« アフガンの出口を作れ | トップページ | 地獄極楽図 »

2009年9月16日 (水)

4年前の種

 2009_09160002 ブログは、日記のようなものというのが最初の知識だった。だからできるだけ毎日更新するようにしている。題名にこだわっているわけではないが、マンネリ打開のため、たまには反戦ネタや政治ネタに無関係な内容にしたいと思っている。

 今日がその日である。写真の芽を出した大根の苗をご覧いただきたい。本葉をだした大きなものと双葉だけの小さなのが混在している。実は大きいのは4年ほど前に買った残り物の種。去年それでも育ったので、今年も、と思ったら芽をだしたのは3、4本だけ。

 あわてて去年買った種をその上に筋まきし、芽が出てきたのが小さい方。もう3、40年家庭菜園をやっているが、近所でも名高い惰農である。それでもそこそこ収穫があるというところが、素人農夫の醍醐味なのだ。

 4年前の種、といったところで……いけない!、政治に連想が行ってしまった。ブログを始めた年である。またその年小泉首相の靖国参拝がクローズアップされ、中国で反日デモが吹き荒れた。今日は、歴史的と言われる鳩山内閣が誕生する日である。

 ことさらの感想はないが、報道される閣僚候補に原口一博氏がいることが気になる。彼は民主党の中の数少ない「靖国神社に参拝する議員の会」メンバーである。私は4年前の考えがいつまでも残るのがいいとは考えていない。

 小沢さんではないが「変わらずに生きようと思えば人は変わらなければならない」でいいと思う。彼は、参拝をやめた安倍から福田首相になった去年も参拝しているようだから、まだまだ芽のでる種だと思われる。

 それでもなおかつ、一介の国会議員として、あるいは私人として参拝するのなら、歴史認識の浅さはともかく、その行為自体は拘束されるべきではない。しかし、北東アジアでの親善関係に力点を置く鳩山・岡田外交を支える内閣の一員になるのだ。

 組閣後の記者会見でそれを聞かれたら何と答えるのだろう。あるいは、そんな質問もでないほど、この問題は風化した問題だろうか。中国では風化していない。なぜ風化しないのか、しつこいのか、その疑問を解明する努力が日本ではまだ不十分だ。

 あーあ、また政治ブログになってしまった。

|

« アフガンの出口を作れ | トップページ | 地獄極楽図 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

4年前の大根の種から、反戦への発想展開ご健筆の冴えに恐れ入っております。
小生も、2005.7月のブログ開始ですが、当時はまだ(今もそうですが)パソコンも全くの初心者で、ましまさまにも随分御指導を頂いたと記憶しております。
いま「狸便乱亭ノート」バックナンバーを点検しましたら、2005.10.18
「靖国神社参拝」が記入されていて、ましまさまからもメッセージまで賜っておりました。
あれから4年、ノウミソの衰えを実感せずにはいられません。
「反戦老年委員会」バックナンバーは、全部PDFにしてHHDにバックアップしてある筈ですが、本体は何度かリカバリしたので残っていません。「整理」が出来ない怠けモノの性質なので、どんどん貯まるばかりの記録に対応できず、悩みのタネになっています。
こんご(あと5年はモツかなぁ)ともご指導の程宜しくお願い致します。そんでわまた。

投稿: tani | 2009年9月17日 (木) 14時08分

全くです。過去の記事もとうてい覚えきれなくなりました。いつか新規投稿はやめて、整理だけにしようと思ってますが、サガとでもいいますか、コンテンツを埋めていく快感、これがある限りはいけそうです。

しかし、だんだん毎日はきつくなりました。兄のふたつ掛け持ちはとてもまねできません。

投稿: ましま | 2009年9月17日 (木) 18時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/31399115

この記事へのトラックバック一覧です: 4年前の種:

» ハクサイの植え付け [PETITES NOUVELLES]
先週金曜日(9月11日)パソコン仲間のS兄からハクサイの苗を頂戴した。兄は、どのくらいの面積の畑を作っているのかわからないが、話によると、キュウリ・トマト・トウモロコシは勿論のこと、落花生まで作っておられるというから、本格的野...... [続きを読む]

受信: 2009年9月16日 (水) 20時36分

» 純度100%の斜長岩「かぐや」の月観測で判明(資料) [逝きし世の面影]
従来は月の一部に存在すると推測されていた、カルシウムやケイ素などから成る鉱物、斜長石のほぼ100%の純度の斜長岩が、月の広範囲に分布していることが9日までに、月周回衛星「かぐや」の観測により分かった。 宇宙航空研究開発機構(JAXA)助教の大竹真紀子さんが10日付の英科学誌「ネイチャー」に論文を発表した。 同論文にはJAXA助教の春山純一さん(福島市出身)や会津大の准教授陣も共著として名を連ねている。 大竹さんやJAXAの発表などによると、月の形成後、「マグマオーシャン」という溶岩の海ができ、徐々... [続きを読む]

受信: 2009年9月17日 (木) 11時32分

« アフガンの出口を作れ | トップページ | 地獄極楽図 »