« 不穏言動調査 | トップページ | 9条に新しい旗を »

2008年3月14日 (金)

無惨

4日前のエントリー「鳥害」の続きです。写真からごらんください。

2008_0314 ツグミもこの畑のキャベツが大好きです。いつも集団でやってきます。そのうち一羽がネットに足をからませました。さわいでもはずれません。カラスが2羽やってきてつつきだしはじめました。

 ツグミも数羽上を飛んでいましたがすぐ退散しました。ツグミが動かなくなるとカラスも消えました。最初はカラスが助けにきたようにも見えました。しかし結果はこうです。

2008_03140009  虐殺――カラスを非難する資格が果たして人間にあるでしょうか。
ツグミは渡り鳥です。もうすぐ生まれ故郷のシベリアに帰るはずでした。故郷を再び見ることなく異境の野に散る無念やいかに。

 生態系保護という言葉のむなしさをつくずく感じるひと幕で した。南無 gawk

|

« 不穏言動調査 | トップページ | 9条に新しい旗を »

散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/11320111

この記事へのトラックバック一覧です: 無惨:

» 3月10日 東京大空襲 33枚の写真の真実 [虹色オリハルコン]
3月10日は、母の命日だ。3年前の3月10日、暖かな日差しの入る病院の午後2時、母は向こうの世界へ旅立っていった。 63年前の同じ日、東京では、10万人もの人々が亡くなった。東京大空襲の日。 話では聞いていた、ドラマも見たことがある。知っているつもりだったあの日のこと。でもこれだけ長く語られたのを見たことはなかった。 夕べ、この番組を見た。 月曜ゴールデン『シリーズ激動の昭和 3月10日東京大空襲 語られなかった33枚の真実』 当時の警視庁写真係の石川光陽氏が、あの日「後世の人たちに残すため」と... [続きを読む]

受信: 2008年3月14日 (金) 17時30分

« 不穏言動調査 | トップページ | 9条に新しい旗を »