« 恐慌と清き一票 | トップページ | 守ってくれない »

2008年10月13日 (月)

日常と非日常

 毎日のように株価がストンストンと3桁4桁単位で落ちていく。世界中どこの国も。生まれてこの方経験したことのない不安。2008_10120019

 同じところを歩き、いつもと同じ買い物を。それなのに意味もなく刃物が襲いかかり殺される不安。匿名の悪意が電話や自宅の機械にひそみこむ不安。

 もっとも信頼していた役所、教師、弁護士などが不正確と悪徳の温床という不安。年金も貯金も親も子もあてにならないという不安。

 好き勝手に引っかき回し、責任もとらずに姿を消すアメリカや日本の政治家たちにまかせなければならない不安。不安にあふれた「非日常」の不安。

2008_10120002_3    そんな中に、散歩道の日だまりに金木犀が咲き散る日常。連休に親子・男女連れでにぎわう水族館の日常。日本に戦争のない日常があることしか救いがない。

|

« 恐慌と清き一票 | トップページ | 守ってくれない »

散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/24474796

この記事へのトラックバック一覧です: 日常と非日常:

» 青い鳥見つけた [虹色オリハルコン]
その朝、雨戸を開けたら、思わず、目を疑るような 美しい光が目に入ってきました。 しまい忘れた布団干しが、オレンジ、青、黄色、ピンクと、いろいろな光を放っていました。 夜の間に降った、雨のしずくに、朝日が当たっていたのです。 何十年も生きてきたのに、こんな身近にあるこの美しい光景を 私は、今まで知らなかったなんて・・・ まるで幸せの青い鳥のよう。 遠くへ行かなくても、すぐそばにあるんですね。 ・・・・もう少し、いいカメラが欲しくなった今日この頃(笑)... [続きを読む]

受信: 2008年10月14日 (火) 11時19分

« 恐慌と清き一票 | トップページ | 守ってくれない »