« 続・地震の命名 | トップページ | 公明党の存在 »

2008年6月19日 (木)

将に五危有り

 『孫子』からである。

    故将有五危 必死可殺也 必生可虜也
    忿速可侮也 廉潔可辱也 愛民可煩也
    凡此五者  将之過也  用兵之災也
    覆軍殺将  必以五危  不可不察也

 こんな意味だろう。
 将には5つの危険がある。必死の覚悟では殺される。生き延びることだけ考えると捕虜になる。気短で怒りをあらわにすると侮られる。清廉潔白だけでは、はずかしめられる。民に愛されることだけに専念するのは、気苦労が多く煩わしい。

 およそこの5つは、将の過ちである。用兵がうまくいすず、指導力に災いをきたす。軍(権力)が覆り将が殺されるのはこの5危にほかならない。十分に注意すべきである。

 と、こんなふうに福田康夫首相は考えているのだろうか?。                  
 

|

« 続・地震の命名 | トップページ | 公明党の存在 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

こんな未熟者のコメントでごめんなさい。棘さんのブログからやって来ました。政治の事 これから将来の事 難しい事だらけの世の中だなぁ。って感じています。

投稿: ゆきんこ | 2008年6月19日 (木) 13時25分

ゆきんこ さん
いらっしゃい snow
お習字の墨で顔中真っ黒なやんちゃ坊主や嬢やの塾です。
本当は、お稽古そっちのけで遊んでみた~い。dash

投稿: ましま | 2008年6月19日 (木) 18時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/21735106

この記事へのトラックバック一覧です: 将に五危有り:

« 続・地震の命名 | トップページ | 公明党の存在 »