« 政界再編&不買運動 | トップページ | 入門編・戦争とは12 »

2008年2月19日 (火)

自主外交いずこ

 福田首相は外交に強いとされてきた。たしかに向米一辺倒だった小泉・安倍(中国と関係回復をはかったとされるが、取り巻くブレーンから見ても脱亜入米傾向はより強かった)時代よりアジアに目が向いていることはわかる。

 また、高村外務大臣も外交畑では経験が深く、得難い人材には違いない。ただし正直なところ何を考えているのかよくわからない。外交には相手を見て「でたとこ勝負」的なテクニックを駆使しなければならないことはわかる。

 しかし、国内の政争にとらわれず世界の潮流を読み、国民の幸福を念頭に置いた真の国益を追求する上で、外交政策の理念がなくてもいいということにはならない。このところ、連日のように気になる外交問題が次々と発生している。

 去年9月に福田内閣が発足し、安倍内閣まで続いた外交政策で修正が加えられたのは、施政方針演説のキャッチフレーズぐらいで、考えてみたら具体的なものが何もない。ということは、外交に日本独自のものはなく、やはりアメリカさん次第ということなのだろうか。

 今日は、アメリカのウィスコンシン、ハワイ両州で大統領の予備選挙が行われる。誰が大統領になるかはまだ先のことだが、今話題になっている日米安保と米軍基地のありかた――地位協定はともかく、同盟の根幹をなすガイドラインや米軍再編の当否など、来年になれば、イラクからの撤兵問題などもからんで必ず政治課題となるのではないか。日本は「このままで結構です」というだけでいいのか。

 一昨日(17日)、セルビア共和国のコソボ自治区が独立宣言をした。報道されているように、アメリカ、ドイツ、イギリス、フランスなどは独立賛成、EU内部では賛否が割れ、国内に独立要求地域があるロシア、中国、インドネシアなどは反対、国家承認を見送る意向だ。

 日本はいち早く承認の意向を示しているが、ロシア等常任理事国が承認しなければ国連加盟の道は閉ざされ、セルビアがいう「不法な宣言」に理由を与えることになる。日本は唯一バルカンの紛争やユーゴ問題に手を染めたことのない、また利害関係を持たない大国である。かりに紛争が起きた場合、日本は中立的立場から当事者の説得にあたれる数すくない国だ。慎重な対応があってもいいと思うのだが。

 次に昨日18日から22日まで、ニュージーランドのウェリントンでクラスター爆弾禁止の国際会議が開かれる。すでに1年前のオスロ会議から数回の協議を重ねているが、これにはアメリカ、ロシア、中国、イスラエル、インドなどが出席していない。

 日本はアメリカへの配慮から消極的で招待されていなかったが、途中で急遽出席の意向を示した。しかし、いろいろな条件をつけるなど、むしろブレーキ役の代表になっている。今回の会議で予定されている宣言の内容は、禁止条約を08年中に作る必要があるとし、そのための必須条件が盛り込まれる。

 次回、アイルランドのダブリンで5月に開かれる会議では、今回の宣言に署名しない国は閉め出されることになる。ここで、アメリカの意向にもかかわらず地雷禁止条約に参加する決意を示した小渕首相の前例に習えないようでは、「軍縮の先頭に立つ」という福田首相の決意は空念仏だったということになるだろう

|

« 政界再編&不買運動 | トップページ | 入門編・戦争とは12 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/10615974

この記事へのトラックバック一覧です: 自主外交いずこ:

» 産経新聞の『セカンドレイプ』 [関係性]
 前回のエントリーで、岩国市長選結果と米兵の婦女暴行に対して「折り合いをつける」ことができない、と述べた。  そこには、「アメとムチ」でオドシをかけながら堂々と選挙という民主主義を実行する輩たちへの怒りがあり、耐え難い米兵の婦女暴行を未だに止められない自分があるからだ。  政府も米軍も「綱紀粛正・再発防止」を幾度となく繰り返してきたが、後を絶たない米兵犯罪は続いている。    米兵犯罪件数(1990〜2006年)     ( )内は凶悪犯罪  総数  1744 (116)  沖縄   775 ( 5... [続きを読む]

受信: 2008年2月19日 (火) 15時41分

» 靖国公式参拝と慰霊の為の前提条件 [逝きし世の面影]
日本の反動右翼の主張のなかに『中国韓国は無知だ、靖国に位牌や遺骨が有ると思っている』と言うのが有りましたが、なるほどそうかも知れない。 外国人達には、日本人が自分達の同胞の亡骸を山河に打ち捨てたままにしているとは、たぶん信じられないでしょう。 世界中で一番貧しい国民でも、一番未開な種族でも同胞の亡骸を、そのまま野辺に打ち捨て朽ちるに任せ、葬らないなどは考えられません。 日本軍将兵の遺骨が半分近く収集されていません。 フイリッピンやニューギニアのジャングルには膨大な野ざらしになった遺骨が苔むす... [続きを読む]

受信: 2008年2月19日 (火) 17時07分

» 高見の見物許さぬ沖縄の現実 [ようこそイサオプロダクトワールドへisao-pw]
★余りにも酷い沖縄の現実に絶句している間にも時は流れて行きます。2月の後半になっ [続きを読む]

受信: 2008年2月19日 (火) 23時29分

» イージス艦と漁船の衝突事故から見えてくる、インド洋派遣の真の目的 [「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう]
最新鋭、かつ国内最大のイージス艦「あたご」と、2人乗りの小型漁船「清徳丸」が昨夜、千葉県沖で衝突し、漁船の方は真っ二つになって一部が沈没し、乗組員の2人は行方不明になっている。状況から見て生存は絶望的と思われる。 この件について、私のmixi上の友人が、「..... [続きを読む]

受信: 2008年2月20日 (水) 03時38分

» 東京でファスレーン365報告会,3月1日13時から [ペガサス・ブログ版]
東京で「ファスレーン365」報告会をやります.「非暴力平和隊」とのジョイント・イベントです. 「九条」を輸出する --核廃絶運動と非暴力の紛争介入--        講演と交流の会  話題1  12名の日本市民はいかに英国の核基地を封鎖したか         豊島 耕一(佐賀大学理工学部教授,ファスレーン365日本代表)  話題2 「非暴力平和隊」とは何か?         大畑 豊 (非暴力平和隊・日本(NPJ)共同代表)  日時: 3月1日(土曜)13時―16時  ところ:キ... [続きを読む]

受信: 2008年2月20日 (水) 17時42分

« 政界再編&不買運動 | トップページ | 入門編・戦争とは12 »