« 海賊対策 | トップページ | 日中関係史考6 »

2009年1月30日 (金)

品格ないのは横審委

 初場所で優勝した朝青龍が、土俵上で「ガッツポーズ」をしたといって、横綱審議委員が相撲協会に苦言を呈した。それで、協会の武蔵川理事長(元・三重ノ海)が、朝青龍の師匠・高砂親方(元・朝潮)を呼びつけて注意した。まるで、PTAの幹部が児童の親のしつけが悪いと校長にいいつけ、校長が児童いない留守を見計らって親を呼び注意したようなものだ。

 朝青龍のどこが悪いのかわからない。TV観戦していたが、あれは「ガッツポーズ」ではない。土俵を降りる際、観客からの割れんばかりの拍手・歓声に感極まり、両手を挙げて応えただけだ。誰も予想しなかったことを達成させた感激の場面、といってもいいだろう。

 横審委はそれが気に入らなかったようだ。3場所連続休場の上、けがの不安を残したままけいこ不足、場所前のけいこ総見でも頼りなさそうだった。これでは3日で連敗・休場、引退となるのではないかと、誰しもが思った。それが逆になり、最初こそかろうじて勝ったように見えたが、中日には一段と気力が加わって、最後は全く不安のない強さを発揮した。

 こうして、横綱の名にふさわしい「品格」を身を以て守り、大勢のファンに「やればできる」という勇気を与えて国技館は大にぎわいだった。それに対して横審委の行動には、なにか偏見を持ったこだわりがあるように感じられる。念押しのから振り、あれだって元横綱・曙は「それくらいの気構えがなければ相撲はとれない」といっている。

 狭量でどっしりと構えたところがなく、やんちゃな横綱の一挙手一投足にかまけている横審委の方こそ、日本の国技を守る品格に、どこか欠けているところがあるのではないか……。と思うのだが皆様はいかがです?。

|

« 海賊対策 | トップページ | 日中関係史考6 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

私は幼いころから相撲が大好きでした。今は見ません。朝青龍が大嫌いだかです。
下品で粗野で乱暴な横綱は存在してはいけません。
横綱は強いだけではいけません。例えば美男の吉葉山などはその典型です。品があればいいのです。
朝青龍には惻隠の情もなければ、人の鑑になるような言動も社会活動もありません。
私は、60年以上も見続けてきた相撲を、朝青龍の出現で全くみないことにしました。
私は狭量な人間です。朝青龍が大嫌いでる。今場所でいなくなると思ったのに、復活して大変残念に思います。

投稿: そりゃないよ獣医さん | 2009年2月 1日 (日) 12時24分

ウエルカム そりゃないよ獣医さん

 なるほど。やくみつるサンも同じような意見のようですが、彼は仕事柄そうもいっていられないようです。

 私も引退寸前の日本人大関のファンですが、彼のような人だけだと今の相撲協会は持たないでしょう。かといって他の格闘技のようになることは大反対。

 見たくもないという人が大勢いるにしては、大入り満員でテレビの視聴率もいいというのが、なんとも微妙ですね。

投稿: ましま | 2009年2月 1日 (日) 12時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/27608761

この記事へのトラックバック一覧です: 品格ないのは横審委:

« 海賊対策 | トップページ | 日中関係史考6 »