« IAEAと日本 | トップページ | 首脳会議核軍縮声明と年表 »

2009年7月 9日 (木)

矮小化される「尼崎脱線」

 05年4月25日、JR西日本福知山線で通勤電車が脱線、ビルに衝突して106人の死者を出した。このブログの前身「反戦老年委員会」をスタートさせて10日目のことである。報道される現場写真は、過去に見たことのない過激かつ悲惨な様相をあらわにしていた。

 今日の各紙は、神戸地裁が事故当時子会社の社長だった現社長が、過去安全対策を担当する同社役員をつとめており、ATS(自動列車停止装置)を現場に付けなかった過失があるとして、過失致死傷罪で在宅起訴したことを伝えている。

 この法的措置に、なにか違和感があるのことを各紙が伝えているが私にもそれがある。そこで、当時のエントリーを確認の意味でCDから取り出してみた。今見ると、記事というより1日1題の短い断片感想文ブログで、2日連続してとりあげている(楽だったなあ(^^))。

005-04-27
職人肌
 職人肌の電車運転士は、ブレーキのショックを感じさせず停止位置の標識どおりにピタッと止める。また腕の立つ職人は、決して同業仲間の悪口をいわなかった。トラックやハイヤーの運転手の職業意識も高かった。「土日は、素人の運転が多いので事故がこわい」といっていたのが、昨今の事故はプロが運転する大型車両ばかり目立つ。

 失われた十年で、こういった職人気質も薄れてしまった。技能労働者の自信とプライドを奪い去ろうとする怪物、それは郵政民営化の中にもすんでいそうな気がする。

2005-04-28
労働組合
 昨日に続きJR西日本の大事故関連。

 労組の委員長がテレビで発言した。「運転士の日勤教育、これは刑務所ですよ、拷問ですよ」。同僚に自殺者を出し裁判沙汰にまでなっているのに、よくぬけぬけといったものだ。

 どうして「乗客の安全、組合員の人権と命をまもるため、ストをかけてでも戦います」といえないのか。こういうセンスも職人気質同様、最近はとんとお目にかからない。インタビュアーの質問もなかった。電車だけでなく世間のバランス感覚も崩れている。

 自分でいうのも気がひけるが、今日の世情からみて的を射た指摘だったと思う。国鉄分割民営化→労組弱体化→小泉改革→競争社会=いわゆる新自由主義が事故原因の背景となっていたことは否めない。しかし、これで国の責任や会社の利益優先労務軽視対策は不問にされる。

 主要各紙は、読売をのぞいて社説を掲げているが、会社の体質を糾弾するだけで国の政策がこのような企業体質を産んだ責任まで言及した社説は一社もなかった。ただ、産経だけが「幹部の過失責任だけではなく、なぜあのような大惨事が起きたかについても真相を究明してほしい」ということを結語に持ってきている。

 この点、珍しく当ブログと同じである。ただし、おそらく当ブログとは別なことを指しているのであろう。

|

« IAEAと日本 | トップページ | 首脳会議核軍縮声明と年表 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

中曽根民活で世界的に見ても優良企業だった国鉄が民営化されるときに識者や国労が一致して『民営化後の大事故』の危険性を予見していた。
其の予見は信楽事故に続き尼崎事故と現実のものと成ったが、20年前の国鉄民営化の行うためには『国家』自らが法律破り(労働三法の無視)を行ってやっと実現しています。
しかも民営化の一番の原因だったはずの膨大な国鉄債務は民営化で減るどころか返って膨らんでいる。
国鉄民営化とは、現在の日本の衰退とモラルハザードの出発点です。

この福知山線は昔、沿線に岩登りのゲレンデがあり良く利用していたが、当時は機関車が引っ張る列車で発車や停車は随分時間がかかり、待ちきれずに動いている客車に良く飛び乗ったり飛び降りたししたものですが、今では到底考えられない話です。

投稿: 逝きし世の面影 | 2009年7月 9日 (木) 18時33分

逝きし世の面影 さま
コメントありがとうございます。
 気のせいか、現場に大きく掲げられた「安全第一」の看板が小さくなったような気がします。安全、労災問題はかつて賃上げに劣らない団体交渉の重要テーマでした。
 今は、「事故(自己)責任」なのでしょうか。国鉄民営化はともかく、組合つぷしはひどかっですね。

 福知山線、かつては尼崎から尼崎港まで線路が延びていました。私の入った中学はその線路沿いにあり、黒煙をあげた機関車が毎日行き来してました。

投稿: ましま | 2009年7月 9日 (木) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/30470573

この記事へのトラックバック一覧です: 矮小化される「尼崎脱線」:

» 途上国の利益と日本の環境問題 [雑感]
  地球温暖化対策で主要8カ国(G8)への対立軸を打ち出す途上国の後ろ盾である中国・胡錦濤国家主席が、中国新疆ウイグル自治区ウルムチで発生した暴動のためにキャンセルをしてしまった。 確かに、北朝鮮の核問題も重要だろうし、経済問題も重要であろう。しかし、人間が生きていくためにもっとも必要な問題が環境問題であろう。 麻生さん、 卒業旅行だからって、お願いだからお金をばら撒いてくるなよ! .................貼り付け.......................... 先進国で温室効果ガス8... [続きを読む]

受信: 2009年7月 9日 (木) 21時50分

» JR西社長は可哀想過ぎないか? [飯大蔵の言いたい事]
こんな報道はあきれると同時に何が起こったのか首をかしげる。 JR福知山線脱線:JR西社長起訴 過失致死傷罪「事故予見できた」--引責辞任 [続きを読む]

受信: 2009年7月10日 (金) 00時06分

» 友引縁市 [関係性]
 いよいよ夏の「友引縁市」が始まります。  3回目となります。    平和を願い、食品安全を追求し、様々な生き方を追求する人たちの市場です。  遊んで、楽しくて、美味しい広場にみなさんお出かけください。  子どもやお年寄も「けんだま」を楽しみましょう。  7月20日(月=祝日)    朝10時から夕方7時まで  古民家「和のいえ 桜井」にて開催    最寄り駅:中央線JR武蔵境  [画像]    [画像]  こんなところにも、小さく行動する関係性があります。... [続きを読む]

受信: 2009年7月10日 (金) 14時12分

» 在宅起訴 [つよしの出来事]
先程出たニュース速報で、JR西日本脱線事故のことで在宅起訴とあったんですが。.... [続きを読む]

受信: 2009年7月13日 (月) 15時58分

« IAEAと日本 | トップページ | 首脳会議核軍縮声明と年表 »