« 送り盆に捧げる | トップページ | 臨時国会召集日 »

2008年8月18日 (月)

中国のウソとマコト

 北京オリンピックもここまで順調に日程をこなしている。このまま閉会式まで行けば、中国にとって“まずまず”の成功をおさめたことになり、世界にとって“ほどほどの”成果が得られたということになるだろう。

 中国にとっては、いろいろな難関を乗り越えて、オリンピック開催を先進国並みにこなした成熟度を世界に示せたことになる。また世界には、経済巨大国に向けて止まることのない成長を続ける社会主義国家が、これを機会に徐々にではあるが、その不透明さと閉鎖性から抜け出す期待を抱かせるものがあるからだ。

 毒入り餃子事件の真相解明は、まだ時間がかかりそうだが、もはや中国で被害者がでたことの通報以前に事態を戻すことはできない。オリンピックの成功で胡錦濤政権が自信を深め、より情報開示に積極的になったり、チベット族などとの共存・和解を進展させる機運がでれば、世界的な評価を手にすることになるだろう。

 一方、このオリンピックで中国ならではのいろいろな情報が伝わってくる。その中に、開会式で少数民族の衣装を着せた子供達が出身民族の子ではなく漢民族の子だつたとか、国家を歌う子供の声は実は別の子で映像にでた子は「口パク」だったとか、花火の映像はCGの合成写真だ、というのがある。

 これについて、ネットチルドレンならともかく、一部指導層までが「やはり中国は信用できない」などと嫌中・蔑中論をあおっている。もちろん広い中国だから「これはよくない」という国内意見もある。しかしなにしろ「白髪三千丈」、そして「南京虐殺30万」のお国柄である。いちいち目くじらをたてるときりがない。

 日本では、このところTVのやらせが問題になるが、本当かウソかは視聴者が判断すればいいわけで、「イラクは大量破壊兵器を隠している」などという戦争や殺人を伴うウソならともかく、害のないウソを楽しむ、というのは文化のひとつである。

 前回、『平家物語』の書き出しを紹介したが、中味にこんな話もある。

 平清盛が重病を受けたと聞いた京中、六波羅では、「すわ、しつる事を(そら見たことか)」とささやきあった。清盛はその日から水ものどに通らず、体の中は火をたいているようになり、寝床の周囲4、5間内は暑さに耐えられなかった。清盛はただ、「あた、あた」としか言えない。比叡山から来る冷水を石の舟に入れて冷やそうとしてもすぐ沸き上がり、筧の水をかけると焼け石や熱した鉄板の上のように水がはじけ、それが炎となって黒煙をあげ殿中にうずまいた。

 いくら昔とはいえ、当時の人が琵琶法師の語るこんな話を真実だと思うはずはない。そのオーバーな話を受け入れ楽しんでいたはずだ。この物語そのものが中国伝来の仏教や道徳観をベースに組み立てられているが、翻訳ではない。やはり、日本人の心を完全に取り込んでいる代表的な物語なのだ。

 中国には、「虚実論」というものがあるという。その神髄を説明する自信はないが、ウソとマコトを切り離さず、相対的な概念としてとらえ思考していくということだろうか。こういった平衡感覚と発想は、中国3000年の長い思想遍歴の中から生まれたものである。

 儒教、仏教はいうまでもないが、日本特有と思われている神道でさえ、道教の影響を否定できない。かつての日本の「国体」という天皇中心の発想や教育勅語も、すべて中国の思想の影響を受けている。ところが、それを復活させようと言う人に限って、嫌中・反中に走るのは、どうも解せないことだ。

 日本は、明治維新以来中国・朝鮮の冊封体制をよそに、いち早く欧化を進めた。これが日本人の優越感、ひるがえって周辺国の蔑視につながったようだ。また戦後、冷戦や高度成長の中でアメリカナイズが日本を覆いつくし、ついに日中間には相容れることのないへだたりがあるという「錯覚」に陥ってしまったように見える。

 オリンピック後の両国関係は、相違点ばかりをあげつらうのではなく、共通点を再発見し育てていく習慣をつけていくことが肝要となる。-永遠平和のために-為政者は道を誤らないようにしてほしい。 

|

« 送り盆に捧げる | トップページ | 臨時国会召集日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

∥戦後、冷戦や高度成長の中でアメリカナイズが日本を覆いつくし、ついに日中間には相容れることのないへだたりがあるという「錯覚」に陥ってしまったように見える。∥
ここが不思議ですよね?停戦を遅らせアメリカ・ロシアをそそのかし、徹底して日本を追い詰め、原爆投下という未曾有の戦争被害をもたらす起因を作った中国が、錯覚を起こして日本を敵視してきた事自体が矛盾に満ちているように思うのですが…?
結局、中国は周辺諸国侵略という大義名文が日本に適用出来なかった事が下世話に云えば悔しくて仕方なかったのでしょう?
後文を読むと日本は中国文化を多く取り入れた国だから中国に逆らうな!中国の言いなりになれ!中国を敵視するな!と聞こえますが、思い違いでしょうか?
異文化導入を図り、それを日本独自の文化に昇華させて来た事に、誇りこそあれ卑下観はまったくありません。大陸文化も同じようなものですから。
日本は国家として認められた世界の一国です。主権侵害は認める事はできません。
ちなみに私は嫌中・反中ではありません。オリンピック開会式で行なわれたCG・口パクなどは現在のショービジネスでは当たり前の事ですので。


投稿: YT | 2008年8月18日 (月) 11時32分

コメントありがとう。
前段の歴史の部分とその評価、侵略を否定しているようですが全く意味がわかりません。参考文献があったら教えてください。
後段「中国を敵視するな」とは言っていますが、それ以外のことは言っていません。どうしてそうなるのでしょう?。

投稿: ましま | 2008年8月18日 (月) 14時10分

こんにちは。
確かに周辺国蔑視は我々日本人の潜在意識にだいぶ染み込んでしまっているようにも思えます。
欧米人から「笑われる」ことを恐れて必死に合わせようというような雰囲気が支配していたのは割りと最近だったと思うのですが。
いつのまにか日本はすっかり「世界標準」で、「遅れた」周辺国をバカにするようになった気がします。
個人的には「欧米的なるもの」よりも価値観など含めた広い意味で日本はやはり非常にアジア的だと思うのですが。

投稿: locust72 | 2008年8月20日 (水) 08時06分

locust72 さま
最近あまり使われなくなりましたが「東洋人的諦観」という、西洋人にはない心理をいいあらわすことばがありますね。

最近はなんだか、西洋人以上にそんなこととは縁遠い人が多くなったように思えます。

よくは知りませんが、西洋でも古典哲学の影響というのは薄れてきているようです。

投稿: ましま | 2008年8月20日 (水) 22時52分

我々は日本人であり、日本として中国とどう向き
合うかと、個人的に中国人とどう付き合うかは
分別する必要がある。

中国が平気で捏造してくることは、もはや当然の
ことなのだから、日本としては最大限の警戒を
怠るべきではない。個人的にどう付き合うかは、
「まあいいじゃん」と大らかに構えるのもアリ
だと思いますけど。

まあ、私は親から「信頼できる子とだけ友達になり
なさい。」と教わりましたので、近所にいると
言うだけで大目に見る必要は全くないと思ってます
けどね。

投稿: 通りすがり | 2008年8月22日 (金) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/23058511

この記事へのトラックバック一覧です: 中国のウソとマコト:

» ガのひとやすみ [ミクロネシアの小さな島・ヤップより]
車の掃除をしていると、助手席の窓にガが止まっていた。ドアを動かしてもちっとも逃げない。思い立ってカメラをとってきた。 田中宇の国際ニュース解説:覇権の起源のメルマガ版を読んで、ふだん何気なく読んだり言ったりしている覇権というコトバについて考えた。たとえばミクロネシア連邦のように、財政の大部分を他国の援助に頼っている国では、スポンサー国は覇権国、決して心底好きではないが、援助を止められたら困るので、言うことを聞く(聞かざるを得ない)。最近は、ミクロネシアに対する日本の覇権度なんか、どんどん下降す... [続きを読む]

受信: 2008年8月18日 (月) 23時21分

« 送り盆に捧げる | トップページ | 臨時国会召集日 »