXもそうですが俗受けしそうなタイトルは、私の趣味です。内閣を一体としてみたり、外国からみれば日本はブレていると見なされます。そして、一人の発言を見ても微妙にブレているところがあるのは否定できません。

 要は、「政治主導」や「脱官僚」も外務には特別の配慮が必要、ということです。

 安保条約には「(米軍は)施設及び区域を使用することを許される」と書いてある。今は許している方が怒られているみたい。

 

投稿: ましま | 2009年10月25日 (日) 11時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/31925096

この記事へのトラックバック一覧です: 外交ブレまくりは×:

» 鳩山政権発足後・1カ月 [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
今回はちょっと堅い話を。 鳩山政権が発足して、はや1カ月。 小選挙区で民主候補者に投票する時、僕にはこんな思惑があった。 『政権担当... [続きを読む]

受信: 2009年10月25日 (日) 01時41分

» 普天間基地移設 県内の考え 岡田外相 [王様の耳はロバの耳]
普天間、県内移設の考え 岡田外相 閣内調整これから(朝日新聞) - goo ニュース オバマ大統領の11月訪日前に日米間の懸案の一つ「普天間基地の移設」を解決すべくゲーツ国防長官迄乗り込んできましたが岡田外相と合意に至らなかったようです。 {/hiyoko_cloud/} 自公政権であれば「名護市辺野古のキャンプシュワブ海兵隊基地」に移設で合意していたのですから反対派説得の材料として「滑走路を沖合いに50メートル位移動」で政策決定したのだろうと思います。 {/face_ase1/} それを何と岡田... [続きを読む]

受信: 2009年10月25日 (日) 08時27分

» サンプロを選挙違反で訴えろ! [雑感]
  日曜は、参議院の補選であった。7時から投票開始なので、時事放談をみてから自宅を出て投票場へ向かった。 今朝の、テレビの討論番組は郵政社長人事での 「斉藤氏起用問題」 一色であった。果たして、参議院補選の日に流す番組として適切な内容であったのか疑問がわく。 「番組内容が選挙結果に影響を与えかねない」 ということは考慮はしないのであろうか。もし自民党政権下であったなら、局にクレームが入ったのではなかろうかとさえ思える内容であった。 「選挙結果に影響を与えかねない」内容であっても「言論の自由を押し通す... [続きを読む]

受信: 2009年10月26日 (月) 08時59分

« スーダン | トップページ | わかっていない「共同体」 »