« 地中海連合に注目 | トップページ | 底流に変化が »

2008年7月16日 (水)

北朝鮮の本音

 北朝鮮の金剛山で韓国人女性が射殺された事件で、北朝鮮側は韓国政府による現地調査の受け入れを拒否、証拠提出や公文受信拒否などこれまでの積み上げを、一挙に白紙にもどすようなかたくなな態度をとっているようだ。

 これで見ると、日本と約束した拉致問題の再調査、さらに踏み込んだ日本官憲によるチェックなどにとうてい応ずる構えはないだろう。いまのところ報道される事実関係を追うしかないが、アメリカのテロ支援国家解除の動きを受けて、金政権の姿勢に大きな変化がでてきたのではないだろうか。

 つまり、「ならずもの国家」であっても「テロ支援国家」でなければ、東アジアの安定を考えた上で温存しておいたほうがアメリカの国益にかなう、ということだ。また、地続きの中国・韓国がおそれるのは、北の急激な崩壊で、内乱や難民殺到による被害を被ることである。独裁政権であっても話し合いができる相手がなくては困るからだ。

 これまで日本では、各国の援助がなければ、明日にでも民衆蜂起などで金政権が崩壊するような情報が蔓延した。拉致問題表面化以来、何度かの天災被害もあって、政権崩壊が何度起きても不思議でないのに政権は微動だにしなかった。

 このところの6カ国協議や、韓国に対する変化を見ていると、金王朝維持のためには改革解放はしない方がいいと思いついたのではないか。アメリカとの緊張緩和があれば、もはや日本・韓国の経済支援は急がないでいい、民を「生かさず殺さず政策」のもとにおくにはその方がいいということだ。

 テロ支援国家解除で、欧州など遠国は競って資金投入や利権を求めてやってくる、それだけで十分だと考えているのではないか。6カ国の核廃棄見返り重油を要求しているが、これは、停電恒常的な停電緩和のためで、そんなに緊急性のあるものとは思えない。

 そうなると、福田首相の「私の任期中に解決」は非常に難しくなるだろう。日本は次の手を早く考えないと、また後手に回り、国際的な孤立の淵に沈まなくてはならなくなる。それもあえて辞さずというのか、あるいは誰も考えない奇想天外の手があるというのであろうか。

|

« 地中海連合に注目 | トップページ | 底流に変化が »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/22332275

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮の本音:

» 北朝鮮、当初の主張変える=警告射撃は1回だけ-金剛山射殺事件 [ニュースサイト ]
【ソウル16日時事】北朝鮮の金剛山で韓国人女性観光客が北朝鮮兵士に射殺された事件を受け、15日まで訪朝していた韓国企業・現代峨山の尹万俊社長は16日、ソウルで記者会見し、北朝鮮当局から聴取した結果、北朝鮮側が当初の説明を変えたことを明らかにした。 尹社長によると、北朝鮮側は軍事統制区域に800メートル入った地点で女性を発見。女性が500メートル逃走したところで射殺したと説明した。当初は1.2キロ入った地点で制止し、女性が約1キロ逃走したと報告していた。 また、女性が宿泊先のホ...... [続きを読む]

受信: 2008年7月16日 (水) 16時08分

» 【核問題 ヒル次官補、北の核申告が不完全だと認める…非公開の米下院特別委で説明 [07/16] [【究極の宗教】Physical Mankindism【PM】 by Humitaka Holii (堀井文隆)]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1216205365/ [続きを読む]

受信: 2008年7月16日 (水) 23時31分

» あのとき北鮮がなにをたくらんでいたのか、 [罵愚と話そう「日本からの発言」]
「真日本主義・安倍、山崎氏の泥仕合 」について  あのとき北鮮がなにをたくらんでいたのか、の想像は寺越武志のケースが参考になる。このケースでは、いま山崎拓が主張しているように、一時帰国を実現させた結果、被害が被害者本人から家族へと拡大しながら、事態は根本的な解決から徐々に遠のいて、日本外交が国家犯罪に取り込まれてしまった。つまり、日本外交は仲介者から加害者の立場に、徐々に変化しているのだ。おなじようなまちがいを、韓国政府も犯している。横田めぐみさんの夫とされる金英男の家族が訪朝したケースが...... [続きを読む]

受信: 2008年7月18日 (金) 09時43分

« 地中海連合に注目 | トップページ | 底流に変化が »