« 終戦記念日と各党 | トップページ | 中国のウソとマコト »

2008年8月16日 (土)

送り盆に捧げる

 今日は送り盆。日本の古典より権力者に捧げる。
『平家物語・巻第一祇園精舎』

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰のことわりをあらわす。おごれる人も久しからず、唯春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、偏に風の前の塵に同じ。520daimonji_2

 遠く異朝をとぶらへば、秦の趙高、漢の王莽、梁の周伊、唐の禄山、是等は皆旧主先皇の政にもしたがわず、楽しみをきはめ、諫をも思ひいれず、天下の乱れむ事をさとらずして、民間の愁ふる所を知らざッしかば、久しからずして、亡じにし者どもなり。

 近く本朝をうかがふに、承平の将門、天慶の純友、康和の義親、平治の信頼、此等は、おごれる心もたけき事も、皆とりどりにこそありしかども、まぢかくは、六波羅の入道前太政大臣平朝臣清盛公と申しし人の有様、伝へ承るこそ心も詞も及ばれね」

|

« 終戦記念日と各党 | トップページ | 中国のウソとマコト »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

ごぶさたしてます。
昨夜は、久方ぶりに友人たちと集まって、左大文字の送り火見物に出かけました。

近すぎて、「大」の字の下の方が、山の木陰に隠れてましたが、その分、迫力はありました。そして、徐々に弱くなって消えゆく炎に、そこはかとなく寂しいものを感じてみたり……。ああ、夏が終わってゆく……。

でも、今日もまだまだ激しく暑く、長い残暑が続きそうです。ビールは高いし二日酔いもあるので(汗)、熱いお茶で暑気払いしつつ、乗り切っていきたいと思います。
ましまさまも体調にはお気をつけて。更新、楽しみにしています!

投稿: 仲@ukiuki | 2008年8月17日 (日) 21時24分

コメントとお見舞いありがとうございます。
一夜明けた東京は急に涼しくなり、9月中旬なみとやら。

ご先祖様ならぬ孫達も昨日送り出し、急にしずかになりました。その間とぎれがちになったエントリーもぼちぼち復活させていきます。

これからもよろしく。

投稿: ましま | 2008年8月17日 (日) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/23019917

この記事へのトラックバック一覧です: 送り盆に捧げる:

« 終戦記念日と各党 | トップページ | 中国のウソとマコト »