« 奥多摩町長選・結果 | トップページ | 単右の論理 »

2008年5月19日 (月)

軍縮立国へ

 福田内閣は当初の予想(期待?)に反してこのまま秋口まで続きそうだ。ガソリン税暫定税率失効で25円も安くなったものを、1カ月あとに30円近くも高くしたら天下がひっくりかえるような騒ぎになると思われていたのが、平静そのものであった。

 中国、朝鮮との間柄も一時のとげとげしい雰囲気はいつのまにか様変わりしている。これらは、福田首相の功績だろうか。首脳会談より、バンダより四川省大地震救援隊の活動の方がはるかに大きそうだ。記録的な低空飛行の内閣支持率だが、国民は首相や各大臣が小泉時代のしりぬぐいに懸命なことをなんとなく肌で知っている。

 後期高齢者保険制度も緩和策などの採用で、なんとなく収まるところに収めた方がいい、という気分にもなっている。決して物わかりがいいというわけではない。適当な後継内閣や後継政権の姿が見えず、不安定になった国民生活をこれ以上政治にひっかきまわしてもらいたくない、ということだ。

 そうであれば、副田色を押し出さずに控えめにしていることが効を奏していると言えなくもない。一方、洞爺湖サミットで得意といわれる外交に力を割き、環境問題で主導権を発揮して支持率をアップさせるという解説がある。そんなことで支持率は上がらないことはうけあいである。首相にもそんな気はないだろう。

 環境問題よりもっと簡単な問題がある。それは今アイルランドのダブリンで開かれているクラスター爆弾禁止国際会議で、軍縮に向けた条約賛成に大きく踏み出すことである。これまでの会議では、不参加を決め込んでいるアメリカの立場に立ったブレーキ役でしかなかった。

 環境問題でアメリカの協力を引き出すのにも似ているが、我が国は憲法9条を持ち、唯一の原爆被爆国でもある。東京大空襲に使われたのも同じ発想に立つ大量殺傷兵器である。これを禁止する方向で軍縮を唱えることに何の遠慮もいらないし、国際的責務を負っているとさえ言える。

 国内政治の上では、河野洋平衆議院議長を代表とする超党派のクラスター爆弾禁止推進議連もできた。抵抗する防衛省の「日本は長い海岸線があり上陸した敵軍を壊滅するには効果的」という理論ほど滑稽なものはない。自国民が被害を受けかねないところでの利用を考えている国はないし、条約の主導国ノルウェーの国土はほとんどが海岸線で、アイルランドもニュージーランドも島国だ。

 同様な場面では、小渕恵三外相(当時)がアメリカ不参加のまま地雷禁止条約調印を決意した。福田首相にできないはずはない。軍縮立国への道を進むという長期目標を具体化する第一歩だ。そうすれば内閣支持は自然にあとからついてくるだろう。

|

« 奥多摩町長選・結果 | トップページ | 単右の論理 »

データ・年表」カテゴリの記事

反戦・軍縮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/21034459

この記事へのトラックバック一覧です: 軍縮立国へ:

» クラスター爆弾禁止条約に対する日本政府の姿勢 [老人党リアルグループ「護憲+」ブログ]
18日の毎日新聞の「余禄」は、セルビアから来日した不発弾処理技術者カペタノビッチさんが、クラスター爆弾にやられた経験の紹介から始まる。 多くの子爆弾が飛び散り、黄色いリボンがついた不発弾をおもちゃと勘違いして拾って命をうばわれる子供が絶えず、死傷者の98%が民間人だとか・・・。最近も確かイスラエルがレバノンに潜むテロ組織に対して(と称して)使った記憶がある。 そのクラスター爆弾の禁止条約を作ろうとする国際会議が19日、アイルランドのダブリンで始まる。昨年から続く軍縮会議「オスロ・プロセス」の大詰... [続きを読む]

受信: 2008年5月20日 (火) 10時02分

» 選挙が続いています。(ちょっと疲れ気味。笑) [とくらBlog]
 おはようございます。ご無沙汰していました。  山口2区での衆議院議員補欠選挙が終わっても、ここ周南市では選挙が続いています。ふぅ~。  6月1日が投票日ですが、周南市議会議員選挙が行われるのです。民主党山口が公認、推薦決定している予定候補の応援に行っています。  この土、日は、炭村信義周南市議会議員(公認決定しています。)といっしょに民主党山口の広報車でまわりました。(あくまでも、民主党の広報活動です。)ずっとウグイス嬢(笑)を担当しながら走って、ところどころで、街頭に立ってお話しさせて... [続きを読む]

受信: 2008年5月20日 (火) 10時13分

» 驚愕NEWS!余りにも腐りきった大阪弁護士会 ― 国政で厳しい対応を ― [鳥居正宏のときどきLOGOS]
この記事は、いつもお世話になっているブログ『反戦塾』 のましま様よりいただいたコメントをもとに作成しました。 ましま様、ありがとう... [続きを読む]

受信: 2008年5月20日 (火) 11時25分

« 奥多摩町長選・結果 | トップページ | 単右の論理 »