« 遂に小沢辞任 | トップページ | 異説・天智天皇12 »

2009年5月13日 (水)

ただのこわし屋?

 小沢一郎について回った伝統的なあだ名は「こわし屋」だった。民主党代表になってからは「ボクは変わる宣言」で卒業したのかと思ったら、12日の民主党両院議員総会で16日に現議員だけの投票で後継代表を選ぶという破天荒な日程を決めた。これは、民主党をこわすことにならないか。

 民主主義を守るため、と口癖のようにいっていた小沢氏(後継決定までは代表である)が、まさに民主主義にやいばを向けた構図である。立候補したい人が20人の推薦人を集める余裕もないし、総理になる前提の候補の政策をまとめたり討論したり、またそれを国民が知ることもできない。

 執行部として責任を共にするといっていた鳩山幹事長が、一転立候補の意向を示すなど、どう見ても密室決定のにおいがする。政治に密室協議があるのは当然で、それがいけないのではない。定められたとおりの手続きで、国民がよく見える方法で代表を選ぶべきだし当然そうするのだと思っていた。

 代表の辞任が早ければ、それだけ余裕をもって後継選びができたはずだが、まだ解散したわけではなく、これからでも時間は充分にある。自民党でさえ国会選挙の洗礼は受けていないものの、公開された形で国民の前で総裁公選をするようになった。

 任期途中の緊急事態だから略式でやるというのは理由にならない。党則にある議員総会での選任というのは、本人死亡などの場合に適用すべきで、総理大臣になる可能性をもつ人を選ぶのに、今度の日曜日に地方へ行って国民の声を聞きたいという一部議員の要望さえ押さえ込んだようだ。

 こんな民主党に支持が集まるだろうか。「支持が集まらなくてもいい、ギリギリでどっちが勝っても負けてもいい、そして自・民両党の中に分裂の気運が生まれ、その中で政界再編か大連立を画策し、キングメーカーの醍醐味を味わえれば本望」、まさかそんなことを小沢氏が考えているとは思わないが、それならばこわし屋復活どころか、これはもう国賊である。

 リベラルな人材に囲まれてた菅直人氏や、安全保障問題で小沢氏と協定を結んでいる横路氏の周辺から声が聞こえてこないのも不審である。「小沢氏を中心に一致団結」するための自重はもういらないのではないか。音無の構えでは国民の支持は集められない。

 もし、鳩山対抗候補が岡田氏だけなら、改憲に熱心な鳩山氏より自民党のこわがる岡田氏の方を次善の策として応援したい。

|

« 遂に小沢辞任 | トップページ | 異説・天智天皇12 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

民主党のドタバタ劇、そんなに怒らないでもいいと思います。

そもそも任期途中で辞任することは恥ずかしいことではないですか。それを棚に上げて、国民に開かれた党首選挙というのでは、恥の上塗りではないでしょうか。いまの政治には自制が必要です。

辞任するに当たって、小沢氏にも色々な考えがあったでしょう。党内の力関係もあったでしょう。でも政治という世界は冷徹で、当面は小沢氏の復活はありえません。そのことは小沢氏が一番よく知っていると思います。もっと強烈なリーダーがいれば、執行部の特別席でも与えられたかも知れませんが、悲しいことに小沢氏を越えられるリーダーの存在はありません。組織の宿命です。

民主党内が小沢氏に比較的近いとみられる鳩山氏へと流れてしまうのは、大きな変化を望まないという意志の表れということです。ここで本格的な代表選挙をすれば百家争鳴をさらけ出すかもしれません。

あと3ヶ月もすれば総選挙になります。仮に民主党が多数を獲得した場合、閣僚ポストというのが見えてきます。村山内閣が誕生した背景には社会党の大臣病がありました。あの時の醜い政治家の姿を目の当たりにしているものとしては、この代表選出が大臣ポスト狙いの政治集団にならないように、すんなりと決めてほしいと願っています。

投稿: ていわ | 2009年5月13日 (水) 23時22分

ていわ さま
 当塾は、憲法第2章の性格を変え9条2項を軍隊保持の項にするという自民の改憲案に反対です。極端な例ですが、もし、自分の選挙区の民主党候補が自民に近い改憲派で、自民党候補が9条改正反対であれば自民党候補に投票します。

 民主党はこの点ばらばらです。小沢代表は9条を変えないという約束をしていましたので、そのまま民主が大勝できれば、自・民両党の改憲指向勢力を沈黙させ、世界の軍縮にも貢献できると思っていました。

 しかし、民主の大勝は小沢さんの不手際でなくなったと見ています。このままでは、総選挙後政界再編などで小泉・安倍路線が息をふきかえす可能性もでて来かねません。

 民主党に今必要なことは古い自民党体質ではなく、百家争鳴の開かれた党です。泥仕合でない限り国民が民主党に望むのはそれではないでしょうか。しかしその機会もざんねんながら失われそうです。

投稿: ましま | 2009年5月14日 (木) 07時48分

民主党というのは本当にだらしない。イギリス労働党やアメリカ民主党のような好敵手になりえない。

西洋人のリベラリストは人権や自由、平等を掲げてますが、理念だけでなく、マジでやってます。オバマもイラクからは撤退しても、アフガンではガチでやるみたいなこと言ってましたし。
日本の民主党の場合、口先だけで、実は権力さえ奪取すればいいという建前的な感じを受けます。

中国が軍拡している状況で、日本が軍縮するというのはありえない選択肢です。世界がといいますが、抽象的です。どこの国が言わねばなりません。外交・軍事は常にケーススタディーでなければなりません。日本の文科左翼は常に観念論ですから、話になりません。
ヨーロッパにはもうソ連はありませんが、極東は別です。我々とは置かれている状況が違います。
中越戦争を経験しているベトナムや領土問題を抱えているフィリピンは陰で日米の安全保障の取り付けを取りつけたいようですし、周辺の小国は中国の膨張主義に明らかに脅えいています。
インドが核武装したのはなぜか考えれば、アジアでの軍縮など現状では戦争招来でしかないでしょう。管理人様は軍事知識は結構勉強されているようですが、シミュレート的な思考を重ねたことはあまりないようです。軍事は純粋に技術的なことですから、勝てそうなら、やるというのが合理的です。米大統領は議会の承認がなければ、海兵隊以外の陸海空軍の統帥権を行使できませんが、中国は議会存在しませんから、勝てそうだとなれば、軍官僚が上げてきた戦争計画がそのまま発動なると思います。つまり、帝国海軍のように秘密裏に開戦することが可能です。アメリカではできません。つまり、戦争とは勝利か敗北しかなく、そこに友好とか経済とかは関係ありません。
日本が軍縮するには、同時に中国もやるというのが大前提です。さもないと、反戦塾どころ賛戦塾になってしまいます。
管理人様は、外形的には日本の国防力を肯定しながら、実質的には骨抜きにしてしまおうと主張しているように見えます。対米ならいいが、対中朝はだめだということなのかもしれませんが。

投稿: ツーラ | 2009年5月24日 (日) 03時18分

いつも長いコメントありがとうございます。

おかげでツーラさんのお考え、よくわかりました。

ひとつだけお答えさせてください。ご指摘のように核武装寸止め論やMD計画など必要があれば自衛力の増強さえ否定していません。

それがなければ、軍縮交渉もうまくいかないと思うからです。また、中国が脅威を感じているのはアメリカで、日本に脅威を感じなければ、大きな犠牲を背負ってまで日本を攻撃してくることなどあり得ません。

投稿: ましま | 2009年5月24日 (日) 07時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/29594287

この記事へのトラックバック一覧です: ただのこわし屋?:

» 2005年郵政選挙の戦犯、あの間抜けCMの岡田が民主の顔になる訳ないだろが、一応表明、雑談日記はKY岡田には断固反対! [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 2005年郵政選挙時の民主党CMのあまりのひどさは語り継ぐべきものと考えます。下でご紹介する岡田CMのYou Tubeの映像をぜひ見て思い出してください。  この岡田のCMが流され始めた投票日の約2週間前、僕は民主党の惨敗をほぼ予想しました。この時の戦犯、民主党党首岡田克也(HP)と、民主党選対責任者玄葉光一郎(HP)を僕は決して許さない。岡田はその後の小泉・竹中新自由主義路線、セイフティネット破壊、弱肉強食社会への道を開きました。それがどれだけひどいことか毎年3万人以上の働き盛りが自殺しているの... [続きを読む]

受信: 2009年5月13日 (水) 16時12分

» 民主党代表選に望む [老人党リアルグループ「護憲+」ブログ]
民主党の代表が代わる。 新しい代表がどなたに決まってもよいとは言わないが、それは所属の議員さんの手に委ねられていること。蚊帳の外からは、今回の代表選は一生に一度のものと言う緊迫感を持って一票を投じて欲しい、ソロバン勘定などと言う低次元の判断要素だけは絶対に持ち込まないで欲しいと、心から願う。 でも、国会議員というか政治家と言うか、この人種(!)は分からんですねえ。平気で「君子は豹変するものだ」などと言って憚らぬ。嫌な(?)世の中になったもので、何かの発言があると即座に「かつての発言映像」があわせ... [続きを読む]

受信: 2009年5月15日 (金) 07時45分

» マスコミの勝利宣言;小沢辞任 [飯大蔵の言いたい事]
 各新聞の社説が一斉に出た。どれも同じような論調で、勝利宣言?かい。 [続きを読む]

受信: 2009年5月15日 (金) 22時15分

« 遂に小沢辞任 | トップページ | 異説・天智天皇12 »