« 双六の上手 | トップページ | 杞憂 »

2009年4月 1日 (水)

小沢辞任は今月中

 今日はエープリル・フール・デー、当たらなくとも責任は負いません(^^)。

 西松建設関係で小沢民主党代表の秘書逮捕が報じられてひと月近くになる。当ブログでは、当時解散に向けた野党の攻勢が弱体化することと、民主党支持者の信頼を裏切ることになることを理由に、小沢代表の即刻辞任を主張した。

 それ以来、事態は何ら進展を見せず硬直状態に陥っている。検察の強引さ不公平さもすでに公然化しているが、民主党の支持率低下という事実はくつがえしようがない。それは将来最高裁判決で無罪になっても同じである。

 検察と闘いたい気持ちはわかるが、政権を取ってから人事で報復するなどという無茶なことは、未開国でなければできない。「泣く子と地頭には勝てない」、そこらのことは、小沢代表が一番よく知っているはずである。またこのまま長引けば、民主党が追いつめられることについても同様である。

 私は前から、小沢代表がそう遠くない時期に辞任するという気がしていた。それはかねてから、「総理大臣をつとめる柄ではない」というそぶりをうががわせていたからでもある。小沢代表は、民主党にとって(選挙を有利にするための)辞任の時期を慎重にはかっているに違いない。

 それは、麻生総理と「暗黒の孤独」の中で続く凄絶な葛藤である。来月の与党の補正予算提出前後が山場になるが、「小沢辞任が当然」と思われてからでは遅い。仮に「時期はよし」ということで首相が解散に踏み切ってからの辞任であれば、民主党は総選挙の行われる40日以内に新代表を選出しなければならない。

 こんなことは、事実上不可能に近く、結局小沢、麻生の戦いにならざるをえない。麻生おろしが不発となりそうなので、これが自民党にとって最善の戦い方になる。ちなみに、解散されれば衆議院議員は失職する。そのため自民も民主もこの間に選挙で新党首を選ぶには、現行の党首選挙規定を変える必要がある。

 そうすると、小沢に変わるべき候補にあらかじめ狙いをつけ、もっとも党内に混乱を起こさず、選挙に有利な体勢を築くとすれば今月中しかないことになる。その後麻生首相が解散権を行使せず、60日条項で補正予算を通過させても、景気が劇的に改善されるというようなことのない限り、自民有利の場面は見られないだろう。

 なお、民主党で今全く名前がでてこない人がいる。党籍を離脱している江田参議院議長と横路衆議院副議長である。ともに1941年生まれで議長を花道にするにはまだ若すぎる。ことに横路氏は、小沢代表と安全保証3原則を確認しあい小沢氏を支えてきた間柄である。また、ご本人もやる気満々であることを講演を聴いて知った。解散で党に復帰すれば、一方の旗頭になれる人である。以下、小沢氏との合意3原則をあげておく。

 日本国憲法の理念である平和主義・国際協調主義に基づき、我が国の平和と安全、独立を確保するため、安全保障は以下の原則により行う。

(1) 自衛隊は憲法9条の理念に基づき専守防衛に徹する
 日本が武力による急迫不正の侵害を受けた場合およびそのまま放置すれば侵害を受ける蓋然性が極めて高い場合に限り、国民の生命および財産を守るため、武力による阻止または反撃を行うものとし、それ以外の場合には、個別的であれ集団的であれ、自衛権の名の下に武力による威嚇または武力の行使は一切行わない。

(2) 地域安全保障体制の確立
 日本およびアジア太平洋地域の平和と安定のため、日米安全保障体制は引き続き堅持する。さらに日本を巡る北東および東南アジアの平和的国際環境を醸成し発展させるため、当該地域諸国(米国を含む)からなる協議・協調の機構設立を目指す。

(3) 国際平和協力は国連を中心に行う
 国連を中心に世界の平和・安全を確保するために日本として積極的に貢献する。そのために自衛隊とは別組織の国連待機部隊を新たに創出する。国連の決議等によって要請された行動にその部隊を直ちに派遣し、国権の発動とならないよう、指揮権を放棄し国連に委ねる。

|

« 双六の上手 | トップページ | 杞憂 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

今日の毎日新聞に菅氏が自身の年金未納問題で引責辞任した経過を踏まえ、小沢氏に辞任を促したと報道されています。
当時厚生省は自分の事務的なミスで菅氏の銀行振込みの年金を勝手に止めていた事実を1ヶ月以上、菅氏が引責辞任して話が世間で語られなくなるまで公表しなかった。
しかも小泉首相などの年金未納状態は個人情報保護を理由に最期まで明らかにしない。
菅氏の未納をマスコミにリークしたのは誰か。?
間違いなく厚生省内部の誰かですよ。
野党党首の年金未納のリークは、今回の事件に酷似していると思いますよ。
菅氏は、この様な場合には(幾等自分に言い分があったとしても)一端辞任するしか方法は残されていないと語っていますし、私もそうだろうと思います。
世間(マスコミ)が食いついて(真実がどうであろうと)辞任するめで報道し続ける。
これでは選挙で勝てない。
小沢さんは、何故あれ程代表職(首相)に拘るのか。?
これは勝手な推測ですが、小沢さんお身体が悪いのでは有りませんか。?
時間が残されていないので最後の機会だとでも思っているような風にも見える。
それでは残念ながら政治判断を誤る恐れがある。

投稿: 逝きし世の面影 | 2009年4月 2日 (木) 15時00分

最近は、小沢擁護をする人が多くなったようです。検察ファッショ、政府権力に絶対負けるなという線が強い人です。

それで選挙に負けたらどうするんでしょうか。正義のためなら野党を通した方がマシ、と考えるのでしょうか。それは小沢さんの意思と違いますね。

検察は結局歴史が裁くしかないと思います。司法は不当であっても違法なことはできない。被疑者は妥当だと思っても違法とされることがある。

菅野さんのように誤認とか錯誤であれば訂正で済みますが、国家権力ってそんな甘いものではない。フツーなら一旦身をかわすことを考えるでしょう。 

投稿: ましま | 2009年4月 2日 (木) 17時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/28912993

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢辞任は今月中:

» 雑談日記でもブログ連鎖でご紹介します。⇒鳩山由紀夫メールマガジン2009/3/28 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 A.P.C. socialist's tacticsさんが紹介してくれました。  なお、赤字部分はわたくしSOBAです。35文字改行だったのを(昔パソコン通信の頃にはこのスタイルが普通でした(笑))一段落は改行なしに整形しました。また、関連で、下記もよろしくです。――TBS武田記者、民主輿石参院会長の「大久保秘書が容疑の一部を認めたと言う事実は一切ない」接見弁護士の話し、を紹介――の音声ファイルです。約1分50秒です。音が出ない場合ページを読み込みし直せば出ます。(TBS武田記者、民主輿石参院会長... [続きを読む]

受信: 2009年4月 1日 (水) 20時23分

» TBS武田記者、民主輿石参院会長の「大久保秘書が容疑の一部を認めたと言う事実は一切ない」接見弁護士の話し、を紹介⇒mp3 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 阿修羅でも紹介されていた今日のこの放送、僕もちょうど聞いていました。ICレコーダーで録音しようとして間に合わずなれど、TBSのサイトでポドキャスト配信されてました。  ストリームの「3/27(金)オープニングトーク&お世話になった方登場!武田記者編をダウンロード」(15分13秒)です。  なお聞いてみたら、理由は分かりませんが、なかなか音が出ずだったので、パソコンにダウンロードし、――TBS武田記者、民主輿石参院会長の「大久保秘書が容疑の一部を認めたと言う事実は一切ない」接見弁護士の話し、を紹介―... [続きを読む]

受信: 2009年4月 1日 (水) 20時24分

» 白昼堂々、読売のこの数字の改竄は凄いね(笑)「堂々と嘘をついた方が大衆は信じる。(ヒットラー)」ってか。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 後ろの方で記事も転載しますが、一応画像を証拠としてキャプチャしておきました。 (クリックすると拡大します) 2009年3月18日20時21分 読売新聞、――「企業献金禁止」小沢氏案に自民動揺…“現状維持派”多数で――です。  何が凄いかって言うと、足し算引き算すれば簡単に分かる数字の改ざんを白昼堂々と日本を代表するような大新聞がやらかしていることです。読売記事の注目箇所は下記、 2007年の政治資金収支報告書によると、自民党本部と支部を合わせた献金総額(約224億円)のうち、企業・団体献金は41%... [続きを読む]

受信: 2009年4月 1日 (水) 20時26分

» 警察・検察の裁量いっぱい利権のもと。必読⇒高橋洋一氏事件・検察警察の裁量とマスコミ報道(植草一秀の『知られざる真実』) [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 植草さんの下記エントリーは必読です。  2009年3月31日 (火) 高橋洋一氏事件・検察警察の裁量とマスコミ報道  植草さんのエントリー中に引用されている元記事を資料として全文採録しておきます。植草さんのエントリーでは【時事】が一番最後でしたが、植草さんが紹介後の版で【時事】が興味深い変更をしているので一番前に持ってきました。それ以外はすべて植草さんが紹介している記事順です。 ↓これもお勧め記事です。 こんなところで辞任してはダメですよ、小沢さん! ――5月総選挙?で「勝てる」という自民党の勘違... [続きを読む]

受信: 2009年4月 1日 (水) 20時27分

» 森田健作は、「完全無所属」実は「自民支部長」じゃ、公選法235条1項違反で2年以下の禁錮又は30万円以下の罰金だろう。いくらなんでも。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 まず、読売の記事。たまにはいい記事を書くこともあるのですね。(笑)これを書いた記者はナベツネに呼ばれてこっぴどく怒られている可能性も、。 ※前回エントリーで、いい加減ブログへの時間から自分自身に時間を割くようにシフトしますと書きましたが、面白いネタが出てきてなかなかうまくいきませんね。(苦笑い)どちらにしろ、の自分自身としても満足できるいいバナーができましたので、バナー制作も含めてブログへの時間は少なくしようと思っています。(キッパリ) 「完全無所属」実は「自民支部長」…千葉知事当選の森田氏【読売... [続きを読む]

受信: 2009年4月 1日 (水) 20時29分

» 四月一日 [PETITES NOUVELLES]
img src="http://image.blog.livedoor.jp/live05594/imgs/1/7/1798f44f.jpg?640480" width="384" height="288" border="0" alt="ライラック" hspace="5" class="pict" align="left" /     昨日非常に億劫だったが、家の周りの雑草退治をした。 此処数日異常な...... [続きを読む]

受信: 2009年4月 1日 (水) 22時40分

« 双六の上手 | トップページ | 杞憂 »