« やはり政治だっ!! | トップページ | 反基地闘争 »

2008年2月 1日 (金)

メリーゴーランド

2008_02010010_2 冬の日を浴びながら、水面でゆっくり回転するメリーゴーランドで遊んでいるのはユリカモメです。実は公園を管理する市が設置した水質浄化の新兵器で、目下実証試験中。

 秋口は、飛来したばかりのヲナガカモなどの幼鳥が、珍しさもあってかお気に入りの遊び場にしていました。最近はあきたのでしょう、遅くきたカモメにその席をにゆずっています。

 さて、話変わって「あおによし」の検索殺到のことですが、Sola さまから、「フジテレビで放映している連続ドラマのせいではないか」というご指摘をいただきました。

 昨日はその放映のある日なので、めずらしく夜10時、TVに向かったのです。しかし主人公の顔が鹿になるとかで、筋がさっぱりわからず(半分以上眠っていたと妻はいいますが)、検索との関連は、わからずじまいでした。

 ところが今朝になってアクセス分析を見ると、すごいことになっているのです。放映のあった10時台1時間だけで通常の1日分のアクセスにはねあがり、検索の93%が「あおによし」関連でした。どうやら連ドラが終わるまでこの傾向が続きそうです。

 Solaさまのご教示に間違いなかったことが、これで証明できたことになります。検索にこられた方が、から振りになってしまうのはやむを得ないことですが、せっかくなのでもうすこし感想をつけたしましょう。

 ドラマの正しい題名は「鹿男あをによし」です。青はAOと発声したのではなく、古代は「を」、つまりAWOだったのですね。そして今でいうブルー、グリーン、グレーみんな青でかたづけました。今でも信号機はグリーンなのに青信号といいます。

 その下の「に」「よ」「し」で詩のまくらことばになるわけですが、辞書で見てわかるように、いろいろな解釈や学説があって、どれがいいのかわかりません。

 「あおによし」がつく詩の全体をよんでみて、作者の気持ちとしては、この解釈がぴってりだなあ、とか、作者としては、読む人がこう感じてくれたらなあ、という詩の心に答えさせるのが一番ではないでしょうか。メリーゴーランド的解釈です。

|

« やはり政治だっ!! | トップページ | 反基地闘争 »

散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/10186451

この記事へのトラックバック一覧です: メリーゴーランド:

« やはり政治だっ!! | トップページ | 反基地闘争 »