« 都議選と国政 | トップページ | 中国に必要なのは党改革 »

2009年7月14日 (火)

都議選と公明・共産

 都議選結果の感想で、昨日の続きである。民主党の躍進は言い尽くされているので他の党を見る。目立つのが23人の全員当選を果たした公明党の善戦と、13人を8人に減らした共産党の惨敗である。この2党は片や護憲、片や平和指向の党として当塾にとって目の離せない存在なのである。

 ところが両党の得票を見ると意外なことに全く逆転する。以下の数字は複数のところから取っており未確認。( )は前回。
     
 公明 743,472(786,292)-42,820 
 共産 707,602(680,200)+27,402 

 まず、得票数そのものは23人と8人という差がでるほど大きな差はない。共産党はほとんどの選挙区に候補者を出し死票が多く、公明党候補のいない選挙区は自民党に票がまわって、数字に出てこないからとも考えられるが、党の固定票の目安となる前回参院比例区の得票が参考になる。

 公明 718,202
 共産 554,601

 つまり、公明の得票数は70万台で安定?しており、今回のように投票率が高まった時に得票数を減らしているのは、政権交代の前哨戦をうたった民主党に票が流れたと可能性のある共産から見ると公明の退潮傾向がはっきりしたのではないか。

 仮に私が東京都民だったらこういう投票行動をとっただろう。前回都議選は、石原知事与党には意地でも入れたくないので共産党に一票。今回は、総選挙を前にせっかく民主党に勢いがついてきたところへ水を差したくなかったので民主候補に一票。

 参院選比例区の55、6万票が共産党の固定票ならば、共産党大躍進という今回の得票数で、『蟹工船』ブームで党員数が増えているというのは本当なのであろう。勝ったのに深刻な顔が去らない太田さんと、くやしそうだがにこにこしている志位さんの差にそれが現れている。

 食らいついたら放さない、つまり「真善美」の「真」のかわりに「利」を置き、「美利善」とする確実な実利に執着する創価学会的政治手法は、選挙戦術でも生かされており、共産・社民ともに参考にしてほしいものだ。ただ、去年の夏、福田首相を見切り、麻生みこしを担いだ頃からそれらが立て続けに裏目となって現れ、太田さんの浮かない顔になったのだろう。 

|

« 都議選と国政 | トップページ | 中国に必要なのは党改革 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

都議選の結果を受けていよいよ政局が面白くなってきました。
政策に関する議論がやや置き去りにされてるようなのが残念ですが。

投稿: neoyoutube | 2009年7月14日 (火) 22時01分

20日前に「東国原自爆テロ?」という記事を書きました。
 現場は宮崎県庁、被害者や真相は調査中という説明をつけましたが、古賀選対委員長は傷が悪化して死亡、犯人の東国原知事は強制入院で一件落着。
 だけど、やがて出るマニフェストはマンガにもならないでしょう。

投稿: ましま | 2009年7月15日 (水) 07時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/30540751

この記事へのトラックバック一覧です: 都議選と公明・共産:

» 国会が止まる [雑感]
「自民党をぶっ壊す」という小泉氏の言葉に騙され、与党に2/3の議席を与えてしまい、いざとなれば強行採決で物事を決められ、イライラの募る4年間であった。と思い出に浸っている余裕はない。 (もっとも自分は、自民党には投票はしてはいないが) 自民党が、このまま野垂れ死にを選ぶわけは無く、きっと仕掛けてくるだろうと思っていたら早速仕掛けてきた。 【衆院解散】自民・古賀選対委員長、都議選敗北で辞意を表明 2009.7.14 14:00 http://sankei.jp.msn.com/politics/sit... [続きを読む]

受信: 2009年7月14日 (火) 19時07分

» 与党献金は起訴猶予 [雑感]
とうとう明確に馬脚を曝してしまった東京地検ということだろうか。 もともと、 3月24日に小沢氏秘書・大久保氏を起訴をした時の金額は、逮捕容疑の 2100万円から増え、3500万円 となっている。 ところが、東京地検は、西松事件公判の冒頭陳述で次のように述べている。 (冒頭陳述より) 「なにより 違法献金の形が巧妙で悪質 だった。現役の社員を退職させて、新政研の代表者として届け出るとともに、新政研名義の献金規模が増えると、2つ目のダミー団体未来研を設立した。政治資金パーティーの開催を偽装し、関連会社か... [続きを読む]

受信: 2009年7月15日 (水) 13時07分

« 都議選と国政 | トップページ | 中国に必要なのは党改革 »