« 「リベラルの会」 | トップページ | 「由来」の危うさ »

2009年8月10日 (月)

リベラルの会と選挙

 前回の「リベラルの会」に続いて今回の衆院選に触れるつもりであったが、その前に前回記事の補足をしておきたい。それは、リベラルの会趣意書と民主党マニフェストの差を述べた中で、前者が北東アジアの安全構築をいっているのに、後者が南北アジアから太平洋まで範囲を広げた経済中心の構想でぼやかされているように言った。

 今朝になって再確認してみたら、マニフェストに一行、「○北東アジア地域の非核化をめざす」とある。前に見ているはずなのだが、失念していた。同党には別に「INDEX2009」という政策集があり、詳細がそこにあるとばかり思っていた。

 一行だけの公約は、南北朝鮮の「非核化宣言」が効果を期待された時代ならばともかく、北が核保有を誇る現在では空文に等しい。北東アジアに対しては、日朝共同宣言に見られるような、総括的解決の糸口をを見いだすことしか方法がないのだ。

 リベラルの会にそれらのすべてを期待することはできない。期待するのは、選挙後に想定される政権再編で、自民党あるいは右翼諸派勢力によるなだれこみの防波堤となりうる勢力に発展してほしいと言うことだけである。以下、同会発足に名をつらねた候補者を見ていく。(遺漏があればお許しいただきたい)

北海道5区 小林千代美(40)元・民主
 この区の対抗馬は町村信孝、町村派の会長だ。森・小泉・安倍・福田と4代続けて総理を出した最大派閥の代表が落選すれば、森の求心力はさらにおとろえ、自民党の瓦解も否定できない。

宮城1区 郡和子(52)前・民主
 仙台市の青葉区・太白区、東北を代表する選挙区で、自民党の土井亨(50)も町村派だ。

秋田1区 寺田 学(32)前・民主
 自民、平沼グループ、諸派の超保守勢力と民主・共産の平和勢力の激突になる。

埼玉12区 本多平直(44)元・民主
 今のところ共産が候補を立てていないので、その票が集まればなお有望である。

千葉6区 生方幸夫(61)元・民主
 生方は「リベラルの会」発足を主導した。6人という県下有数の激戦区になりそうだが、共産党をのぞけば、あとの4人は「みんなの党」新人を含む保守派である。 

新潟1区 西村智奈美(42)前・民主
 2回連続当選を果たしたベテランである。1区現象を起こしてもらいたいところ。

愛知3区 近藤昭一(51)前・民主 
 落選した生方の後を受け、平岡秀夫とともに会の代表世話役をしている。生方は読売新聞記者の経験があるが近藤も中日新聞出身である。

大阪5区 稲見哲男(61)元・民主
 ここでは、自民党ではなく公明党が対抗馬だ。前回の選挙では共産党候補者の票を加えると公明に勝てるという結果になっている。現在、諸派を入れて5党の戦いとなっている。

大阪17区 辻 恵(61)元・民主
 改革クラブの西村真悟がいる選挙区だ。かつて民主党に在籍したが田母神支持の極右だ。弁護士の資格を不正に使用した容疑で逮捕されたことがある。当選させてはならない。

大阪18区 中川 治(58)元・民主
 自民党は中山太郎。外相などの実績を持つ大物だがすでに84歳。ここまで後継者に恵まれないとは、お気の毒に思う。

山口2区 平岡秀夫(55)前・民主
 前回の小泉解散で自民新人に惜敗、比例区に回ったが、昨年2月の補欠選挙で自民候補に大勝、選挙区復活を果たした。小沢民主党を勢いづけた一因になっている。

山口4区 戸倉多香子(50)新・民主
 「リベラルの会」には直接関係はない。前記平岡の選挙区出身で盟友。自民ネオコンの代表格・安倍晋三から1票でも多く支持票をもぎとり、相手勢力に打撃を与えられる候補だ。

福岡3区 藤田一枝(60)元・民主
 農相の経験がある大物の太田誠一が相手だが、集団レイプに肩入れをするような失言癖のある人物だ。十分に勝機はある。

鹿児島1区 川内博史(47)前・民主
 相手は保岡興治、自民党で鹿児島のドンといわれるがすでに70歳、統一協会との関係や複雑な政界遍歴は、もはや実績にならない。昔年のライバル対決に変革の風がどう吹くか。

|

« 「リベラルの会」 | トップページ | 「由来」の危うさ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/30906447

この記事へのトラックバック一覧です: リベラルの会と選挙:

» 自民党がダメだから民主党に期待をするという当たり前の姿 [雑感]
  先日から醜いばかりの自公のよる、民主党のマニフェストに対する難癖に苦笑しかでてこない。 そもそも自民党が、選挙公約を過去に如何程に守ってくれたのだろうか。自民党が今まで選挙公約を守っていながら、何かの失政により評価を落とし、結果支持率を落とし苦しい選挙になったと言うのであれば、両党のマニフェストを見比べて投票先を検討をするという選択も残されてはいるのだが、今までが悪すぎた。 正直な話「自民党」という政党が「信用できない」と同義語になってしまっているのだ。自民党は「責任政党」と言うが、今まで「無責... [続きを読む]

受信: 2009年8月11日 (火) 17時05分

« 「リベラルの会」 | トップページ | 「由来」の危うさ »