« 攻撃的な日本 | トップページ | 小沢辞任は今月中 »

2009年3月31日 (火)

双六の上手

 以前、「友とするに悪きもの」という『徒然草』の一段を、麻生総理のお友達、中川昭一前外相についての警句としてエントリーした。最近でもときどき検索でそこへお見えになる方があるので、その続編という意味からこの一段をつけ加える。

 今度は別に麻生総理に限っていない。もう一人の対抗馬・野党の大物の方にも当てはまりそうだ。とはいうものの牽強付会、我田引水にならないよう、このへんでやめておこう。

 双六(すごろく)の上手と言ひし人に、その手立てを問ひはべりしかば、『勝たんとうつべからず、負けじとうつべきなり。いずれの手か、とく負けぬべきと案じて、その手を使わずして、一目なりとも遅く負くべき手につくべし』と言ふ。道を知れる教へ、身を修め国を保たん道も亦しかなり

 『徒然草』第百十段。なお、碁の方にも「勝とう勝とうは負けるのもと」という教訓がある。

|

« 攻撃的な日本 | トップページ | 小沢辞任は今月中 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/28891000

この記事へのトラックバック一覧です: 双六の上手:

» 続、新興カルト宗教化した『ニセ科学批判』 [逝きし世の面影]
当方の3月28日の記事を『Chromeplated Rat』さんが、「科学教」 [世間]との題名で辛口で批評して頂きました。有り難う御座います。 http://schutsengel.blog.so-net.ne.jp/2009-03-29 以下はブログ管理者のpooh さんとのコメントを収録したもので現在も進行中。 by 逝きし世の面影 (2009-03-29 10:59) 当方の記事に対する批評。有り難うございます。 なかなか有りませんね。この様な冷静な分析は。改めて御礼を言いたいと思い... [続きを読む]

受信: 2009年4月 1日 (水) 13時30分

« 攻撃的な日本 | トップページ | 小沢辞任は今月中 »