« 漂流する安保 9 | トップページ | 続・地震の命名 »

2008年6月17日 (火)

地震の命名

 「東北地方で強い地震がありました。震度6強、奥州市、栗原市」などと速報で言われても、どこのことやらサッパリわからぬ。宮崎県がどこにあるのか知らない、というのはチョットひどいが、奥州市の正解率は一体何パーセントあるのやら。

 家のパソコンでも「押収し」と答える。でも市の名前は、地元民が選んで付けたのなら何をかいわんや。正式地震名は気象庁がつける。「岩手県・宮城県内陸地震」なんだそうだ。これもまたサッパリ位置が特定できない。市民感覚からかけはなれた官僚主義の命名だ。

 ちなみに、この前の新潟県の地震、「新潟県中越沖地震」「新潟県中越地震」だ。一字加わるかどうかの違いだけで区別しにくい。これも地元民の感覚から遠く、当時から非難ごうごうだったようだ。前者は「柏崎沖」「刈羽沖」「西山沖」とでもした方が地理的にも被害の実態からもピッタリくる。

 いったい気象庁は何を基準に名前をつけるのだろうか。また、マスコミも唯々としてそれに従うだけで能がない。今回も「栗駒山地震」と命名すれば、地域は特定され、映像で見る山崩れや孤立する集落など被害の実態や特徴がつかみやすく印象に残る。

 栗駒山は名を知ってはいたが、たしかに知名度は高くない。しかしこれで有名になることは誰にとってもマイナスではない。被害県は宮城・岩手・秋田の三県にまたがるのだからこの方が公平だ。地震の命名などそれこそ民間委託して、気象庁は本来業務に専念して欲しいものだ。 

|

« 漂流する安保 9 | トップページ | 続・地震の命名 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

昔、「秋田沖地震」というのがありましたが、政治家から、「被災地域の支援に関わるので被災地域全体を示す名称に変えるように」と気象庁に指導が入りました。
気象庁側は「震源地主義」を主張し猛抗議したそうですが、結局、政治家には逆らえず、「秋田沖地震」は「日本海中部地震」という名称に変えられてしまいました。
以後、地震のネーミングは変わってしまったのです。

投稿: Runner | 2008年6月17日 (火) 18時13分

政治介入はあるようですね。阪神淡路でもあったようで、こっち震災、新潟は地震です。政治家がからむと被災者はむしる傷つく。
アメリカのようにハリケーンや台風に女性の名をつけるようなしゃれっ気がない。江戸時代は「振り袖火事」などもあった。
だから被災者を無視するとか援助が偏るとかにはならない。
要は、今の政治のレベルが世界最低ということですか。

投稿: ましま | 2008年6月17日 (火) 18時40分

私の予想では、地震も台風のように「地震1号」とかになってしまうのではないかと思います。
いや、政治家がうるさいから、もう、既に気象庁はそうしたいのかも知れません。

投稿: Runner | 2008年6月17日 (火) 23時39分

地震1号ねえ…、しゃれっ気だとか味気がないなねえ。そういうと「被災者の神経を云々」という声が聞こえそうだが、日本人も長い間自然災害を乗り越え立ち向かう心の余裕を言葉であらわそうとしていたんだと思います。
奥羽大風水害で飢饉続発の迷惑年(明和9年=メイワクネン)だとか…。もっとも時の気象庁・天皇家はそれを聞いて安永元年と改元しました。しかし暗影元年なので翌年も災害が収まりませんでした。

投稿: ましま | 2008年6月18日 (水) 07時14分

余談ですが、事件のネーミングもいい加減なものがありますね。
こちらの方は、特に理由もなく、単なる怠慢でしょうね。
「帝銀事件」とか「グリコ・森永事件」とかならわかるんですが、「福岡事件」とか言われたら、どの事件かわからないでしょう。
地震にせよ事件にせよ、こんなふうに、いい加減なネーミングをしていると、そのうち、名前が「品切れ」になるのは時間の問題で、結局、台風のように番号にせざるを得なくなりますよ。

投稿: Runner | 2008年6月18日 (水) 19時36分

「柏崎沖」「刈羽沖」という名前の地震にならないのは、柏崎刈羽原発があるからではないだろうかと思いました。原発の間近に断層があったわけで、命名する人が少なくとも政治的圧力を感じていたはずだと私は勘ぐってしまいます。

投稿: カーク | 2008年6月20日 (金) 06時22分

カーク さま
人間が古いな…とつくずつ感じます。
刈羽はもと郡名で附近一帯についていた(今は刈羽村のみ)、越後では最も古い(たしか大化改新前からある)権威のある名です。
西山は、もと町名で柏崎に合併され原発所在地ですが、本来は長岡から見て西に連なる丘陵を西山、東側を東山といい、中越地震の魚沼方面と真反対、区別しやすいのですが。

7/13「反貧困全国キャラバン」成功お祈りします。
http://blogs.yahoo.co.jp/kark530/

投稿: ましま | 2008年6月20日 (金) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/21687199

この記事へのトラックバック一覧です: 地震の命名:

» この国は病んでいる [関係性]
 昨年の半ばに、六ヶ所の原燃工事現場で働く若い人たちの中には16歳で雇われている者もいることを友人からのメールで知った。実際は18歳以上でないと働けないが、雇われるためにウソを言っている。そして、その人は親を自殺でなくしていて、働く場を求めてここに来ている。この現場ではそんな人たちが何十人もいるそうだ。  そして遅れて「18歳未満が違法従事/東通原発」(東奥日報6が4日付け)のニュースが発表された。  「東芝は四日までに、東北電力・東通原発など東北地方の三原発の定期検査で、下請け会社で働く十八歳未... [続きを読む]

受信: 2008年6月18日 (水) 12時10分

« 漂流する安保 9 | トップページ | 続・地震の命名 »