« イスラエル関係メモ | トップページ | お彼岸 »

2008年9月21日 (日)

世論操作

 日曜日午前のTV番組には、先週1週間のニュースを振り返り解説するという趣向が多い。当然、アメリカのリーマン・ブラザーズの破綻とか政府による資金投入などが取り上げられた。その中で、解説する専門家の多くが、やや極端に過ぎるような景気悲観論を振りまいていた。

 そういった論評をするジャーナリストを、非国民扱いにして「財界攪乱罪」で検挙するという噂が飛んだり、株式などで「売り」を得意とする仲介業者が、一斉に所轄の警察に呼び出され事情聴取されるということになったら、どうなるだろう。

 そういった事が、実は昭和4年の金解禁の際に(1929)にあったのだ。『東洋経済新報』の昭和5年1月25日号にこうある。

 聞く所に依れば、解禁実施の前日かに、売屋と目される東西の株式仲買店主は、所轄警察署長に召喚せられ、尋問を受けたといふ。これ、政府が金解禁政策を遂行せる以来、市場の崩落を伴ひ、動揺以外に大なりし為に内心不安に襲はれ、其の実施を機会に、更に動揺なきかを懸念して、売方に官権の圧迫を加えたに外ならぬ。

  また「財界攪乱罪」云々は、当時新平価解禁論で高名を馳せていた高橋亀吉が、新聞記者を通じて忠告されていたというから、その筋からの世論操作が相当露骨に行われていたということだろう。昭和3年に治安維持法を強化し、関東軍による張作霖爆殺を「満州某重大事件」などと真相を伏せて報道させた時期である。

 記事差し止め、発禁などの言論圧迫・弾圧はこの頃から目に余るようになった。そして昭和6年の満州事変の頃にはマスコミの抵抗もかげをひそめる。軍の専横まであとはまっしぐらだ。その結果の敗戦から60余年、政府の世論操作の遺伝子が息を吹き返す、なんて全く気味の悪い話ではないか。

(本稿は有沢広巳『昭和経済史・上』を参考にしました)

|

« イスラエル関係メモ | トップページ | お彼岸 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/23915162

この記事へのトラックバック一覧です: 世論操作:

» 盛り上がりを欠いた自民総裁選、面白かった民主小沢代表3選 [「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう]
今日、22日で、「自民党総裁選ショー」という名の猿芝居の決着がつく。 すでにマスコミで、大勢の予想が伝えられており、積極財政論(ただし、公共事業・箱ものばらまき型)の麻生太郎が1回目の投票で当選を確実視されている。国会議員票の6割、地方県連の票8割を固め..... [続きを読む]

受信: 2008年9月22日 (月) 03時11分

» 【遺伝子】ゲノムにある「朝」・「昼」・「夜」の3種のスイッチを網羅、データベース化 [【究極の宗教】Physical Mankindism【PM】 by Humitaka Holii (堀井文隆)]
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1221535154/ [続きを読む]

受信: 2008年9月23日 (火) 02時49分

» 【歴史】1932年の今日、韓国独立軍と中国人部隊からなる韓中連合軍が満洲で大攻勢を仕掛け、日本側に完勝 ★2 [09/19] [【究極の宗教】Physical Mankindism【PM】 by Humitaka Holii (堀井文隆)]
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1221923226/ [続きを読む]

受信: 2008年9月28日 (日) 11時58分

« イスラエル関係メモ | トップページ | お彼岸 »