« アフガン妄想 | トップページ | 大正デモクラシー① »

2008年9月 1日 (月)

敵前逃亡辞任

晩節を汚した。----------------

一夜あけて記事を継続する。

 首相・福田康夫の淡々とした(ように見える)辞任会見、そして公明党を含む与党幹部の、「いま聞いたばかり、驚いた」という発言。私はその中に、この辞任を仕掛け、詰め腹を切らせた張本人がとぼけた顔でコメントしているのを見たような気がする。

 市民は、みんなこのタイミングで「自発的」に辞任したことを不審に思っている。いずれ真相がわかるかどうかはわからないが、ある強制力が働いたことだけは想像にかたくない。

 あるとすれば、急にわがままなだだっ子ぶりをあらわにしている公明党である。テロ特措法、これは自公で大幅に修正を加え洋上給油法案として野党に提示するなどの妥協が可能だろう。

 問題は、定額減税実施の要求である。福田総理が政策理念を明確にしないという点がここでは裏目にでた。これが選挙目当てのバラマキであり、赤字国債などとんでもない、というのが政権を担当する総理の真意ではないか。

 実は、公明党も窮地に立たされている。自民党に妥協しすぎる、という創価学会からの声はあるものの、あくまでも与党の地位を捨てるな、という至上命令もある。

 すると、総選挙の成り行きによっては、民主党との連立の余地も残しておかなければならない。仮に参院のねじれ現象のまま、自民との連立を継続させるとすれば、今まで以上の発言力・影響力が行使できるような地位を築くことが求められている。

 総理は、この先の要求がエスカレートしていくことを恐れたのではないか。次期総理・総裁を目指す麻生幹事長にとっては、だだっ子のいうままなだめるしか手がなく、総理の意中の政策が通らない。

 「次の人にやってもらうしかない」という総理の告白は本音だろう。総理の辞任が公明にとってプラスなのかマイナスなのか、結論はまださだかではない。しかし、公明が自・民を両天秤にかけるのなら、与党じり貧のまま解散を迎えるよりメリハリの利いた変化があった方がやりやすいことだけはたしかだろう。

|

« アフガン妄想 | トップページ | 大正デモクラシー① »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

色々言い分はあるんでしょうが、辞める覚悟があれば党をぶっ壊す(笑)ぐらいの気持ちでやりたいことをやればよかったのにという気もします。
失礼ながら党内での今後の居場所確保にこだわるお年でもないでしょうに。

投稿: locust72 | 2008年9月 2日 (火) 08時08分

locust72 さま
なにか知った風に書き足しましたが、日本の政界の台風の目は公明党のような気がしてきました。
しっかりした戦略目標を持つのが強みです。
しかし、同党の頭打ち傾向は動かないと思います。
政治の健全性はいつか達成できる日があるのでしょうか。やや悲観的です。

投稿: ましま | 2008年9月 2日 (火) 13時25分

>『日本の政界の台風の目は公明党』
>『しっかりした戦略目標』

創価学会が戦略目標を持ているとは思いますが、其の目標は『政権』です。
単独では握れるだけの実力が無いのでその時々の有力政党と連立を組んで政権入りしていますが、政治路線や教義もよく判らないカルト臭い宗教勢力が政権中枢に座る様では、日本の政治はアフガニスタンのレベル以下の水準です。

投稿: 逝きし世の面影 | 2008年9月 3日 (水) 11時01分

 前任に引き続き、突然の電撃的な辞任劇には驚かされましたネ・・・★ っというか、今後はこういうことにだんだん驚かなくなっていってしまうんでしょうか・・・? 何となく、敵前逃亡を図ったような印象を与えますね・・・。
 これでいよいよ政権交代となるのでしょうか・・・? ただ、政権交代が本当に好ましい選択とも、このままずるずると現在の与党政権が続くのも、どちらも国民生活にプラスになるとはどうも思えず・・・・・。

 公明党から首相でも出て、某仏教団体の君臨する《宗教国家》でも誕生するんでしょうか・・・? 

投稿: 棘入り《妄言録》!  | 2008年9月 3日 (水) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/23418492

この記事へのトラックバック一覧です: 敵前逃亡辞任:

» 2004年5月福田康夫内閣官房長官j辞任 [逝きし世の面影]
2008年9月1日突然辞任表明した福田康夫首相だが、事情を知っている関係者にとっては突然でも何でも無く、大分前から判っていた予定事らしい。 今日発売のサンデー毎日(14日付け)には、10月下期に福田首相辞任で年末解散の大文字が踊る。 『公明党に辞めさせられた』 辞任の理由は色々だが公明党の力が矢張り大きい様だ。 来年夏に東京都議会選挙が国政並みに大事な公明党にとっては、来年秋の衆議院任期満了まで待てない事情があった。 公明党にとっては、何としても『年末か年始の総選挙』は至上命令だった。 それと公... [続きを読む]

受信: 2008年9月 2日 (火) 17時12分

» 遂にやったか [狸便乱亭ノート]
          テレビを殆ど(全くと言っても差し支えないほど)見ない小生は、福田首相辞任のニュースは、今朝の新聞記事で初めて知った。 最大の中抜き活字が並ぶ。   福田首相辞任    『国会運営手詰まり      2代連続政権放棄』という副題見出しが続く。  何故かボクには安倍首相辞任の時のような怒りも、感激も湧かなかった。むしろ同情した。 日中関係や、インド洋でに給油活動に思いを馳せた。オレですら国の行方を考えていることを確認できた。  ボクはブログばかりでなく、日記を書いているので、久しぶ... [続きを読む]

受信: 2008年9月 4日 (木) 08時51分

» 与党も野党も『小泉的なもの』を総括せよ! [とくらBlog]
 昨日は、新南陽ふれあいセンターで、山口1区予定候補のたかむら勉さんを囲んで、意見交換する会がありました。  参加された方から、「民主党は、まだイラク戦争に対する対応についての総括ができていない。小泉内閣の時代にアメリカに追従し、今のような日本になっていることを、野党が追求できていないことは大変残念だ。無差別殺人も多発し、今の日本は、内乱状態だという方もある。このように、日本をめちゃくちゃにした小泉さんの責任を問うべきだ。」というご意見が出され、私まで、スイッチが入ってしまいました。  たかむら... [続きを読む]

受信: 2008年9月 6日 (土) 06時20分

« アフガン妄想 | トップページ | 大正デモクラシー① »