« 政治家の外交力 | トップページ | 身分制 »

2009年2月23日 (月)

麻生さま!これが最善

 毎日新聞の調査で支持率が11%になりました。党幹部はようやく首の皮一枚が残ったと言ったそうです。「今すく辞めるべきだ」と「予算成立をみて辞めるべきだ」がともに39%という結果で80%近くの国民が退陣を望んでいます。

 このような逆境にめげず、100年来の大不況を乗り切る予算成立のために日々笑顔でご奮闘のお姿、かげながら敬服しております。今日は麻生さまに、歴史に残る名宰相になるための最善の手だてをご提案します。それは、総裁(総理ではありません)の辞表を今日すぐお書きになることです。

 内閣総辞職ならば閣僚全員のサインがいりますがこれならば一人でできること。辞任の理由は、党内が崩壊寸前の混乱をしていることの責任をとるためです。混乱しているのは内閣でも国会でもありません。ここは野党と協力し、国民や各界の意見をまとめて最善・最速の予算をあげることに全力をあげてください。

 そうすればもう党内のいざこざに振り回されたり気を回すことはありません。しかし総裁を空席にしておくわけにいきません。細田幹事長はびっくりした顔で、すぐ後継総裁選挙を準備するでしょう。あなたが国会解散すれば自民党衆院議員の総裁選投票権もなくなるわけですから。急がなければなりません。

 こうしておいて、予算の見通しがついたらあなたの手で堂々と解散権を行使するのです。もしそうしないで内閣総辞職をすれば、4度目のたらい回し人事となるばかりか、後継選挙管理内閣組閣のための人選や、健康を害しておられる天皇陛下に認証式をお願いするなど面倒な手間や時間がかかります。解散だけなら、1通の「御名御璽」を議会に届けていたくだけで済みます。

 そうです。「総総分離」の新バージョンです。しかし『週刊ポスト』がいっている与謝野総理と桝添総裁などのショボイ話ではありません。みんなあなた一人でできることです。細田さんも総選挙や党にとって最善の総裁を選ぶお膳立てをするでしょう。

 あなたが責任を負わなくてもいいのです。そして解散宣言後の40日ほどを、日本国民のために最後の善政をほどこして下さい。本当は自民党が嫌いなのでこんな提案をしたくないのですが、中川泥酔大臣のように忠言する側近もいないようなので、塾頭、非力をかえりみずここにしゃしゃり出ました。
  

|

« 政治家の外交力 | トップページ | 身分制 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

週刊金曜日 ルポルタージュ佳作 12月18日掲載予定 レポートがまとまりました。

ルポルタージュ
「修復的正義は機能しないのか」
~高知県警白バイ事件の真相究明を求める~

これは、高知の歴史上重大な憲法問題。私達県民は、この事件の真相が公に解明されるよう、高知県警の警察官としての良心の声と、その弁明を見張り、釈明の本質的真実を見極める必要がある。

〒781-0261 高知市御畳瀬三十八番地
高知・コスタリカ友好交流を創って行く会
mail:costarica0012@mail.goo.ne.jp
http://blog.goo.ne.jp/costarica0012

投稿: 山下 安音 | 2009年10月25日 (日) 16時08分

 ルポ、ありがとうございました。かねて、不自然な立憲で関心を持っていた事件です。警察、検察の不正があれば徹底的に糾弾しなくてはなりません。

 県民の厳正な監視をお願いします。

投稿: ましま | 2009年10月25日 (日) 17時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/28314876

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生さま!これが最善:

» 大企業が国内から逃げない理由 [関係性]
 ローマでのG7が終わり、世界経済の相当な悪化が見えてきた。今年中の景気回復は絶望的なようだ。  そして、閉幕後の中川財務相のろれつ回らぬ映像が世界に配信された。さすがに官僚が動かしている日本の象徴のような出来事である。政府の閣僚がどうであろうと何の問題もなく、全てを官僚が仕組んでいく日本の構造(政・官・財の癒着)が見えてくる。しかし、経済の悪化は止められない。  前回のエントリー記事(「新自由主義」批判)に、もえおじ氏から「地球規模の環境破壊」に加えて次のコメントを頂いた。  「投稿者:もえおじ... [続きを読む]

受信: 2009年2月23日 (月) 15時07分

» 26年前の中川一郎怪死事件 [逝きし世の面影]
1983年1月9日 前年には自民党総裁選に出馬したほどの自民党の大物政治家であり、泥酔会見で国際的に超有名になった中川昭一前財務大臣の実父でもある中川一郎元農相(当時57歳)が宿泊先の札幌パークホテルの浴室で死んでいるのを発見される。 当初、死因は「急性心筋梗塞」と公表された。 ところが、2日後の11日になって、死因は「首吊り自殺」であったことが発覚する。 中川の首吊り自殺は不審な点が多く事件直後から『謀殺』説が囁かれていた。 何しろ(今では珍しくなくなったが)自殺方法が何とも不可解である。 中... [続きを読む]

受信: 2009年2月24日 (火) 14時21分

» 未必の故意と高知白バイ事件 [ようこそイサオプロダクトワールドへisao-pw]
未必の故意と高知白バイ事件。金武町流弾事件その他。画像はクリックで拡大します。「 [続きを読む]

受信: 2009年2月24日 (火) 21時39分

» 来る解散・総選挙に向け、忘れまい3年半前の日本の9・11とあの時の悔しさを、言いようのない怒りを。ブログ記事を収集す。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 間もなくやってくる解散・総選挙、それにつけても思い出すのは3年半前の2005・9・11郵政選挙です。まんまと小泉のワンフレーズに国民が騙されました。  その結果がその後の日本に大きな傷跡を残したことは、去年からの年越し派遣村に見られる格差の問題、またかんぽの宿疑獄で一端を表しつつある政治の闇を見れば明らかです。  現在、自民党が敗北するとの楽観論が反自公・野党勢力に広まっています。しかし、考えてみると、あの2005・9・11郵政選挙の時にも自民党は党内分裂がらみで劣勢と言われていました。それが、朝... [続きを読む]

受信: 2009年2月25日 (水) 16時13分

« 政治家の外交力 | トップページ | 身分制 »