« 社民党に与う | トップページ | 中小企業 »

2009年3月 4日 (水)

小沢辞任しかない

 西松建設関連の政治献金問題で、小沢民主党代表の政治団体が摘発された。今日これから小沢代表の会見が予定されているが、それをチェックする時間がないことと、前回、前々回と民主党関連の記事だったことから、急遽この記事をあげる。

 「なぜこの時期に」という疑問は、当然起きる。民主党およびその支持者を中心に「政策捜査」という小さな声も聞こえてくる。それほどピッタリ、「今しかない」というタイミングなのだ。伝えられているところによると、小沢代表は相当強気でいるようだが、闘争は、代表辞任のあとにしていただきたいと申し上げたい。

 仮に、政策捜査であり陰謀だったとしよう。また、小沢代表に罪の意識がなかったとしよう。しかし違法である企業の政治献金が小沢陣営に渡ったという事実は否定しようがない。こういった例は過去にいくつもある。

 要するに政権をねらう野党党首として、脇が甘かったということである。「秘書が……」では通用しないことも知っているはずである。そして、田中金脈以来のDNAを精算しきれなかった惰性が問われているのである。

 小沢代表の任務は、本人がたびたび披瀝しているように、総選挙に勝つことである。それならば、いさぎよく即辞任して、自民党に遅れをとらず、新代表で総選挙を戦うことである。もしそのまま居座るようなことがあれば、自党の支持率は確実に自民を下回るであろう。

 なにより恐れるのは、昭和初期の昔なら軍事クーデターを起こしかねないような政治不信が蔓延することと、経済を奈落の底に突き落とすことである。その責任を小沢代表が負うような選択だけはしないでほしい。また民主党幹部にはそれを忠言する良識を持って欲しい。 

|

« 社民党に与う | トップページ | 中小企業 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

首相に相応しい人ランキングで小沢一郎は麻生太郎にダブルスコアで勝っている。
しかし、相手があの麻生さんですからね~え。
勝っても自慢にはならない。
『小沢辞任しかない』には大賛成したいと思います。
総選挙で民主党が勝ちたいなら、自民党と体質が同じ小沢より管直人の方が違いが鮮明になる。
本当に日本の政治を変えたいならバラク・オバマ大統領と同年代の長妻昭48歳を代表にすれば絶対国民にアピール出来るが、日本にアメリカ並みのチェンジを期待する方が贅沢か。?

投稿: 逝きし世の面影 | 2009年3月 4日 (水) 14時41分

元衆院議員秘書として一言。

小沢一郎と金の問題は驚くことはないでしょ。誰もが「小沢ならな」と思っていることだと思います。脇が甘いというよりも、ダーティなイメージを変えることができないということでしょ。

政治資金の処理方法について逮捕された秘書は間違っていないと思います。議員の側近として働いている秘書なら絶対に間違うことはありません。だから、小沢代表が今日の会見で「やましいことはない」といったのも政治金規制法に基づいた根拠のある主張です。

検察が逮捕に動くにはそれなりの根拠があると市民は考えているでしょう。でも、何の証拠もないのに逮捕することもあるのです。私も若い頃に労働組合の事件で、当時者でも何でもなく、アリバイが明確にあったのに逮捕されたことがありました。警察は当然取り調べもしないで21日間勾留しただけでした。でも、理不尽な弾圧は組織を弱体化させるどころか結束させるものです。

検察はダーティなイメージの「小沢」を狙っても、庶民は納得するという思惑があったのでしょう。しかし「小沢」がダーティであることは承知の事実で、今回の逮捕劇は逆に民主党の結束を強めているのではないでしょうか。もし捜査対象が、クリーンなイメージの民主党議員であったなら衝撃は決定的だったと思います。

こんなことで辞任を迫っていては民主党には人材が育ちません。小沢代表も、本音では辞任したいと思っているでしょうが、ここは命を削ってでも踏ん張ってほしいと思うのですが。

野党の政治家を真っ先に弾圧するのは独裁国家のやること。麻生総理には早い段階で打診があったはず...........なりふり構わずということでしょ。

投稿: ていわ | 2009年3月 4日 (水) 21時03分

逝きし世の面影 さま
ていわ さま
コメントありがとうございました。

外出から帰宅して小沢氏の会見の概要を知りました。
予想していた通りで、特段投稿の趣旨を変える必要はないと感じました。

これでは、民主党のじり貧はまぬかれないでしょうね。誰がいい悪い、あるいは合法か違法かといったことではなく、権力がたくらみそうな弾圧に対してその備えがなかった、あるいは甘く見ていたということでしょう。

「ボクは変わる」といった中に、金権体質は入っていなかった。それから献金する人にあれこれ聞くのは失礼だ、というけど庶民にしてみれば大口の献金をしてくださる人の正体を知らないで受け取るのはもっと失礼だという感覚です。

今回のケースは、政治家個人の問題や検察がどうのこうのではなく、日本の将来を左右する政局の問題だと思います。
 

投稿: ましま | 2009年3月 4日 (水) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/28464662

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢辞任しかない:

» 『声』欄から庶民の実態感覚が聞こえる [関係性]
 先への見透しが利かない金融不況・失業・倒産は、出口として人手不足の農業や介護に求める風潮がある。  事実、私自身、そのような体験がないだけにこの風潮に流されてきた。  しかし、その実態を知る人たちのうめきを聞くことから始めなければならない。  その第一歩が朝日新聞「声」の欄である。  「自給言うなら農家生かして」(2月28日)を農業の村松洋一さん(長野県千曲市 57歳)が書いている。  「『若者に農業をすすめる前に』(2月22日)に同感です。帰農して30年近くなりますが、この地域で私より若い専業... [続きを読む]

受信: 2009年3月 5日 (木) 14時51分

« 社民党に与う | トップページ | 中小企業 »