« 法華経と原理主義 | トップページ | 謀略と独断専行 »

2008年3月10日 (月)

鳥害

  権兵衛が 種まきゃあ2008_03100007
  カラスが  ほじくる

 これは昔の話である。家庭菜園でも、枝豆やとうもろこしを直播すると鳥にほじくられたが、葉物の新芽を荒らすのが最近のはやりである。プロは広大な農地でも、ネットなどを張って防護せざるを得ない。

 それでも、このように網の上から体重を利用して堂々と食いまくる。最近は、カラスの生ゴミ荒らしがなくなったが、まさか、中国産食品の毒物混入を新聞で知り、安全な国産農作物に切り替えたのでは?。家庭菜園でも収穫ゼロの危機にさらされている。

 はげ鷹ファンドの農作物先物投資による相場の高騰にしろ、カラスにしろ、このところ鳥類の貧乏人に対する攻撃が目に余るようになってきた。

2008_03100006

|

« 法華経と原理主義 | トップページ | 謀略と独断専行 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/11143796

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥害:

» 菜の花畑 [PETITES NOUVELLES]
オレがこの菜の花畑の所有者だったら…。 まずウチの□○ちゃんと相談して。 畑の真ん中に「イエコッコ」を建てるね。 「イエコッコ」ちゅーのは イバラッケンの中のわが地方の方言で、 粗末な掘っ立て小屋のよーな意味だけれど、 ....... [続きを読む]

受信: 2008年3月12日 (水) 08時12分

« 法華経と原理主義 | トップページ | 謀略と独断専行 »