« 日中関係史考1 | トップページ | 派遣労働者と差別 »

2009年1月15日 (木)

神田明神

2009_01150001  正月のTVニュースの初詣ロケに、珍しく神田明神が出た。明治神宮、成田山などの初詣定番社寺を押しのける映像効果があったのだろうか。100年に1度の不況キャンペーンの中で、商売繁盛祈願の参拝客が殺到、拝殿前の広場が満員電車並みのすし詰め状態だった。それから半月、15日の小正月は、このようにチラリホラリ。

 神田明神の祭神は、平将門である。歴史上ただひとり、自ら「新皇」を称した反逆者で、官軍に破れ京都で打ち首となりさらされたが、首が空を飛び関東に戻ったという伝説を持つ。徳川幕府の崇敬を受け、江戸っ子に人気のある神社だった。

 しかし、反天皇では具合が悪い。そこで、全国ブランドの大国主、すくなひこなの二神も祭神にしている。しかしこれとても、大和王朝以前から民衆の支持を受けて地方に根を張るアウトサイダーである。要するに、天孫族から見れば反権力的存在といってもおかしくない。

 明治維新後、将門は朝廷に戈を向けた朝敵であることが問題視され、逆賊であるということから明治7年(1874)に、教部省の指示により神田明神の祭神から外され、別に小祠を作って遷座されてしまう。それが第2次世界大戦後は、朝廷の横暴な支配に敢然と立ち向かい、新皇に即位して新たな時代を切り開いた英雄として扱う風潮に乗って見直された。

 将門の祭神復帰への機運が高まり、昭和59年(1984)になって、平将門神はふたたび本来の神田明神に合祀される。と、いうことになると、靖国神社のA級戦犯合祀とか分祀などという話も、そんな重みのある話ではないことになりそうだ。

 いずれにしても、この反権力の神様が企業人(私は参拝者の多くが都心に本社を置く会社の役職員だとにらんでいる)にもてはやされるという現象は何かを意味するのであろうか。今日、ちょっと行ってみる気になった。

|

« 日中関係史考1 | トップページ | 派遣労働者と差別 »

散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/27167004

この記事へのトラックバック一覧です: 神田明神:

» イスラエルの『戦争犯罪』は旧約聖書に由来 [逝きし世の面影]
イスラエル極右政党党首、「ハマスには第2次大戦での日本と同様の対処を」 【1月14日 AFP】イスラエル極右政党「わが家イスラエル」のアビグドル・リーバーマン党首は13日、イスラエル政府は第2次世界大戦で日本を降伏させた米国の例に従うべきと発言した。 同国英字紙エルサレム・ポストよると、リーバーマン氏は、テルアビブ近郊のバーイラン大学での演説で、「米国が第2次世界大戦で日本に行ったのと同じように、イスラム原理主義組織ハマス(Hamas)と戦い続けなければならない」と主張した。  『日本は194... [続きを読む]

受信: 2009年1月16日 (金) 09時52分

» 参拝のコツ [参拝のコツ]
参拝のコツは手を洗う手水場(ちょうずば)からもやり方が存在します。右手で尺をもって、左手を洗い右手を洗い口をゆすぎ左手を再度洗い終わります。 [続きを読む]

受信: 2009年1月21日 (水) 00時39分

« 日中関係史考1 | トップページ | 派遣労働者と差別 »