« 和而不同 | トップページ | 「平和原理主義」 »

2008年4月 2日 (水)

『靖国』上映中止

 日中合作のドキュメンタリー映画「靖国YASUKUNI」を、五つの映画館が公開中止した。これについて2日付新聞各紙がそろって社説を掲げている。このようなことは珍しいが、まず私が見た5紙について概観してみよう。

【朝日】――表現の自由が危ない。
【毎日】断じて看過してはならない。
【読売】「表現の自由」を守らねば。

 以上3紙、問題点として言論・表現の自由をとりあげている点では同じである。その対策として街宣などのいやがらせに警察の対応が不十分ではないのか、とし、また毎日・朝日は、上映に向けての国会議員の働きかけがあってしかるべきだといっている。しかし、上記のタイトルの部分を見てもわかるように表現に差があり、毎日が強打から振り、朝日は犠打ねらい、読売はすべて見送りという構えのように見えた。

【産経】議論あるからこそ見たい。
 各紙の中で上映中止を表現の自由と結び付けなかったのは産経だけである。むしろ労働組合などの抗議声明に「憲法の理念をあえて持ち出すほどの問題だろうか」と疑問をなげかけ、映画館側には「抗議電話ぐらいで上映を中止するというのは、あまりにも情けないではないか」としている。すべて個人レベルの感情論で、社説(主張)に取り上げる意味がどこにあるのか。
 
【東京】自主規制の過ぎる怖さ
 「大事なことを無難で済ます、時代の空気を見過ごしては危うい」。これが一番私を釘付けにした論調だ。同紙の取材で「上映を妨害するような被害が起きない限り、警察が動いてくれないだろうと考え、中止を決めた」という映画館のコメントも紹介している。

 また書いてはないが、何かの事故が起きれば膨大な損害賠償訴訟を起こされかねない、と考えたかも知れない。結論にこう書いている。「権力だけが言論を封じるのではない。国民の自覚が足りないと、戦前のセピア色が急に、生々しい原色を帯びはじめる」。

 そのセピア色の時代を知っている者として、「国民の自覚」という点をこれからもっと掘り下げてほしいと思う。よく、一般国民の戦争責任ということを発言する学者や評論家がいるが、いつも「わかっていないなあ」という気がするのだ。

 当時の新聞、出版物その他ほとんどの歴史史料は、わずかな例外をのぞいて戦争に協力した国民の姿をえがいている。しかし現実は違う。建前と本音を使いわけて自主規制していたのである。では本音をいうとどうなるかはこれをご覧いただきたい

 私の家は、父がノンキャリアの会社員だった。したがってつつましやかながら、中産階級のインテリ家庭ということになる。父は過労のため若死にしたが、母が父の遺言は、私を大学に進学させろということだったという。それはその頃まだ大学生には徴兵猶予の特典があったからだ。

 なにもわが家だけではない。戦時教育にあたる教員の家庭でも、職業軍人の家でも徴兵逃れや、死の前線への配属を逃れるため、建前とは別になし得ることはなんでもやった。仮病を使う、コネを使って手をまわす、司令部つきの軍属になるという先手をうつことなどなど。

 私の知る限り、建前と本音が一致している家などどこにもなかった。中曽根康弘元総理の海軍主計中尉などという地位は、軍役をこなししかも安全という点で理想的であった。だれしも、こんないまいましい戦争は早く終わって欲しい、戦争にはならないでほしいと思っていたはずだ。

 それなのに、どうして本音が言えなくまた伝えられなくなったのか。できたとすれば明治の終わりか大正デモクラシーの時代が最後のチャンスだっただろう。それから今の憲法と違い、選挙権は限られた納税者だけで女性はのぞかれ、しかも国会が最高の統治機関でなく、投票イコール民意というシステムが機能しないことにも注意が必要だ。

 気がついたら自己規制があたりまえになっていたというまで、すくなくとも30年近くかかった。今が明治末期のようだとすると今声をあげるしかない。スピード時代だから憂き目をみるのはもっと早いかもしれない。一部の新聞のように他人事、ひやかし半分ですませるとはとても思えない。

|

« 和而不同 | トップページ | 「平和原理主義」 »

戦中・戦後」カテゴリの記事

コメント

何が言いたいのかぜんぜんわかんね

投稿: ばば | 2008年4月 2日 (水) 15時37分

 こんにちは。前々から庶民の戦争責任について噛み合わないなあと思っていたのですが、ようやくお考えの一端が見えた気がします。
 今が危険なのかそうでないのかは正直言ってわからないのですが、後から振り返って今が転換点だったということにならなければよいなとは思います。
 また中国の話になりますが、日本人の間では共産党の情報統制で庶民は正しい情報を得られないのだという見方も多いですが、どうして彼らは結構色々知っているようです。そしてまさに本音と建前を使い分けています。彼らの建前だけを聞いて、嫌中論をぶつのは危ういと感じています。

投稿: locust72 | 2008年4月 2日 (水) 16時44分

 中国へ行ったときこんなことがありました。現地観光バスが博物館の駐車場に入ろうとしたら道路をふさぐように駐車している車がありました。
 ガイドは明らかに我々に聞こえるように舌打ちしながら独り言をいいました。「またあの役人の車だ、誰も文句言わないからいけないんだ」と。彼も仕事熱心な国家公務員ですが・・・。

投稿: ましま | 2008年4月 2日 (水) 17時08分

 ましまさん
 しばらくぶりです。
 「靖国」上映問題を口先で「表現の自由」や「言論統制」等々で終わりにしてしまう可能性を新聞紙上から分かる気がします。
 この背後に隠れた「そのセピア色の時代」を認識しなければいけないと戦争を知らない私でも思います。
 「本音をいうとどうなるかはこれをご覧いただきたい」を読んで、あの恐ろしい国家権力の基での「語る勇気」を学ぶ必要を感じます。
 「靖国」を自由に放映させるために、各新聞社は行動を起こしてもらいたい。その場を設けてもらいたい。そうでなければ、口先だけと判断せざるを得ないです。

投稿: morichan | 2008年4月 3日 (木) 11時03分

morichan さま
ブログを見て回った限りにおいて、新聞の無策が表面化しているようですね。
もっとも、館内に臨検席をもうけ、制服警官が目を光らせているという図は困りますが、平和や友好に挑戦する風潮はなんとかしなくては。これはTV、週刊誌を含めたメディアの責任でしょう。

投稿: ましま | 2008年4月 3日 (木) 11時32分

 気がついたら今度こそ本当に危険水域にいるわけですが、あれこれ言うは易し。ほかでもない、自分はどうするか!小生、明日は「カルチュアセンター」。そこで、この上映中止のこと、ぼそぼそと喋ってこようと思っています。

投稿: 只今 | 2008年4月 3日 (木) 21時32分

自己規制 すれば誰かの 思うつぼ

投稿: ましま | 2008年4月 3日 (木) 21時52分

朝日紙では今朝も「時時刻刻」で大きく取り上げています。
『「靖国」上映すくむ空気』『訪問・ブログで抗議活動』…、おっかない気が致しますね。
そんでも、
「中止は遺憾」とした首相談話で救われたようなきもいたしまする。

投稿: tani | 2008年4月 4日 (金) 07時23分

結局、全ての面で今の日本人に度胸がなくなったんじゃないのか。街宣車が来ようが抗議が来ようが受けて立とうという気概を持った人が少なくなったね。
シナ共産党の日本に対する内政干渉をはねつける政治家がいないように。

投稿: ナメクジ | 2008年4月 4日 (金) 10時13分

コンビニで「朝日」を買ってみました。なんのことはない、一緒になってアオッテいる感じ。ジャーナリズムとしての度胸は全く感じられませんでした。

投稿: ましま | 2008年4月 4日 (金) 11時36分

ナメクジ君よ。度胸だとか、気概だとか、そういう言辞を、白昼、堂々と公の場で言ったことがありますか。今いちばん権力から疎外されているのは、そういう言辞をこそこそと暗闇の中でしか口にできない君たちであることを、ほんのちょつとでいいから、気が付きなさい。

投稿: 只今 | 2008年4月 6日 (日) 18時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/12145950

この記事へのトラックバック一覧です: 『靖国』上映中止:

» 「靖国」公開中止言及ブログ集 [JCJ機関紙部ブログ]
 3月29日に開かれたJCJ総会で、来賓の嵯峨仁朗氏(日本マスコミ文化情報労組会議議長・新聞労連委員長)は、映画『靖国』の国会内での上映とその後に上映中止の映画館が出たことにふれ、先の戦争に向かって新聞が協力したのも弾圧の結果ではなく、テロや不買運動を恐れ、世論におもねったことを指摘しました。  その時点では上映中止は1館でしたが、その後、4月公開予定の映画館が中止を決定しています。  それに関するブログのエントリーをまとめてみました。  追記 ブログ名、あいうえお順ですが、読み方が違... [続きを読む]

受信: 2008年4月 2日 (水) 16時36分

» チベット弾圧、ネパールにも飛び火していた ― 国際アムネスティ調査 ― [鳥居正宏のときどきLOGOS]
昨夜(日本時間2008年4月1日)、アムネスティ・インターナショナル国際事務局(=本部 : ロンドン)から、チベット情勢に関する最新のニュ... [続きを読む]

受信: 2008年4月 2日 (水) 17時23分

» 映画「靖国」上映中止に思う [飯大蔵の言いたい事]
 中国人監督の撮った映画「靖国」を上映する映画館が上映を中止した。<映画>中国人監督「靖国」上映中止 「抗議で近隣迷惑」5映画館自粛 2008年4月1日(火)13:00 毎日  靖国神社を描いたドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」をめぐり、4月12日からの上映を決めていた映画館5館が31日までに上映中止を決めた。相次ぐ自粛で、当面、公開のめどが立たなくなった。... [続きを読む]

受信: 2008年4月 2日 (水) 21時16分

» 映画『靖国 YASUKUNI』と「表現の自由」 [越日盟のコットン気分でぶっきらぼう]
華人監督が自分の政治的視点で靖国神社を描いた映画『靖国 YASUKUNI』を上映予定だった映画館が、上映を止めたそうだ。 [http://www.asahi.com/national/update/0331/TKY200803310328.html 「靖国」今月封切り中止 上映予定館辞退 トラブル警戒](朝日新聞) {{{  中国人監督が撮ったドキュメンタリー映画「靖国」をめぐり、公開日の4月12日からの上映を決め..... [続きを読む]

受信: 2008年4月 3日 (木) 02時11分

» ドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」の上映中止問題 [未来を信じ、未来に生きる。]
主張 「靖国」上映中止 表現の自由の侵害を許すな --------------------------------------------------------------------------------  靖国神社をテーマにしたドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」にたいして、自民党の国会議員が攻撃し、右翼団体の妨害もあるなかで、東京や大阪で映画館が上映中止を決めました。憲法の保障する「表現の自由」を侵害し、民主主義の根幹を脅かす重大問題です。 「靖国」派議員の介入  映画「靖... [続きを読む]

受信: 2008年4月 3日 (木) 16時05分

» 「靖国」上映中止問題 [老人党リアルグループ「護憲+」ブログ]
映画「靖国」について、上映予定の映画館が上映中止を決めた経緯を知って、日本社会の歪みを見るようで、何とも嫌な気分に襲われましたが、この問題について映画監督・作家の森達也さんが、今朝の朝日新聞「私の視点」に、「過冷却社会が圧力を増幅」というタイトルで、寄稿しています。 その中で森さんは、「靖国」の上映が中止された社会的背景を、 『零度の水は液体と固体のどちらの姿もとりうる。水を零度以下までゆっくり冷やすと、液体のままでいる「過冷却」の状態になる。そこでコップをたたくと、一気に凍る。  最近の日本は、... [続きを読む]

受信: 2008年4月 3日 (木) 21時01分

» 靖国問題のビデオ「まだ軍服を着せますか?」 [ペガサス・ブログ版]
靖国問題のビデオ「まだ軍服を着せますか?」を見た.内容が深い.ぜひとも一見をお奨めする. プロデューサーは落合誓子氏,企画・制作は金沢出版社,1989年の作品である. だいぶ前のものだが,決して古くなっていない.小泉首相の靖国参拝でこの問題がクローズアップされているので,むしろ今が旬と言っても良い作品である. 前半は靖国にお参りする旧軍人や遺族たちがクローズアップされる.この人たちのインタビューを見ていると,そうなのか,そんなに強く信仰しているのか,とか,自分の肉親がこの神社に祭られているの... [続きを読む]

受信: 2008年4月 3日 (木) 21時46分

» 映画『靖国』は何を伝えられるか? [時代のウェブログ]
李纓(リ・イン)とかいう中国人の映画監督が撮った『靖国 YASUKUNI』とかいう映画が上映中止騒動などで注目されている。なんでも10年間に渡って撮影した映像をナレーションなど一切加えずに淡々と見せ続ける内容らしい。というとしっかりしたドキュメンタリー映画のように思えるが、事実を見せることが必ずしも真実を伝えることではない。チベット騒乱で中国国営テレビは、投石して窓ガラスを割るチベット人や警官隊に殴りかかる暴徒の群れなどの映像を淡々と流し続ける。それも事実であるが真実ではない。 靖国の風景をた... [続きを読む]

受信: 2008年4月 4日 (金) 17時05分

» 映画「靖国YASUKUNI」騒動 [王様の耳はロバの耳]
『靖国』が上映決定!支援ぞくぞくと…5月から全国で順次公開 - goo 映画 そそかしい爺は「主題 靖国(神社)」「監督 中国人」「その一場面--夜分靖国神社の本社頭で旧日本陸軍?の戦闘服に身を固めた将校(の衣装を着けた男が)が日本刀を抜いて敬礼をする《爺の年配でも何とも異様でアナクロ(時代錯誤)な感じである》」この三点セットで今話題になっている映画「靖国」は中国人による反日映画だとばかり思っていた。 {/hiyo_shock1/} 昨日サンプロを途中から見たら、この問題を司会田原氏とゲスト岡田氏... [続きを読む]

受信: 2008年4月 8日 (火) 16時04分

» アジェンダ設定力 [ペガサス・ブログ版]
「表現の自由」は無制限か? 反発する向きもあるようだが,「世に倦む日日」の論考には鋭いものがある.映画「靖国」上映問題をめぐる記事「『靖国』と表現の自由の逆説 - 石井紘基と公共の福祉の規制」もその一つだ.この記事では,「表現の自由」の論理でこの問題を扱うだけでは不十分であるとして,ドイツの基本法第2条「何人も、他人の権利を侵害せず、かつ憲法的秩序または道徳律に違反しない限り、自らの人格の自由な発展を求める権利を有する」を引用している[註].ドイツはこの「憲法的秩序または道徳律に違反しない限り」とい... [続きを読む]

受信: 2008年4月10日 (木) 08時00分

» 映画「靖国」(「自粛」という名の公開中止) [こころはどこにゆくのか?]
先般よりこういう異例な事態を引き起こしていた映画「靖国」について 映画「靖国」自民国会議員向けに試写 ついにこういう事態に。 問題作『靖国 YASUKUNI』次々と上映中止で東京公開断念に… 映画「靖国」公開白紙に 上映館全て辞退 トラブル警戒 元記事:http://www.as... [続きを読む]

受信: 2008年4月10日 (木) 21時37分

» 映画「靖国」 まず解決してください [電波な空間]
映画「靖国」、監督ら抗議の会見 「まず上映し議論を」(asahi.com)  映画「靖国 YASUKUNI」の上映中止など一連の動きに対し、10日、ジャーナリストや映画監督らが抗議の... [続きを読む]

受信: 2008年4月18日 (金) 13時31分

« 和而不同 | トップページ | 「平和原理主義」 »