« 「議員=職業」の誤謬 | トップページ | 昭和の日雑感 »

2009年4月28日 (火)

ゆく春や

2009_04280022  ★スペイン風邪 王様罹患で その名つく
メキシコ風邪?、ブタ風邪?つけられる方も大迷惑。

2009_0428  ★ミツバチが いたぞとカメラが 大騒ぎ
ミツバチ不足で果物農家への影響が深刻。
こちらは女王蜂に感染症?とか。

 

2009_0428_2 ★カルガモは 少子高齢 憂いなく
留鳥のカルガモは鳥インフルの心配当面不要。

|

« 「議員=職業」の誤謬 | トップページ | 昭和の日雑感 »

散策」カテゴリの記事

コメント

この春ほど、ミツバチを見かけてうれしい年はありませんね(笑)

豚インフルエンザは、亡くなった方がメキシコ人だけ、というのも不思議な春です。

投稿: 金木犀 | 2009年4月29日 (水) 17時23分

金木犀 さま
いらっしゃい。
そうなんですよ。
この蜂、競争相手がいなくて密を独り占めできるせいか、思ったより太っていました(アッ運ぶだけか?)。

投稿: ましま | 2009年4月29日 (水) 17時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/29336079

この記事へのトラックバック一覧です: ゆく春や:

» ミツバチ大量死日本でも [虹色オリハルコン]
2007年、欧米で養蜂家のミツバチが大量にいなくなり死体も見つからないという、謎の失踪事件が相次ぎました。 このブログでも何度かこの件に関しては取り上げておりました。 アメリカのミツバチの失踪原因として昨年6月には、NHK「クローズアップ現代」でも、いくつかの要因を取り上げていました。 いわく、除草剤や残留農薬の影響・単一植物の蜜や花粉摂取による免疫力の低下・過重労働のストレスなど。 複数の要因がハチにストレスをかけてしまった結果であり、その背後には、外国への輸出が増え、農場規模がどんどん大きくな... [続きを読む]

受信: 2009年4月29日 (水) 09時14分

« 「議員=職業」の誤謬 | トップページ | 昭和の日雑感 »