« 治安と経済 | トップページ | 矮小化される「尼崎脱線」 »

2009年7月 8日 (水)

IAEAと日本

 国際原子力機関(IAEA)の次期事務局長に、在ウィーン国際機関日本政府代表部の天野之弥(ゆきや)大使が当選した。「日本は唯一の原子力爆弾による被災国である。よって、非核三原則の貫徹はもとより、原子力発電による事故や廃棄物処理などを考えると、日本は核問題から身をひくべきなのに原子力国際機関のトップに人を送るとはゆゆしい問題……」と考える人はさすがにいないだろう。

 しかしそれに心情的には近い人が多いのではないだろうか。たしかに、アメリカの核の傘に関連して、核兵器を積んだ軍艦の日本寄港や海峡の通過などに日米密約があることを政府がいまだに隠していたり、原発立地や廃棄物処理など核についての不安要素が山ほどある。

 その主因は、日本人の「核アレギー」に対する当局の「過剰反応」にあると思われる。俗にいうと「反対運動がうるさいので秘密にしておこう」という発想が、双方の不信感をさらに増幅し、ぎくしゃしゃくした関係を生んでしまったということであろう。

 その結果、核・ミサイル兵器に対する正しい知識なしに、北朝鮮の脅威だけが先行したり、逆に核の傘を信頼しすぎたりする。また、現存する原発や増加し続けるプルトニウムの合理的処理についての議論や対策が進まず、方向感覚を失ったままだ。実は、これが一番こわいことである。

 議論といっても誰にでもできることではない。専門的な知識を持つ科学者の協力がどうしても必要だ。それでなくても技術者不足、理科系教育の不振がいわれているおり、原子力関係に進む人材が払底するとなれば、明らかに国益を損ずることになる。

 その意味からも、天野氏がIAEA事務局長として世界で活躍するというのは、最近にない朗報だ。核軍縮も基本線で米・ロ大統領の一致があり、これからの進展が期待される。核拡散防止でもIAEAの存在価値が高まり、脚光を浴びることになるだろう。

 当塾は、以前から核に関する(兵器を含む)研究・議論を高めるよう主張していた。それが、たとえ自民党の前・中川外相の意見であろうと、久間元・防衛庁長官の発言であろうとその限りにおいては反対ではなかった。

 天野氏の就任で、国際機関への関心が高まり、専門分野を目指す若者の数がふえ、同時に国内での核論議がアレルギーの免疫を得ることになるかも知れない。その結果、日本の軍縮主導や安全なエネルギー確保に議論が向かうという、建設的な効果を生むことができればその意義ははかりしれないものがある。

 国際機関に身を置くということは、国家公務員ではなく国際公務員になるということである。世界の信頼を得るためには、特定の国の利益を代表してはならない。政府にしろ国民にしろ、天野氏の足を引っぱるようなことだけは避けなければならないだろう。

|

« 治安と経済 | トップページ | 矮小化される「尼崎脱線」 »

反戦・軍縮」カテゴリの記事

コメント

天野氏はIAEAという国連の機関に対して、忠実にまじめに働くことは間違いないでしょう。それはIAEAが技術格差の解消問題を反映して事務局長選挙が混迷したからです。ですから、天野氏の当面の役割は、技術格差の解消ということになるでしょう。そうなると、各国に原発の建設を促進させるということで、IAEA本来の「核の平和利用」という錦の御旗で、核エネルギーの需要は一気に加速するかも知れません。
これは、環境問題、経済問題を網羅したエネルギー政策としてIAEA加盟国から歓迎されることになるでしょう。核兵器の廃絶が一方で語られ、もう一方で原発が世界中で建設される、結局核の危険性の上に私たちの暮らしが成立している現実は同じであるということです。
日本人は「核アレルギー」でちょうどいいのではないかと思います。

投稿: ていわ | 2009年7月 8日 (水) 22時06分

ていわ さま
こんにちは

コメントありがとうございます。天野さんは詳しく存じ上げているわけではないが、広島の秋葉市長が昵懇で支持されているとか。きっといい仕事をしてくれると期待しています。

アレギーがあればこそ、という面はありますね。その反面、症状が重くて害をもたらすのも困るし、温暖化防止には敏感でも、各種放射能拡散に鈍感なのもこまりものです。

投稿: ましま | 2009年7月 9日 (木) 12時10分

IAEAとIEAEとが同じ団体のように見受けられ、何故? 混乱しています。

投稿: 松本 正 | 2009年11月29日 (日) 16時55分

松本 正 さま
ご指摘ありがとうございました。単純な誤植ミスです。IEAE→IAEAに訂正しました。

原因?、先祖が越後人で「イ」と「エ」を間違いやすい・・・そんなこともないと思いますが。

(^-^;


投稿: ましま | 2009年11月29日 (日) 17時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/30458457

この記事へのトラックバック一覧です: IAEAと日本:

» サミットと自民党 [雑感]
  去年の今頃、 洞爺湖サミット があった 。 今年もイタリア中部ラクイラで開催されている。 去年の議長総括 に目を通してみた。 外務省のHP にも目を通してみた。 世界経済 環境・気候変動 開発・アフリカ 政治問題 現実には、 この一年で何かが変わったのだろうか? 福田氏が、洞爺湖サミットのホストをしてからの一年で次の首相である麻生氏の立場さえ風前の灯火という状態である。 ふと、麻生さんはサミットに参加をするためだけに首相の座に居座っていたのではないだろうかとさえ思えてくる。 穿った見方をすると麻... [続きを読む]

受信: 2009年7月 8日 (水) 18時47分

» 『サンデー毎日』の不破・中曽根対談ー日米核密約の真相ー [未来を信じ、未来に生きる。]
不破・中曽根対談で浮かび上がった 日米核密約の真相 -------------------------------------------------------------------------------- 中曽根元首相、日本への核持ち込みを認める  『サンデー毎日』の不破・中曽根対談で中曽根康弘氏が、核兵器を搭載した米軍艦船が「安保条約の下、(日本への)領海通過や一時寄港もあり得ると考えるのが常識」「米国の艦船が日本に入る時だけ核を外すなど考えられない」と述べ、日本への核持ち込みの可能... [続きを読む]

受信: 2009年7月 9日 (木) 02時44分

» (続)非核三原則と核持ち込み密約 [逝きし世の面影]
核兵器持込に関する日米政府間の密約に対する見解は、『政治の知恵』で有るとして擁護する産経新聞以外は若干のニュアンスに強弱は有れど、其れ以外の朝日、毎日、日経、読売と各新聞社の主張は一致している。 それにしても産経の『贔屓の引き倒し』的なうつろな詭弁は呆れ驚くばかりだが、この事からも産経新聞が『社会の木鐸』とは正反対の自民党政府の宣伝広報紙で民主主義のイロハも知らない低級プロパガンダ紙である事が良く分かる。 みんなが知っている事柄を日本政府一人が『知りません』では、今でも低い日本政府の信頼度や権威が... [続きを読む]

受信: 2009年7月10日 (金) 10時22分

« 治安と経済 | トップページ | 矮小化される「尼崎脱線」 »