« 市民主導 | トップページ | 朝鮮・韓国 13 »

2008年12月 5日 (金)

朝鮮・韓国 12

近代国家の体裁
 明治6年10月、西郷隆盛らの「征韓論」は退けられました。そのあと佐賀の乱や西南戦争も起きるわけですが、国内では一揆や暴動があとを絶たず、維新が軌道に乗ったとは言いきれない状態です。西欧列強を見てきた政府首脳は、維新で生まれた国の姿は「国民国家」(封建制の身分制的枠組みを破り国民的同一性を基礎として成立した近代的中央集権国家。近代国家。民族国家)でなければならないということを痛感します。

 列強の仲間入りをするためには、まず姿を整えることから、よく言えば猛勉強、悪く言えば猿まねをはじめたわけです。士農工商の身分は撤廃しました。そしてこれまで兵役のない農民も、国民皆兵で徴兵制度のもと軍隊に取り込みました。

 もうひとつ、国民国家の姿として統治権の及ぶ範囲、つまり国境を明らかにしなければなりません。そのため政府は、琉球・台湾(明治7年10月)と樺太・千島(8年5月)問題を短期間で決着させました。そのあと、朝鮮開国のきっかけとなった江華島事件(8年9月)が起きます。

 朝鮮を相手に、国民国家としての体裁を持つ条約を、はじめて日本主導で結ぶわけですが、これは国境問題ではなく、やや性格が違うので次回に譲ります。その前に北方領土や琉球などの国際交渉を簡単に見ておきましょう。

【樺太】南樺太は、幕末の頃には奥蝦夷として漁民などが進出していた。そのころ北樺太に進出したロシア人が逐次南下して紛争を生じるようになり、日・ロ雑居状態が続いた。両国の国境交渉はあったものの進展せず、ロシア軍の投入が進んだ。これを見て、北海道開拓使の黒田清隆は、樺太全土を放棄しかわりに千島全島を確保して北海道防衛に全力をあげる案が現実的であると考えた。なお、日露戦争の結果、日本は樺太の南半分を回復させた。

【千島】国論はさまざまであったが、明治8年5月、政府は榎本武揚を特命全権大使としてロシアに派遣し、樺太・千島交換条約を締結させた。当時の国力から見てこれで精一杯だろうが、樺太の漁民を見捨て、樺太に比べ経済的価値が格段に劣る千島を押しつけられるようにして領土と確定したのだ。したがって千島はどこから奪ったものでもない。

【琉球】琉球は古来独立国で、中国に朝貢し冊封を受けていた。徳川家康が大御所として実権を振るっていた1609年、島津藩に琉球を与えるとしたため、同藩は軍隊を差し向け属国として支配した。幕末に至ってもこの体制は変わらず、琉球は中国の冊封国であるとともにアメリカやフランスと和親条約を結んだりしていた。  

【台湾】明治4年11月、琉球の漁民66人が台湾に漂流し54人が殺されるという事件が起きた。政府は清国に責任を問うたが「犯行は化外の民の蛮族の行為で政教の及ばぬところ」という責任回避の態度だった。それをいいことに、「それならこちらで行ってこらしめてやりましょう」とばかり、7年2月に日本政府は台湾征討を決定し、6月には犯人達を降伏させた。

【清国】清国もそこまでされては、心穏やかではない。日本はすでにアメリカなどに根回しをして琉球が領土であることの了承を得ていたので、清国と事後処理の交渉に入った。その結果、「台湾は清国の領土」、「日本の行動は住民保護の義挙」という了解が成立し日本軍は撤退した。これにより日本は琉球が日本領であることを清国が認めたものと解釈した。なお、日清戦争の結果、台湾は日本領となる。

【沖縄県】7年10月に清国との協定が成立した後も、琉球藩王や高官・士族は清国との関係を維持する独立志向が強く、清国に援助を求めた。そのため、政府は12年4月に400人の兵と160人の警官を送り込み、強引に沖縄県設置を公布した。

|

« 市民主導 | トップページ | 朝鮮・韓国 13 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/25924239

この記事へのトラックバック一覧です: 朝鮮・韓国 12:

» 運転免許の欠格期間最長10年に 道交法施行令改正案 [逝きし世の面影]
警察庁は4日、危険運転致死傷やひき逃げなどで運転免許が取り消された後、再び免許が取得できるようになるまでの欠格期間の上限について、現行の5年から10年に引き上げることなどを柱とした道路交通法施行令改正案をまとめた。 酒気帯び運転も厳格化され、1回の違反でも免許取り消しの場合もある。 危険運転致死の欠格期間は5年だったが、改正案では8年に。同致傷は5〜7年に引き上げられる。さらに、ひき逃げの場合は10年となる。 また酒酔い運転で事故を起こした場合も現行の2〜5年から3〜7年に、ひき逃げなら10年... [続きを読む]

受信: 2008年12月 5日 (金) 11時25分

» 何故ニセ科学批判が批判されるのか [逝きし世の面影]
『全ての人はニセ科学には反対する』 基本的に『ニセ科学に反対』とか『ニセ科学は広まって欲しくない』とかの意見に対して誰も反対していないだろうと思います。 たぶん今現実にニセ科学にどっぷり首まで浸かっている人でも、意見を聞けば『ニセ科学には反対』の立場でしょうね。 ニセ科学は、自分ではニセ科学とは言わないので『ニセ科学反対』なら全員一致する可能性さえ有るでしょう。 ですから意見の不一致はニセ科学に対する態度ではなくニセ科学の定義の方なのでしょうか、? 此れがそれぞれ別々なので意見が一致せず話が噛... [続きを読む]

受信: 2008年12月 7日 (日) 14時16分

« 市民主導 | トップページ | 朝鮮・韓国 13 »