« ここまで来れば | トップページ | 安保政策で「チェンジ」を »

2009年8月29日 (土)

選挙後株価は?

 国民が待ちこがれた衆院選もあと1日となった。麻生総理がこの日を決めた頃、真夏選挙はともかく、二百十日2日前で「台風はだいじょうぶかいな」と思った。もし台風が東京12区を直撃すれば、公明党にとって神風になるはずだった。

 幸か不幸か、台風は1日おくれで関東へ、翌日はこよみ通り東北を襲うという予報だ。すでに伊豆諸島は影響をうけているだろうが、選挙当日もまだ油断ができない。荒れたら選挙に行けない高齢者もいる。普通なら避けなくてはならない日程だったのだ。

 荒れる予定の選挙翌日、兜町はどう反応するだろう。大方のアナリストは政権交代折り込みずみ、という予測を立てている。しかし、ちょっと違うような気がする。経済や相場は当塾の正課ではないが、民主党圧勝ならご祝儀相場、つまり絶好の売り場になると見る。

 ロングレンジで日経平均を見てみよう。最低の7000円すれすれに落ち込んだのは、年度内解散が遠のき、民主党小沢代表の選挙事務所が西松建設の政治献金にからんで摘発された頃である。以後上向きはじめ、麻生総理が解散を決意したあと、7月27日頃からは1万円の大台にのせた。

 その後、波動はあるもののわずかに上向きで今日に至っている。ただ、このところ報道されている民主圧勝が反映しているかどうかには疑問がある。株価にとって結果伯仲なら政局不安で売り材料だ。これまでの株価の推移や一部アナリストの意見では、民主党政権必ずしもマイナスとは見ていない。

 竹中平蔵理論で行けば、民主圧勝は大暴落を意味する。ちょうちん持ちアナリストが多い中、自説をまげない竹中さんは立派だ。しかし、多分その竹中さんを兜町は裏切るだろう。長い間閉塞感を味わったのは一般国民だけではない。投資家もまたそうなのだ。

|

« ここまで来れば | トップページ | 安保政策で「チェンジ」を »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/31151026

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙後株価は?:

» 衆院選、運命の投票日! [明るいネット生活を始めましょー]
親愛なる読者の皆様、今回はご存知の「総選挙」情報です。 ネタは、昨日の記事になるのですが衆院選あす投票…党首戦、最終回の訴え 政権... [続きを読む]

受信: 2009年8月30日 (日) 00時00分

» 投票へ行きましょう! [鳥居正宏のときどきLOGOS]
きょうは衆議院議員選挙(および最高裁判所裁判官国民審査)の投票日です。みなさん1人1人の1票が、私たちの今後の生活のありかたを、そ... [続きを読む]

受信: 2009年8月30日 (日) 14時10分

» 事前調査結果と同じだった総選挙結果 [逝きし世の面影]
『違法な選挙予想の公表』 公職選挙法の第138条3には、 『何人も、選挙に関し、公職に就くべき者を予想する人気投票の経過又は結果を公表してはならない。』 と、はっきりと『選挙予想』が違法で有ると規定されている。 困った事に新聞社や週刊誌が選挙投票日前に必ず行う必須の重用記事である『選挙情勢の結果の予想』は、公職選挙法を条文どうりに解釈すれば、法律に明確に違犯しているのです。 新聞社は、自社の行う『選挙予報』は『人気投票』ではないから法にふれないという解釈らしいが、実際問題、政党名での比例区への投... [続きを読む]

受信: 2009年8月31日 (月) 11時45分

« ここまで来れば | トップページ | 安保政策で「チェンジ」を »