« 本日の国際数字比較 | トップページ | 反戦・護憲論の行く手 1 »

2008年10月31日 (金)

朝鮮・韓国 7

 前回は、1597/5に秀吉が呂宋(ルソン)の壺を買い占めた話をした。武力侵攻で脅迫するアジア政策から、徳川家康は善隣友好政策に一転させた。朝鮮に関しては、対馬藩・宗氏が両国の国書を改竄するなど渾身の努力もあって、1607/5に最初の朝鮮信使を迎えることができた。

 対馬の宗氏とは事情を異にするが、2国間をふたまたかけて生き残りをかけていたのが琉球王である。日本での扱いは、薩摩島津家にあずけるという形になっているが、一方で琉球王は明の冊封も受けており、この影響の方が大きかった。

 幕府は、明との勘合貿易復活を琉球王が仲介するよう要求するが、琉球王はこれに応じず、1609/2島津藩が遠征軍を派遣して琉球を制覇した。そのため明はいよいよ日本に不信感をいだき、国交回復は遠のいた。しかし、民間貿易や僧侶等による文化交流に支障はなく盛行する。

 同じ頃、家康はポルトガル(主要基地・マカオ、以下同じ)に加え、オランダ(インドネシア、台湾)、イギリス(ジャワ島)、スペイン(フィリピン・ルソン島)などにも優遇策を示して、貿易の活性化を図ろうとした。ただしキリシタン布教は別で、厳しい態度を貫いた。

 また、日本から出る交易船には免許を証する「ご朱印状」を公布し、取引の円滑を図った。行き先はマカオ、シャム(タイ)、交趾(ベトナム)その他東南アジア各地である。そこには日本人町が栄え、カンボジアのアンコールワットには、寛永9年(1632)の日本人夫婦参詣記念という落書きも残っている。

 シャム(タイ)といえば、おなじみの山田長政の話しがある。戦中の昭和17年、国民学校の教科書に採録されたり、「大政翼賛会推薦」の紙芝居ができたり、長谷川一夫主演の映画ができたりしておおはやりだった。これが、当時日本政府の南進政策にそった歴史教育の一環で、確定史料のない伝説程度のお話しだっということである。

 朝鮮から離れて余談になるが、歴史の捏造とまは言わないにしても、二宮金次郎キャンペーン同様歴史教育の国策利用の好例である。ここにその山田長政に関する教科書の前半部分を紹介しておく。

 今から三百二十年ばかり前に、山田長政は、シャムの国へ行きました。シャムといふのは、今のタイ国のことです。
 そのころ、日本人は、船に乗つて、さかんに南方の島々国々に往来し、たくさんの日本人が移り住んで、いたるところに日本人町といふものができました。シャムの日本人町には、五千人ぐらゐ住んでゐたといふことです。
 二十何歳でシャムへ渡つた長政は、やがて日本人町の頭になりました。勇気にみち、しかも正直で、義気のある人でした。
 シャムの国王はソンタムといって、たいそう名君でありました。
 長政は日本人の義勇軍をつくり、その隊長になって、この国のために、たびたびてがらを立てました。
 国王は、長政を武官に命じ、のちには、最上の武官の位置に進めました。
 日本人の中で、武術にすぐれ、勇気あるもの六百人ばかりが、長政の部下としてついてゐました。長政は、これらの日本人の武士と、たくさんのシャムの軍兵をひきゐて、いつも、堂々と戦に出かけました。長政が、ひをどしのよろひを着け、りつぱな車に乗り、シャムの音楽を奏しながら、都にがいせんする時などは、見物人で、町といふ町がいつぱいだつたといふことです。

【 2006-08-22「反戦老年委員会」記事一部再録】

|

« 本日の国際数字比較 | トップページ | 反戦・護憲論の行く手 1 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

米ロックフェラーのオバマ米政権と韓国のカルザイによる第2朝鮮戦争挑発を止めさせよ

 先ごろ韓国メディアは「ホワイトハウスのセイモア調整官(大量破壊兵器・安全保障・軍備管理担当)が、私見と前置いたうえで「韓国が戦術核の配置を公式に要求すれば、これに応じる」と述べたが、そうした計画はない、と報じた。- YONHAP News
 しかし実際には、米国の核兵器は全部、創造主らの宇宙ブロックス管理界の命令で、2008年7月24日にプレアデスを先頭とする先進惑星から成る銀河連邦によって一掃された。そのあと、米国核兵器の補充生産と再配備も阻止されている。米国は核超大国ではなくなっている。
 その上、2008年にブッシュ政権が中国から借款した1兆ドルは2009年に使い尽くして、全然返済していない。2010年3月末にオバマが極秘で訪中して、中国人民銀行総裁と会って、さらに1億ドルの借款を懇願したが、全額未返済の1兆ドルを全部返済した後でなければ借款供与できない、と拒否された。彼と入れ替わりにガイトナー財務相とブッシュ時代の前財務相が訪中して、2人とも膝まづいて再度懇願したが、拒否された。
 さらに、2010会計年度の米国家財政は1兆ドル以上の赤字になった。こうして米国財政は破綻している。デフォルトが近い。新たなバブルも崩壊が近い。
 だから、1930年代恐慌からの景気回復がルーズベルトのニューディール政策で実現できないで、第2次大戦への参戦でやっと景気回復できた上に、世界的な指導国家になれた経験から、夢よもう一度と、2011.2.28から4月末までの長期間、米韓合同軍事演習に入って、第2朝鮮戦争の放火を目指している。
 しかし、宇宙情報によれば、先般の黄海での米韓合同軍事演習のとき、米原潜コロンビアが第2朝鮮戦争の挑発目的で「天安」を撃沈したあと、銀河連邦の円盤に撃沈された教訓に学ぶ必要がある。「天安」乗員の救援よりコロンビア乗員の救援を優先して、韓国海軍大尉が犠牲になったことと、3箇所のブイがそれを実証していた。
 今回、銀河連邦の円盤による米韓兵器体系の電気系統の稼動機能停止作戦で、歩兵以外の大多数の演習参加戦力が麻痺状態に陥っていると言われている。
 韓国軍民は、数百万枚の挑発的なビラの風船作戦も、北朝鮮領土内への軍事侵攻演習を含めた、長期の軍事冒険主義的な好戦的軍事演習も中止した方がよい。経済も、軍の装備も、戦力も劣る北朝鮮の同胞の大量殺人をやっても、韓国の栄誉にはならない。韓国のカルザイは亡国の第2朝鮮戦争挑発政治を止めるべきである。
 北朝鮮の核兵器も、米英仏、NATO、露中、イスラエル、インド、パキスタンの核兵器も、既に2008年に一掃されているのだから。米国による北の脅威説は、「アジア人同士の戦争」を挑発するための日韓への架空の挑発的宣伝にすぎない。
 自国の主人公韓国人民は、李明博こと韓国のカルザイを第2朝鮮戦争を目指す売国大統領の権力から排除すべきである。

投稿: やまと | 2011年3月 2日 (水) 23時42分

まんがの趣味はないので、この種のコメントは今後消去することになると思います。あしからず。

投稿: ましま | 2011年3月 3日 (木) 08時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/24889420

この記事へのトラックバック一覧です: 朝鮮・韓国 7:

» 폽鈀㄀ 」 [韓国 Search Anything]
先日のことです。私の友人が教えてくれたんですけど韓国についてたくさんの資料を・... [続きを読む]

受信: 2008年10月31日 (金) 10時54分

« 本日の国際数字比較 | トップページ | 反戦・護憲論の行く手 1 »