« 池田内閣 | トップページ | やればできる<クラスター爆弾> »

2008年11月21日 (金)

MD迎撃実験失敗

 去年の12月18日、「MD迎撃実験成功」というエントリーをあげた。自衛隊の不祥事、効果の薄い金食い虫、イラン等世界情勢の変化、対米従属など、1年たった今でも書こうとすることはほとんどそのまま通用する。今度は失敗である。(毎日新聞11/20)

 防衛省は19日午後4時21分(日本時間20日午前11時21分)、米ハワイ沖で、ミサイル防衛(MD)の一翼を担う海上自衛隊のイージス艦「ちょうかい」(佐世保基地所属)搭載の海上配備型迎撃ミサイル(SM3)の発射試験を実施したが、着弾数秒前に標的の模擬弾道ミサイルを見失い、迎撃に失敗した。 

 これまで16回行った実験のうち、失敗は4度目である。あらかじめ模擬弾発射は予告なしだったというが、しめしあわせての実験であることに相違ない。弾頭の自動誘導機能が米国製で、それに問題があったなど、防衛省は責任回避するようなことを言う。

 そもそも地上100キロ以上の大気圏外を超音速で飛ぶミサイルを、空気摩擦で生ずる赤外線を頼りに追跡するなど、素人考えでも無理なような気がする。よほど好条件のもとでも5発撃てば1発は命中する勘定だ。

 成功率100%のめどがついているのなら、攻撃用兵器ではないということで、共同研究・共同開発もいいだろう。しかし専門家でも疑問視しているのではないか。アメリカ国内にも消極的な意見があるという。そもそも1実験で62億円もかける価値がどこにあるのだろうか。

 三菱重工業が開発しようとしている新型ジェット旅客機2機を、1実験ごとに惜しげもなく海に捨ててるようなものだ。民間企業ならたちまち倒産してしまう。どうせ捨てるなら宇宙・大気・海洋汚染の負荷がすくない札束のままの方がいい。日本は「もうそろそろやめにして、ミサイル軍縮の話に切りかえましょうよ」と、どうしてアメリカに言えないのだろうか。

 だまっていれば、金融危機で財政負担に四苦八苦しているアメリカから、「日本の負担をふやして」といってくるのが目に見えてくる。日本は、国ごと「振りこめ詐欺」にあっているようなものではないか。

|

« 池田内閣 | トップページ | やればできる<クラスター爆弾> »

反戦・軍縮」カテゴリの記事

コメント

福祉の財源は消費税ではなく、ずばり、軍縮でしょう。

投稿: カーク | 2008年11月21日 (金) 19時30分

カーク さま
明日、「やればできる」と題して、日本はクラスター爆弾全部を廃棄することにした記事を書こうと思います。廃棄費用は70億円余りだそうで、MD実験1回パスすれば大半はまかなえます。
むだづかいには違いないが、同じ軍事費ならそういったことに使って欲しいな。

投稿: ましま | 2008年11月21日 (金) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/25536303

この記事へのトラックバック一覧です: MD迎撃実験失敗:

» イージス艦のミサイル迎撃実験失敗の原因。 [本質]
海上自衛隊のこんごう型護衛艦、イージス艦「ちょうかい」がハワイ沖でのミサイル防衛 [続きを読む]

受信: 2008年11月21日 (金) 21時14分

» 自衛隊ミサイル迎撃の理論と現実 [ようこそイサオプロダクトワールドへisao-pw]
◆PAC3迎撃実験の考察◆画像はクリックで拡大します。◆自衛隊ミサイル迎撃の理論 [続きを読む]

受信: 2008年11月22日 (土) 00時23分

» ミサイル防衛問題,12月6日に福岡で講演学習会 [ペガサス・ブログ版]
先日,ハワイ沖で行われたSM3(スタンダード・ミサイル・3)の発射実験は失敗しました.数十億円が海のもくずと消えました.まずはこのような無駄遣いを止めるのが大事です. このミサイル防衛問題で,福岡を拠点に活動しているグループ「Pネット」で,12月6日(土)に講演学習会をやります.どうぞご参加下さい. 日時:12月6日(土曜日)14時から16時 会場:福岡市立早良市民センター・第一会議室(3F)→マップ    http://fco.sakura.ne.jp/hallinfo/hl-hakata.ht... [続きを読む]

受信: 2008年11月24日 (月) 22時36分

« 池田内閣 | トップページ | やればできる<クラスター爆弾> »