« 多極化時代の開幕 | トップページ | 相撲は憲法適用外? »

2008年2月 7日 (木)

年金と税金還付

 一昨日、全く身近なところで「ふりこめ詐欺」電話があった話を聞ききました。「ふりこめ詐欺」電話は、わが家をはじめ、うちにもうちにも、というほど社会現象化しているようです。その直近の話というのはこうです。

 税務署を名乗り「去年の年金現況確認はがきが未着で、調べたところ○万円還付することになりました。銀行振り込みの手続きをするので、携帯電話を持って駅のATMに行っていただけませんか。念のため携帯の電話番号も教えてください」、といった趣旨だったそうです。

 ところがところが、今日の新聞を見て本当にびっくりしました。6日(昨日)社保庁が発表した、税取り過ぎ推定4万人という記事です。まるで、詐欺実行犯がそれを知っていたのではないか、と思えるほどです。

 その内容は、年金の台帳の不備で、過去正当な年金が未払いになっていることがわかった人に、一括まとめ払いした場合の源泉徴収額が、高額のランクで計算したものだったため、納めすぎになっているというものです。

 社保庁のでたらめぶりは、もう10年以上も前のことですが、私が支給手続きに行った際、同じ会社の転勤先で支払った期間が未払いになっており、直ちに抗議をしました。そうしたら、たしか「調査願いを提出しろ」といわれた覚えがあります。

 お役所は、何か寄付したいと思っても「寄付願い」をださせ、何日か待たせた上、「右、許可する」などというゴム印を押して返すようなところ(今は違うかな?)ですから、しぶしぶ願書をだしましたが……。

 いくらなんでも、社保庁と詐欺犯がグルになってるわけはありませんが、今やまさに確定申告作成の時期です。年金と税務署は全く違う役所です。またどちらにしろ書面でなく、現金還付を電話でいってくることなどありません。

 もし電話があったら、「還付金支払い願い」とまではいわなくても、書面を出すように要求しましょう。それから携帯電話番号、家族の名前、銀行口座番号その他の個人情報は一切提供を拒否しましょう。それにしても、振り込め詐欺全盛時代、なんとかならないものですかねえ。

|

« 多極化時代の開幕 | トップページ | 相撲は憲法適用外? »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/10305623

この記事へのトラックバック一覧です: 年金と税金還付:

» 橋下現象=赤木君現象=不適材不適所現象 [逝きし世の面影]
昨日、とうとう自分の過去の『日本の核武装発言』を話芸と言いぬけるタレントの橋下徹氏が大阪府知事に就任した。 ドスケベの変態(横山氏)の代わりが、利権に汚い強欲女(太田房江氏)で、その後釜が虚構と現実の区別や、真実と嘘の区別も分からない三百代言(橋下徹氏)とは大阪府民は踏んだりけったり。 就任早々から、民主主義とは相容れない、数々の問題発言が炸裂する。 府の職員(公務員〕に対して自分(知事〕の雇い人であるかのような、無礼千万な態度で恫喝する。府の公務員が無駄遣いしたから5兆円の赤字が出たと誤解したの... [続きを読む]

受信: 2008年2月 7日 (木) 13時34分

« 多極化時代の開幕 | トップページ | 相撲は憲法適用外? »