« 異説・天智天皇9 | トップページ | 「護憲」から「攻憲」へ »

2009年5月 3日 (日)

おしつけ憲法論

 改憲派の中でも下火になったが、いまだに現憲法は押っつけられたものという主張をしている人がすくなくない。この論理は全く成り立たないことに気づいていない。まず言っておこう。そう、間違いなくGHQ案を押しつたものである。それは、帝国憲法の骨子を残しておきたい幣原保守内閣に対してである。

 国民もみんなそれは知っていた。しかし民主化運動は盛んに起きたが新憲法に対する抵抗運動など起きなかった。なぜならば、国民は一部戦争指導層を除いて「戦争に負けてよかった。もし勝っていたら軍部がどんなに威張り散らすかわからない」と思っていたからだ。

 GHQが言論弾圧をした?。事実、個人の信書までチェックした。これは航空便の縁に似たようなテープを貼り開封したことがわかるよにうしてあった。もちろん新聞など刊行物の検閲もある。しかし、巷の人の口までおさえられないし、言論の自由を奨励しているのに公然と取り締まることなどあり得ない。戦時中の憲兵のようにMP(ミリタリーポリス)から逮捕されたなど聞いたことがなかった。

 戦後生まれの学者の中には、政府側史料や公式記録、刊行物などだけで「おしつけ憲法論」を展開するものが多い。そして、国民も、国会議員も歯をくいしばり、声もたてず涙ながらにこの案を飲んだのだものと考える。さらに、天皇も国民も宮城前広場で挙行された新憲法発布の喜びの表明は、演出だと思っている。

 日本人はそんなに卑屈で我慢強い人種ではない。当時の国民の気分は、占領下であっても戦中よりずっと自由にものが言え、民主的に議論もでき、基本的人権も尊重されるようになった。それに、再び横暴な軍部が復活することなく、徴兵されることもなくなったのだ。これを喜ばない方が不思議だ。

 それでも、日本人の手で作り直すべきだと思えば、講和条約後独立国としていつでも改定できたはずだ。それをいままでしなかったのは、国民がそれを変える必要がない、と思っていたからではないか。それより、旧安保(吉田安保)は、占領軍撤退の空白を埋めるためと称し、講和条約締結と同日付けで発効(占領下で起案)したもので、その時に押しつけられた地位協定がいまだに生きている。

 おしつけ憲法論者は、どうしてより簡単にできるその方に手をつけないのだろうか。石原都知事ではないが東京都上空の航空管制権や沖縄海兵隊移転費用の負担、普天間基地の問題、思いやり予算等々おしつけは山ほどある。

 おしつけ改憲論者の真意はやはり別の所にあるのだ。それは、自民党改憲案そのもので、軍の復活と、大日本帝国へのノスタルジアを感じてのことだろう。これは戦中・戦後を知らない層と知っていても戦争責任を認めたくない層からなる。

 当塾は改憲反対ではない。ただし改定するなら、解釈改憲の余地をなくするよう9条補強を第一とする。また、専守防衛の自衛隊なら世界の軍縮が進むまで縮小の必要なし、と考えており、一番確実な安全保障は9条の存在だと確信している。それらの各論は本ブログのテーマであるので他稿にゆずることにする。

 憲法記念日だということで、このテーマにしたが、購読紙の毎日新聞は予想以上に憲法にスペースを割いていた。他紙はまだ確認していない。ちなみに、最終頁のラテ欄で見ると、憲法特番がNHKで3本合計4時間15分、民放はゼロだった。

 

|

« 異説・天智天皇9 | トップページ | 「護憲」から「攻憲」へ »

憲法」カテゴリの記事

コメント

未だ全部の記事を読んでいません。

記事は、私とは、違い、精緻で、また、力があります。
「老年」どころか、まだまだ、活力があります。
改題して当然です。

記事(テーマ)にたいする見解は少し相違していますが、とりあえず・・・
(終わり)

投稿: 今唐加太朗 | 2009年5月 3日 (日) 15時07分

今唐加太朗 さま

 多分、ほめていただいたのだろうと、解釈します。
ありがとう(^^)。

全部読むのはたいへんですから、インデックスかカテゴリで適当に見てください。

また、貴見を見る場所があったら教えてください。

では。

投稿: ましま | 2009年5月 3日 (日) 17時36分

戦中に言論の自由がないのは、どこの国でも同じです。敵の打倒し、戦争の終結に全力を注がねばなりません。
これを自分の政治主張に使うの卑怯なのではないですか?
当時の一般的な日本人が徴兵を完全に嫌がっていたとは私には思えません。日本人である以上、行きたくないが義務であるという感覚ではないでしょう。左翼人士の作り話ではないでしょうか。

日本の憲兵がのさばっていた当時の言論弾圧のれレベルは、現在の韓国よりひどく、現在の中国よりは甘いという水準です。

投稿: ツーラ | 2009年5月 7日 (木) 21時07分

当時の空気を知らない人の暴言です。建前やプロパガンダと本音は違います。「戦争にとられる」ということばを知らないようです。

投稿: ましま | 2009年5月 7日 (木) 21時36分

戦争に取られるということはどういうことなんでしょうか。
兵士になりたくなければ、祖国を捨て、ブラジルでも、どこかの国に移民すればよかったのでないでしょうか。その勇気もなく、日本人であることの利益を受けながら、自分の命が惜しいがために徴兵を拒否することは哲学的に不可能です。決してあなたのような態度は決して善ではないと思います。ソンムの戦いの突撃で機関銃の前に死んでいったイギリス兵なら、あなたに何といったでしょうか。

第一次大戦勃発時、第二次大戦当時の日本の人口の半分しかない独仏は最初の15日間だけで、80万人を動員したそうです。つまり、独仏国民の総動員体験は出征兵士を見送る時間すらなく、日本より遥かに強烈です。
成年男子総数に対する訓練済み兵士の割合を訓練率というようですが、独仏は6割以上で、日本は2割りくらいだったそうです。志願制のイギリスの訓練率も2割です。戦争に取られるとは、確かにその通りだったかもしれませんが、その他の主要国国民から比べれば、遥かに恵まれています。

徴兵と個人の自由はセットになっています。これは、近代国民国家では、身分制度を否定するところか出発しているため、その裏返しとし、国民皆兵制度となっていたのです。日本が例外ではなく、主要国全て同じです。恨むのであれば、大日本帝国をうらむのではなく、国民皆兵と総力戦を可能としたナポレオン・ボナパルトを責めるべきでしょうな。

私の祖父は二度充員召集を二度され(あなたのいう戦争にとられた)、実戦も経験しています。運が悪ければ戦死していました。青春は全て戦争でしかありませんが、あなたのようなことは言っていませんでした。年老いた後も緩急あれば、国家のために何かしようとする気持ちは持っていた様子でした。

戦争体験は美化の対象ではありませんが、自らの政治目的に利用するのは卑劣以外何ものでもないと思います。

国家のために、決死の覚悟で戦い抜いた勇敢な元兵士が平和を唱えるのであれば、それは耳を傾ける価値があるでしょう。そうでなければ、唾棄の対象でしかないと思います。

投稿: ツーラ | 2009年5月 9日 (土) 03時07分

前回同様、暴論、暴言のお相手はしません。しかし、ご来訪に応えて感想だけ言わせてください。

 戦中、私は小から中学生でした。国粋主義・皇国史観で純粋培養された軍国少年です。中1の時、軍人勅諭を暗誦できたので「教練」は「秀」の最高点でした。しかし、そんなことは家族や子供に話したことがありません。貴兄のお爺さまと一緒です。結構話が合ったかも知れませんね。 

 歴史を勉強されていることに敬意を表します。ただ、貴見を拝見しているうちに、歴史現象をなんでもかんでも「階級闘争」として見てしまう一時はやった史観と似ていると思ってしまいました。釈迦に説法でしょうが歴史を見る上で大切なこと2つ――。

 1、どうしてそうなったか、またその後どう変わったか。1史実の前後つながりをよく見る。
 2、ひとつの立場から見ればその逆の立場からも見てより真相に近いものを探る。

投稿: ましま | 2009年5月 9日 (土) 17時19分

はじめまして。
拙記事を何度かトラックバックをしてみたのですが、単に受付ないのか、許可していただけないのかわからないのでコメント入れてみました。

貴記事とは、全くの対立意見ですが、岸田秀の主張を紹介させていただきます。以下リンクです。

・平和主義の欺瞞【その4】~押しつけられた平和主義は平和の敵~
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/blog-entry-226.html

よろしくお願いします。

投稿: 一知半解 | 2009年6月25日 (木) 20時53分

一知半解 さま
 トラックバック失敗、本当に困りますよね。コメントもそうですがスパムが多く、毎日のように防止対策をしておりそのせいかも知れません。
 私の場合、2度送ってダメならやめます。それでも時間がかかれば成功しているケースもあります。
 よろしければ、こりずにトライしてください。

 拝見に行きました。私も「押しつけである」と宣言しているのでその点反論はありません。ただ、押しつけかそうでないかより、中味ではないですか。

 中味がいいから日本人は受け入れたのです。もちろん戦争放棄反対論はあったけど議会で討論し民主主義的手続きで決めたことです。日本人のほとんどがマゾヒズムだったなんて考えられますか。今より開放的で活動的でしたよ。

 岸田某は、幣原が戦争放棄条項を提案したのがウソだといってますが、ウソの証拠が知りたいものです。幣原は昭和のはじめ、戦争放棄をうたった不戦条約(日本も調印)ができた前後に外務大臣をつとめ、軍部独走に歯止めをかけようとした人です。

 マッカーサー司令部とやり合ったのは、明治憲法をできるだけ残したいコチコチの右派・松本国務相です。交渉が暗礁に乗り上げた頃幣原総理がマ元帥に提案したことは充分考えられます。

 平和主義に押しつけ派と、そうでない派を区別することになんの意味があるのでしょうか。歴史検証はしっかりやるべきですが、長い歴史の中で現憲法の位置づけ、本当に平和や安全をねがうならどうあるべきかを考えなくてはなりません。

 押しつけられたから憲法を変えるという議論は、もう時代遅れです。

投稿: ましま | 2009年6月26日 (金) 08時12分

ましまさん、レスありがとうございます。

もちろん、ご指摘のとおり「中身がいいから日本人は受け入れた」のでしょう。
当時の人々が戦争に懲り懲りだったこともありますし。

>ウソの証拠が知りたいものです。

それは岸田秀が指摘しているように、マッカーサーの実際の行動と対比させればおのずとわかるでしょう。

そんな嘘をつくのは、自分が押し付けた憲法を「日本人が自主的に作った」と思わせるよう仕向けたいからですよね。

護憲派の人びとは、そうしたマッカーサーの術中に進んではまっているようです。これも「自己欺瞞」がなせる業なのでしょう。

>平和主義に押しつけ派と、そうでない派を区別することになんの意味があるのでしょうか。

大いにあります。

岸田秀も指摘していますが、押し付けられた平和は「観念化」して、現実の問題にまったく対応できません。

ただ単に「平和、平和」と叫ぶだけです。何にも考えていないのと同一です。

現実を直視できない平和論が役に立ちますか?役に立つどころか、平和の構築の妨げになるだけです。

単に「押し付けられたから悪い」と言っているのではありません。

問題なのは、押し付けの結果、観念化し現実から遊離した平和主義に変容してしまうことです。

何にも考えていない平和主義は、現実の危機に耐えられるでしょうか?

底の浅い付け焼刃の平和主義では、何かあれば、クルッと転向してしまうでしょう。
戦後、軍国主義者が一夜にして平和主義者に変貌したように。

投稿: 一知半解 | 2009年6月27日 (土) 09時23分

幣原発言がウソの証拠、見事な観念論になっていますね(笑)。

観念論はこのブログでも大反対です。日本は観念論で戦争に負けていますからね。

それは、非武装中立論反対や社民党に対する要望、核武装寸止め論その他の多くの記事、憲法に対する新解釈、古今東西に起きた戦争の原因と結果についての考察、何年も続けているので膨大なものになりました。

全部見ていただくのは到底無理だと思いますが、「観念論」と決めつける「観念論」は乗り越えて具体論に対するご意見がいただければ幸いです。

投稿: ましま | 2009年6月27日 (土) 10時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/29409959

この記事へのトラックバック一覧です: おしつけ憲法論:

» <押しつけ>られた憲法は悪いと決まっているのか [飯大蔵の言いたい事]
憲法記念日を前に近聞遠見:改めて「マッカーサー憲法」=岩見隆夫なるコラムが載った。冒頭で評論家松本健一の認識を紹介する。幕末維新・第1の開国のあとの明治憲法はテリトリー(領土)ゲームの時代、終戦・第2の開国による現憲法はウエルス(富)ゲームの時代の憲法だった、とした。... [続きを読む]

受信: 2009年5月 3日 (日) 13時58分

» 押し付け憲法は守らなくてよいのか [飯大蔵の言いたい事]
 今の憲法が押し付けなのかは、押しつけの定義が人によって違い、当然ながらばらつきがある。  押し付けと強調するもの、その代表安倍晋三がたかじんの番組で言っていた。(もう彼に敬称をつける気にもならない。あのような無様なふるまいをした人間が国会議員を続けること、それは恥だ。最近やけに発言量を増してきたが、すでに喪が明けたと思っているのだろう。もし恥を知る人間ならテレビに出るなどとんでもない、人前に出ることさえ遠慮をするべきではないのかとまで思う)... [続きを読む]

受信: 2009年5月 3日 (日) 23時45分

» 5.3憲法集会&パレード(@日々谷)参加報告 [老人党リアルグループ「護憲+」ブログ]
日比谷で行われた5.3憲法集会・パレードに参加しました。公会堂に入ろうと開演一時間前に着いたのに、もう入場整理券は配り終えていて、結局今年も外で聞くことになりました。ゴールデンウィークの狭間にもかかわらず参加者は4500人と去年を上回る人数で、現憲法を大切に思う人々の熱意は今なお健在であると心強さを感じました。 集会での落合惠子さん、益川敏英さんのスピーチは、全く違った個性ながら夫々にとても魅力的で説得力がありました。 落合さんは、「自己責任」という言葉がどれ程この国の社会をひどいものにしたかを... [続きを読む]

受信: 2009年5月 4日 (月) 07時54分

» 官僚制度は日本の最大の問題点か? [逝きし世の面影]
『官僚制度の問題点』 今の日本のキャリア官僚に問題が有るのは事実ですが、ただこの事に対する全てのマスコミの主張が余りにも横並びすぎる。 官僚の不祥事が、これでもかこれでもかと全てのマスコミから色々と指摘されて、今では日本の官僚に問題が有るのは誰でもが知っている。 みんなが知っている同じ事実が繰り返し繰り返し報道される。 この事実から、考えられる事は『本当に官僚が最大の問題である』場合ですね。 それが事実であるなら、日本のマスコミは至って健全で、最大の問題点を探し出して報道する事を使命とす... [続きを読む]

受信: 2009年5月 4日 (月) 10時16分

« 異説・天智天皇9 | トップページ | 「護憲」から「攻憲」へ »