« 庶民の戦争責任8 | トップページ | ロシアとグルジア »

2008年8月 9日 (土)

庶民の戦争責任9

 ややためらいながら始めたこのシリーズも、一気呵成にやらないと中断しそうで、ついに9回を重ねました。終戦記念日や旧盆休みを前に、そろそろここらでケリをつけたいので、また最初の頃のように「です・ます」調に戻します。

 「思想」という言葉を知ったのはやはり中学に入ってからです。勉強ができて文学が好きで物静かな男などに「彼は思想をもっている」と言う場合は、決まって悪い意味でした。なにしろ特高(特別高等警察)を「思想警察」といったり、「思想犯」があげられたりするわけですから、アンタッチャブルに越したことないよ、という含みがあります。

 母達の井戸端会議にも、そういう「はれ物にさわるような」話題があったようです。警察に1日、2日留置され、嫌疑が晴れても「応召されたら危ない戦地に行かされ、帰ってこれない」なんていう話です。「あいつは思想がない」などというのが、さげすみの意味を持つようになったのは、戦後しばらくたってからです。

 特高ができたのは、親たちが生まれた頃までさかのぼります。社会主義者・幸徳秋水らが明治天皇暗殺に関係ありという嫌疑で暗黒裁判にかけられ、死刑にされた1911年からスパイ養成なども任務に加えて活動をはじめました。

 悪名高い治安維持法は1925年成立で、「国体ヲ変革シ、及ビ私有財産制度ヲ否認セントスル」結社および運動の禁止・処罰に根拠を与えました。「国体ヲ変革シ」というのは、あの人気の高い明治天皇を殺し、怨敵だったロシアにつながるソ連のような国にする、ということで、庶民にとってはコワい話だったのです。

 さらに私有財産制度否認、これは共産主義者そのもののことで、「思想」→「反戦」→「天皇の軍隊否定」→「天皇制否定」→「テロ」→「共産主義者」という連想が庶民にはたらき、手のとどかないところ、手をつっこんではいけないところというという意識が働いていたと思います。

 さて、結論を言いましょう。庶民の戦争責任をいうなら祖父母の時代までさかのぼらなければならなりません。だけど「こうしたから」「こうしなかったから」という理由で、さきの戦争責任を特定の世代に問うことはできません。

 日本の過去の政治の仕組みから見て、庶民が政治、ことに戦争といった高度な統治行為に責任を果たせるような場面はなかったし、そのための情報も与えられていなかったということではないでしょうか。繰り返しになりますが、現在の常識・価値判断で過去の評価をすることはできない、また、それで責任の所在を拡散させてはいけないということです。

このシリーズのバックナンバーは、カテゴリ「戦争責任」でご覧下さい。

|

« 庶民の戦争責任8 | トップページ | ロシアとグルジア »

戦争責任」カテゴリの記事

コメント

 読みました・・・。
 当時の日本の一般の庶民に、あの戦争の責任がないかと言えば、「全くない」とは言い切れない部分はあると思います。特に対外的には、日本人は、過去の過ちをこれからもずっと背負っていかなければならない部分はあると思います・・・。

 ただ、それは当時の軍部や一部権力者(そして天皇も入るのかもしれませんが・・・)の横暴で始められた蛮行の責任の所在を、一般国民にも転嫁する、こういう論調は許せませんね・・・。武力・警察力で半ば脅して従わせておいて、「そういう人達にも責任はある」との発言が堂々となされることには憤りすら感じます。

投稿: 棘入り《妄言録》!  | 2008年8月 9日 (土) 21時10分

駄文をあきもせず読んでいただきありがとうございました。
また、追補を書くことになるかも知れませんが、やはり「責任」という言葉は正鵠を得てないように思います。
別の表現で「反省」ならわかります。その証が憲法9条擁護と厳守であり、不可侵・平和を追求すること、これが一日本人として前向きな責任の取り方だと思います。

投稿: ましま | 2008年8月10日 (日) 10時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/22878416

この記事へのトラックバック一覧です: 庶民の戦争責任9:

» ルワンダ政府報告書「大虐殺にフランスの政治家ら関与」(メモ) [逝きし世の面影]
『ルワンダ大虐殺の報告書、元仏大統領らの関与を指摘』 (ルワンダ・キガリ) ルワンダ政府は5日、1994年4─7月に80万人が犠牲になった大虐殺の報告書を発表し、故ミッテラン元大統領やドビルパン元首相など、当時のフランス当局者が関与したとの見解を示した。 仏政府は90年からのルワンダ内戦で、自国民保護による派兵やフツ族中心のルワンダ政府への武器供与などを行っていた。 ルワンダ政府や虐殺を免れた人々の組織は、虐殺を主導したフツ族強硬派民兵組織や当時の政府軍を訓練し、武器を提供したとして、これ... [続きを読む]

受信: 2008年8月10日 (日) 13時36分

» 「上官の命令は朕の命令」の戦陣訓と当時の空気 [老人党リアルグループ「護憲+」ブログ]
竹槍訓練は東京でも例外ではありません。完全武装した大の男に女子供が竹槍で戦う、こんなことを企画した指導者の愚かさもさることながら、これを「ばかばかしい」とも「無駄だ」ともいえなかった当時の空気こそ私のもっとも嫌いなものでした。 「上官の命令は朕の命令と心得よ」の戦陣訓は、マルキ・ド・サドも顔負けの多彩ないじめを生み、日中戦争以後国民の間にも上官=軍、官 部下=一般人という構図で急速に広がって行く。 何しろ上官は朕で、朕は神様なんだから向かうところ敵なし!そして神にまつろわぬ者として主義者(マルキ... [続きを読む]

受信: 2008年8月15日 (金) 14時41分

« 庶民の戦争責任8 | トップページ | ロシアとグルジア »