« にほん、にっぽん | トップページ | IAEAと日本 »

2009年7月 7日 (火)

治安と経済

 戦後、想い出の一こまである。おそらく終戦の翌年、昭和21年か22年はじめの頃だろう。学校で全校生徒を講堂に集め、民主主義教育の一環として公開討論会が開かれた。議題は「治安維持と経済安定のどちらを優先するか」だったと思う。

 なぜこんなことを思い出したかというと、中国ウイグル自治区大騒乱のニュースである。その前、イランの大統領選挙をめぐる大規模デモ、さらに中米・ホンジュラス、さかのぼってタイなどさまざまな大衆行動や治安の悪化が続発しているが、起因はそれぞれ異なるものの、いずれも背景に経済格差の問題があることである。

 個別に論ずれば長くなるのでここでは省略するが、全体についてのべると、各国はそれぞれの立場から干渉したい理由があっても、基本的には自国民のことは自国民の間で解決すべきで、たとえ虐殺が起きようが、外交交渉を越える手出しは無用であり自制しなければならない。

 それは、アメリカがしばしばやってきたような、支持勢力とか国に対する武器援助についても同様である。それをしたために、アメリカがどれだけ恨みを買い信用を落とし、また自国民の命と財産を損なってきたかはかり知れないものがある。

 また中国については、嫌中陣営からチベット問題とウイグル問題を一緒にして考える傾向が出てくるだろうが、独立の要求や歴史的経緯、国際的な宗教の位置づけなどに根本的な違いがあることと、漢民族間でさえ存在する農村と都市の格差拡大など、国内問題として解決すべき複雑な問題を見逃して議論すべきではない。

 また、イランのラフサンジャニ現大統領、ホンジュラスで国外追放されたセラヤ大統領、同じく国に帰れないタイのタクシン元首相など、地方貧困層への予算ばらまきで選挙の獲得数を増やし、都市住民や中間層の反感を買ったことがデモや混乱を招いた。民主主義とはいっても、一種の衆愚政治が招いたもので、成り行きが注目される。

 さて最初の話に戻ろう。戦後の混乱期、治安は相対的に平穏な状態が保てたとはいうものの、ストの頻発やヤミ取引をめぐるトラブルなどで、一種の無政府状態のような不安があったことはまちがいない。また、先の見えないインフレ昂進は生活破綻直前にまで来ている。すなわち「泣く子も黙る」といわれる超法規的な権限を持つ「経済安定本部(安本=あんぽん)」が組織された頃である。

 そこで校内討論会となる。まずディベートで経済安定優先を受け持った生徒の発言。「それは経済が安定すれば治安もよくなる。経済優先に決まっている。その証拠に“経済安定本部”というのが組織された。安本は何のためにある!」 

 すかさずヤジあり。A「警察は何のためある!」(爆笑・拍手)。会が終わって生徒一同教室に戻る途中、狭い階段で人があふれて大混乱。もまれながら、B「警察は何のためある!」(爆笑)。AかBのいずれか私のようだ。政治を議論するのもヤジを飛ばすのも生まれてはじめての民主主義体験。何でも新鮮で楽しい時代だった。ただそれだけの話である。

|

« にほん、にっぽん | トップページ | IAEAと日本 »

戦中・戦後」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/30443800

この記事へのトラックバック一覧です: 治安と経済:

» 【意見】ネット規制された側の第三者機関が必要ではないか? [散策]
7月9日に児童ポルノ禁止法改正案の修正案を与党と民主党が持ち寄り、今国会で成立させる予定とネットのニュースで見て、大変危惧しているところであります。この際、ネット規制された側の第三者機関についても、急ぎ検討したほうが良いのではないかと思いエントリを書いています。... [続きを読む]

受信: 2009年7月 7日 (火) 20時42分

» 非核三原則と核持ち込み密約 [逝きし世の面影]
『核持ち込み 元次官が密約証言』 1960年の日米安全保障条約改定時に核兵器搭載艦船の寄港などを日本側が認めた密約について、87年7月に外務事務次官に就いた村田良平氏が、前任次官から文書で引き継ぎを受けていたことを明らかにした。 『最初から胡散臭い三原則』 非核三原則は40年程前に当時の佐藤首相が唱え始めたものですが可也いい加減。 三原則とは、核兵器を持たず作らず持ちこまさず。 実は三原則の最後の一つは日本が検査しないので元々有耶無耶な代物だった。しかし無いよりまし。 公開されたアメリカ... [続きを読む]

受信: 2009年7月 8日 (水) 08時43分

» 中国政府は、新疆での平和的抗議行動参加者の釈放を ― アムネスティ ― [鳥居正宏のときどきLOGOS]
中国・新疆ウイグル自治区での騒動について、アムネスティ・インターナショナルが意思表示をいたしましたので、お届けいたします。 アム... [続きを読む]

受信: 2009年7月 9日 (木) 16時57分

« にほん、にっぽん | トップページ | IAEAと日本 »