« アメリカの兵士1 | トップページ | アメリカの兵士2 »

2009年5月26日 (火)

北朝鮮につける薬

 地下核実験と短距離ミサイル発射でまた騒ぎになっています。

 道路でわがままを言って泣き叫ぶ幼児。困り果てた両親はどうしますか。
1.大声で叱りつけるか人目をはばからず体罰を加える。
2.いけないことだと言葉でさとす。
3.甘言で釣る。
4.かまわずどんどん先へ行く。
 
 体験されている方はわかりますよね。

 「北朝鮮が日本に核を積んだミサイルで攻撃してきたら?」「アメリカの核の傘は?」、北朝鮮脅威論にはこう答えてきました。「金正日体制が崩壊して内乱状態になり軍の統制がとれない、金正日が精神異常をきたす、なにかの手違いで誤作動する」そのいずれかでなければあり得ないでしょうと。

 ところが、今度は以前と違う点がちょっと気になります。
1.金正日の健康悪化に合わせるようにテポドン以来矢継ぎ早で、もうあとカードがなくなりそう。
2.激ヤセで生気がない状態なのに後継者決定が遅れている。(円満にバトンタッチができない)内部事情がありそう。
3.イラン、ベネズエラ、シリア、キューバなど盟友反米国家がアメリカ・オバマ路線に期待するようになり、兵器輸出先が俄然減りそう。
4.国連安保理決議を敵にするだけでなく、北の立場を理解してくれていたはずの中国、ロシア、韓国から今度こそソッポを向かれそう。

 そんなことはわかっているのに、要は相当あせっているのかも、ということです。北になんの糸口も持たない日本にとって、一番大事なのは北の情報でしょう。これは上の4.の国にお願いしてもらうしかありません。「圧力!」だけでは情報がとれません。こんどの「わがままっ子」は、ひとすじ縄ではいかないようです。

|

« アメリカの兵士1 | トップページ | アメリカの兵士2 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

前回の人工衛星の失敗?には国内でも色々意見が分かれたが今回は統一され全会一致の非難決議が国会でも通る。
我々外野から見たら『何たる愚行』と見えるが、実際に行っている当時者(北朝鮮)にしたら多分『大成功』なのですよ。
今回、北朝鮮はアメリカには核実験の事前通告をしているそうです。
ようは、北朝鮮政府は今でもアメリカとの戦争(朝鮮戦争)を懲りずに半世紀も続けている心算なのでしょう。
それなら数々の不可解な行動の謎もある程度は理解できますが、それにしても傍迷惑このうえない。

しかし朝鮮戦争なら日本にも関係有る話ですよ。
日本の存在なくしてはアメリカの対北朝鮮戦争は遂行出来無かったであろうし、あの戦争のお陰で日本が戦争景気で復興したのも事実です。
好むと好まざるにかかわらず日本は朝鮮戦争に深くかかわってきた。
戦後(休戦後)其の事(朝鮮戦争との関係)は無かった事にして北朝鮮問題を先送りしてきたが、もうそろそろ決着(戦争の完全終結)すべきではないでしょうか。?
全ての諸々の諸問題は朝鮮戦争抜きにしては語れない。
そして其れは、最終的には米朝二国間協議でしか解決しないが、歴代のアメリカ政府は出来る限り二国間での対話を避けてきた。
オバマ政権は『敵との対話』を掲げているので、今でも北朝鮮は期待しているのかも知れませんね。

投稿: 逝きし世の面影 | 2009年5月28日 (木) 09時32分

逝きし世の面影 さま
ちょうどいただいたコメントの後半部分のようなことを書いていたところです。

明日「戦争するバカしないバカ」という題でエントリーしようかと思っています。

投稿: ましま | 2009年5月28日 (木) 10時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/29799182

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮につける薬:

» カルト集団『幸福の科学』が政治に進出 [関係性]
 きっと出てくるだろうと予測していた。  カルト集団の創価学会が大手を振って政治に関与し、公明党が与党にへばり付き、自公政権を演出してきた。創価学会膨張の上げ止まりに対して、学会員を票集めへと駆り立てることにより結束力を高めて集票マシン・集金マシンとしてきた。そして、世論までも味方にする広告宣伝費を賄う仕組みまで出来上がった。  このお金に負けたほとんどの大手新聞・テレビは「学会批判」ができない状況に陥っている。  「宗教法人・幸福の科学が『幸福実現党』設立、衆院選へ」(asahi.com5月25... [続きを読む]

受信: 2009年5月26日 (火) 13時39分

« アメリカの兵士1 | トップページ | アメリカの兵士2 »