« 独立行政法人 | トップページ | 隠れ家 »

2008年7月 1日 (火)

コピペ

 今朝のNHKTVニュースで、大学生のレポート提出に「コピペ=コピー&ペースト(貼りつけ)」を利用したものが多く、教授たちを悩ませているという報道があった。教授たちがこれを見破るのは難しいことでないという。

 これを聞いて、「アッ、そうか」と思い当たるふしがあった。当塾は検索による来訪者が比較的に多い方だと思うが、先月、エントリーした記事のうち、特定部分をそのまま連続した110字のフレーズで検索を受けた。最近、長いフレーズの検索はあるが、自からの文章をそのまま使って検索されたのは初めてのことだ。

 「なんじゃいな、これは」と思った。だけど教授が学生のレポートをコピーして、これを検索の窓ににペーストし、出所を突き止める作業だったとしたらわかる。最近は見破り専用のソフトもあるというから、学生さんご用心!。

 著作権法の解釈で「私的利用」に入るのかどうかわからないが、同じ大学内では他人のレポートとの競合関係が生じるので「私的利用」とは言えないだろう。せめて学術論文なみに出典のクレジットとか引用のルールを守ったコピペにしてほしい。

 秋葉原の無差別殺人に狂奔した男が、「宿題は親の作品、それで成績はトップ」などと過去の人生を述懐しているそうだが、そんなコピペでは精神衛生上よくないでしょう。当塾には無断でもいいから、堂々と出所を明らかにして、大いにコピペに励んでいただきたいものだ。

|

« 独立行政法人 | トップページ | 隠れ家 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

昔話です。小生の場合
中学口頭試問は「青少年に賜りたる勅語」の暗誦を求められました。
控え室に戻って、
同僚「起立してやったか」
小生「座ったままやっちゃった」
同僚「そんでわ、ダメだ。間違えなく落とされるょ」
小生「…」
絶対絶命と観念しました。
しかし、彼が落ち、オレは拾われました。噫!悪運。

投稿: tani | 2008年7月 2日 (水) 15時27分

終戦の詔勅は小学校校長である祖父の家で聞きました。祖父は正座してたかも知れませんが立ってはいませんでした。ボクはどうしていたか覚えていませんが、多分柱を背に膝小僧でもかかえて座っていたのでしょう。祖父は何も言いませんでした。

投稿: ましま | 2008年7月 2日 (水) 17時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/22003569

この記事へのトラックバック一覧です: コピペ:

» バチカン奇跡の証明、キリスト教に潜むカルト [逝きし世の面影]
『バチカン:奇跡の証明 厳正調査に5年』毎日新聞 2008年7月1日 【ローマ藤原章生】 世界各地のカトリック教徒の間には、さまざまな「奇跡」が伝わっている。 聖書の中にではなく、「病気を治した」など、地元に伝わる「現代の奇跡」だ。 信徒に「本当?」と問えば「バチカンのお墨付き」と答える。 ではバチカンは、どうやって真偽を見極めるのか。 「聖母の人形が輝き、重い病を治した」。 そんな話が伝わる中南米やアフリカの聖地では必ず「バチカンの専門家が認定した」と聞かされた。 専門家とはバチカン(ローマ法王庁... [続きを読む]

受信: 2008年7月 1日 (火) 14時29分

» コピペ [狸便乱亭ノート]
          {/note/}{/pen/}朝飯の茶の間にテレビがかかっている。 画面番組はNHK「おはよう日本▽大学に広がる"コピペ"」 ボクはこの"コピペ"なる言葉をはじめて聞いて知った。 もう一度みたい番組なので、ネットで検索したら、Wikipediaにつぎのようにあった。 コピー・アンド・ペースト(Copy and Paste)とは、文章やデータなどをコピー(複写・複製)し、そのコピーしたものを貼り付け(ペースト)するという操作を表すコンピュータ用語である。略称としてコピペを使うこ... [続きを読む]

受信: 2008年7月 2日 (水) 14時47分

« 独立行政法人 | トップページ | 隠れ家 »