« EUとNATOの違い | トップページ | アジア主義 »

2009年9月10日 (木)

連立合意に思う

 民主・社民・国民新党の連立協議がようやく合意、調印に達した。ここ数日は社民党の要求である外交・防衛政策をめぐって各段階の協議が不調に終わり、一見、はらはらする場面があった。「一見」というのは、「できレース」とまでは言わないが、党首をはじめ幹部にそれほど深刻な顔は見られず、タイムスケジュールどおり進んだことだ。しかし素人目には、なんでここまで来てもめなくてはいれないのか、あるいはもめて見せなければいけないのか、理解に苦しむところがあった。

 新聞各社の本件に関する社説を見ると、その題名だけでわかるようにはっきり二つに分かれた。朝日が「政権に加わることの責任」、毎日は「民意に沿う政権運営を」で、社民には、「現実的な対応を」(朝日)、「抑制的な対応が必要」(毎日)と注文をつけている。これに対し、読売と産経は、それぞれ「日米同盟の火種とならないか」と「日米同盟維持に疑問を残す」という、政権不安説である。

 産経の右傾宣伝に注文をつける気は毛頭ないが、読売には言いたい。読売の報道姿勢は、産経と違って、いたずらに反権力を標榜せず、それが国民の利益や気持ちにそぐうものであれば、政府与党に進んで協力するということではなかったのか。

 国民は、小泉・安倍の対米一辺倒、まるでアメリカの属国のような同盟関係に持ち込んだことにNOの判断を下したのである。これは、マニフェストで見ても明白な争点になっている。新政権の日米交渉は、長い時間をかけ両国の信頼関係を築いた上で提起されるだろう。

 したがって交渉自体、決して容易な業ではないと覚悟しているはずだ。それを「火種」というなら、国民は火種を作るとを希望したのだ。最大の新聞社として、どうしたらこの国民の願いを叶えられるか、その環境づくりをすることが「読売」らしいのではないか。

 当塾の意見は朝・毎に近い。しかし冒頭に掲げた疑問は残されたままだ。ここまで社民がねばったのは、沖縄の基地問題解決のため、沖縄2区選出の照屋博徳議員が脱党をほのめかしてこだわったからだという情報がある。

 社民党は福島党首が張り切ったにもかかわらず、かろうじて前回の議員数を維持できたばかりである。ここで1人かけて7人が6人になったら福島さんの責任問題にもなりかねない。照屋さんも福島さんも交渉ごとが専門の弁護士出身である。新政権誕生を前に、子どものように駄々をこねていたとは思えない。

 沖縄の問題、基地問題はこのところとかく忘れられがちである。沖縄の与党議員になるに当たり、身を張って問題提起をしたという所だろうか。また受ける側の民主党も、アメリカとの交渉上、政権内に地位協定や基地問題をおろそかにできない強い意見があるということは、決してマイナスにはならない。

 吉田茂、岸信介元首相もアメリカとの交渉の際、国内の革新勢力が強く、このままでは反共のとりでとしての役割が果たせなくなる、といって多くの譲歩を獲得したとされている。まさか、そこまで読んで芝居を打っていたというのは、何がなんでもうがちすぎになるだろう。 

|

« EUとNATOの違い | トップページ | アジア主義 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

鳩山って昔は基地無き安保とか言ってなかったけ。

投稿: 親ソ派 | 2009年9月12日 (土) 04時23分

言ったかどうか知りませんが、米軍基地がどうしても日本に必要な理由はますますなくなった。自民党政権が長年の惰性で「いてくれ」といい、アメリカは基地は日本置くのが一番安上がり(ほかに思いやり予算をつけてくれるところなどない)。本土に置く半値以下でしょうね。

投稿: ましま | 2009年9月12日 (土) 07時39分

60年代までは保守派には日本が攻撃されたときにアメリカはほんとうに守ってくれるのかという不安が強かったんですよね。だから米軍基地を日本中にばら撒いておけば、攻撃されてアメリカ人が巻き込まれて死んじゃえばアメリカは動かざるを得なくなるというわけです。アメリカに守ってもらって軽武装経済優先というのが保守本流ですからね。左派は米軍基地が狙われて日本が戦争に巻き込まれるって主張するわけです。沖縄は日米繊維摩擦がなければまだまだ返還しなかったでしょうしね。
で、70代以降に自主武装自主防衛が強調されはじめたわけですが、火をつけたのは中曽根ですね。防衛白書からはじまり不沈空母発言で流れができちゃいましたね。マラッカ海峡防衛論なんてのもありましたね。
そして、ソ連が崩壊してロシアの極東軍はショボイ状態に(冷戦時代から西側には過大評価されていたようですが)ね。
米軍はグアムあたりに控えていれば十分で日本に基地を持つ意味はなくなっていますね。戦闘機とかの性能向上で極東は十分守備範囲にはいるわけですからね。
アメリカが居座るのは移転費用の問題が大きいでしょうね。日本に居れば思いやり予算とかいっぱい出してくれるしアメリカ領土に居るより安上がりですからね。
日本からアメリカが撤退するとなると引越し費用は日本が出せといいだすでしょうね(笑)

投稿: 親ソ派 | 2009年9月12日 (土) 12時38分

アフガンの周辺国など、米軍基地を置くことで逆に膨大な経済援助をしてもらっていす。
ロシアも焼き餅をやいて、援助増額中とか。
日本は、そんなハシタナイことできない(笑)。

投稿: ましま | 2009年9月12日 (土) 14時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/31314401

この記事へのトラックバック一覧です: 連立合意に思う:

» 3党連立合意 [王様の耳はロバの耳]
民・社・国、連立政権樹立で合意=地位協定「改定提起」を明記−福島、亀井氏入閣へ(時事通信) - goo ニュース 昨日昼2時過ぎたまたまTVを見ていたら白いテロップで「連立合意」の文字が流れました。 社民党は「地位協定の見直し」「米軍再編と在日米軍のあり方の見直し(を提起)」を文書化した事で納得のようです。 民主党は「インド洋給油即時撤退」を合意に盛り込まず鳩山氏の訪米前に自らの手を縛らなくてまずはほっとしてる所でしょう。 {/face_ase2/} 国民新党は「郵政民営化の見直し」関連2法案の成... [続きを読む]

受信: 2009年9月11日 (金) 07時50分

» 民主・社民・国民の3党連立合意 [虎哲徒然日記]
多少難航した点もあったようだが、民主・社民・国民の3党による連立政権の合意ができた。 社民・福島、国民・亀井の各党首も内閣に加わることになりそうだ。 さて、その合意文書をみてみよう。 民主党、社会民主党、国民新党の三党は、第45回衆議院総選挙で国民....... [続きを読む]

受信: 2009年9月11日 (金) 18時00分

» 民主党・社民党・国民新党で連立政権合意 [ボヘミアンな京都住まい]
みずぽタン、今からでも習字やった方が・・・(苦笑) [続きを読む]

受信: 2009年10月 8日 (木) 18時19分

« EUとNATOの違い | トップページ | アジア主義 »