« 核軍縮を輸出せよ | トップページ | 朝鮮・韓国 17 »

2008年12月18日 (木)

多極化時代に日本は?

 前回、前々回に続いて、世界の潮流の中で日本がとり残されないかの心配である。16日、ブラジルで中南米・カリブ海地域33カ国の首脳による初めての首脳会議が開かれた。この会議の歴史的意義は、これまでこの地域とカナダを含めた米州機構(OAS)の主人公であったアメリカの姿がなく、かわりにOASからはじかれたキューバが加わっているという、脱アメリカ会議になっていることである。

 安倍政権時代に合憲化を試みようとした「集団的自衛権」という国連憲章上の文言は、実は1945年すなわち日本敗戦の年に、中南米諸国の自衛権に関連して生まれたものである。かいつまんでいうと、これらの小国が自衛権を行使しようと思っても、国連の安保理で大国が拒否権を発動すれば、効果的な自衛が阻害されるという心配を持ったことによる。

 これに乗ったのがアメリカで、他国であっても同盟国が攻撃されれば武力行使ができるという「集団的自衛権」を条文に付け加えることに成功した。「朝鮮・韓国15」のエントリーで述べた「利益線」の概念が強国の間で根強く残っており、中南米は文字通りアメリカの利益線だったのである。

 現在、集団的自衛権が云々される大きな存在がNATOである。これは冷戦時代のソ連に対峙する戦力として大きな意味を持ったが、イラク戦への不参加やアフガンなどでのばらばらな対応、グルジアの加盟に対する意見の対立と、このところの軍事同盟としての金属疲労現象が目立つ。

 ここでひとり日本だけが、田母神前幕僚長など安倍残党のような人を中心に「集団的自衛権」に魂を入れようなどと画策することがいかに無意味であるかに気がついていない。前述の中南米諸国はいずれはEU型の地域共同体をめざすことになるだろう。

 同会議に親米国であるペルーとコロンビアは参加していない。また、共同体指向を宣言したASEANもタイの政治混乱などもあって前途遼遠である。しかし、ヨーロッパの統合には最初の着想から何百年もかかっているし、試行錯誤の積み重ねの中で育っている。

 日本はどの方向に進もうとしているのか、アメリカは日本にとってかけがえのない重要な国である。その理由は何かをまず分析してみなければならない。評論家・岡崎久彦のいうような「これからの100年、アングロサクソンにつくのが国益である」は、人種差別がにおう暴論であるが、太平洋をはさんだ隣邦であることは第1にあげなくてはならないだろう。

 次ぎにややあやしくなってきたものの、開放された民主主義国であること。日本と深い関連を持つ経済大国であること。安全保障上の有益な同盟国であることなどである。そして、安全保障については、何が有益で何が有害かをさらに分析しなければならない。

 その上で、当塾がかねて提起している「東アジア共同体」についての検討が必要になってくる。それがこの地域の安定に貢献することになればアメリカにとって反対する理由はない。すこし前のパクスアメリカーナの時代には、経済ブロックとしてのASEAN接近にも反対したが、もはやその力はない。

 こういった検討を経て、日本の進むべき道を一刻も早く国民に示してもらいたい。現状のように小泉時代から一歩も進歩していないというのでは困る。与党ができなければ何党でもいい。経済・福祉の問題と共に、オバマ時代に対応する外交政策も最優先されてしかるべきだ。 

|

« 核軍縮を輸出せよ | トップページ | 朝鮮・韓国 17 »

東アジア共同体」カテゴリの記事

コメント

ブログ拝見しました。たくさんあって悩み所ですがまた、立ち寄ります。

投稿: うつ病 | 2008年12月18日 (木) 16時07分

お元気でしょうか。気まぐれに突然訪れましてすみません。
ずっと以前、「反戦老年委員会」散開のトラックバックをいただいたまま、そのまま失礼しっぱなしであります。
その時はそのトラックバックにびっくりして、新しく始められるのを確認して安心したのです。
こんな私が言うのも何ですが、これからが寒さの本番ですので、お体大事にして下さい。良いお正月を。

投稿: 野良狸 | 2008年12月19日 (金) 02時08分

お早うございます。
「噂をすれば、何とやら…」野良狸嬢から拙宅にもお便りがありました。
反体制論が少なくなっている折から、再び鋭い論舌を続けてほしいと願っております。
小生は今日正午から、Z寺の〇年会です。般若湯が、ウンと頂けます。そんでわ…。

投稿: tani | 2008年12月19日 (金) 06時18分

友遠方より来る また楽しからずや

2008年師走。野良狸さま、tani 兄。
神通力?、いや狸通力か。とにかく両兄姉お達者の由、元気がでました。
今日の予定、原稿当日分、歯医者、大根1本収穫、あと碁打ちかな。

反戦塾を含め同文コメントで本日は失礼します。

投稿: ましま | 2008年12月19日 (金) 09時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/26286392

この記事へのトラックバック一覧です: 多極化時代に日本は?:

« 核軍縮を輸出せよ | トップページ | 朝鮮・韓国 17 »