« 日中関係史考11 | トップページ | 政局春一番 »

2009年2月16日 (月)

村上春樹さん、反戦演説

 偉い!!。村上春樹さんが戦時下のイスラエルで反戦演説をした。国際会議場でヨイヨイの醜態をさらす国辱大臣がいる一方、こんな立派な日本人もいる。結婚式に招待され、新郎新婦の悪口をいうどころではない勇気のいることだ。感激のあまり、当塾としてはめったにしない全文を(YOMIURI ON-LINE)から引用する。

【エルサレム=三井美奈】作家の村上春樹さん(60)がイスラエル最高の文学賞「エルサレム賞」に選ばれ15日、エルサレム市で授賞式が行われた。

 同国軍のパレスチナ自治区ガザ攻撃で約1300人の死者が出た直後だけに、受賞辞退を求める声も出ていたが、村上さんは受賞スピーチで「作家は自分の目で見たことしか信じない。私は非関与やだんまりを決め込むより、ここに来て、見て、語ることを選んだ」と述べた。

 村上さんは、戦争を生む社会システムを「我々を守る一方、時には組織的な殺人を強いる『壁』」と呼び、人間を壁にぶつかると割れてしまう「卵」にたとえた。ただ、卵は個性を持つかけがえのない存在であり、自分は「常に卵の側に立つ」と宣言した。

  その上で、「壁は高く勝利が絶望的に見えることもあるが、我々はシステムに利用されてはならない。我々がシステムの主人なのだ」と述べた。

 エルサレム賞は1963年創設。「社会における個人の自由」をめぐる優れた執筆活動に対して隔年贈呈され、これまでに英国の哲学者でノーベル文学賞受賞者のバートランド・ラッセル、仏人著述家シモーヌ・ド・ボーボワールらが受賞している。(2009年2月16日15時12分  読売新聞)

|

« 日中関係史考11 | トップページ | 政局春一番 »

反戦・軍縮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/28132823

この記事へのトラックバック一覧です: 村上春樹さん、反戦演説:

» 村上春樹さんのエルサレム賞受賞スピーチ [虹色オリハルコン]
■エルサレム賞の村上春樹さん「ここに来ること選んだ」(読売新聞) - goo ニュース ご存知のように、今年1月、イスラエルのガザ攻撃は激しさを増し、パレスチナの多くの無実の人命を奪った。それは人道的にとても許されることではない。 そのイスラエルが、文学賞を村上春樹さんに与えるとして、招待した。辞退すべきという声もあったけれど、村上さんはあえて、文学者として言葉で意見を述べるやり方を選んだ。 会場入りして、イスラエルの人々に直接話す…それは、またとない機会でもあるけれど、反面とても勇気のいることだ... [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 13時06分

« 日中関係史考11 | トップページ | 政局春一番 »