« 日米安保再再定義の準備 | トップページ | 飛鳥と奈良と京都 »

2008年2月14日 (木)

怒!高いおもちゃ

Sensha  なんだこれは。新聞(毎日新聞2/14)に出た写真は、イラクでもアフガンでもない。東京の隣(相模原市)だ。防衛省が公開した新型戦車。開発費用が約484億円、1両の値段は約7億円。世界最高レベルだと鼻高だかの由。

 じょうだんじゃないぜ。いまどきこんな無限軌道つき戦車などイラク、アフガンでさえ大げさすぎて、写真ではお目にかかったことがない。憲法があるから日本国内で使うしかないが、砲身は何に向けるのだ。警察が手に負えないような武装勢力のゲリラやテロどこから来るというのだ。

 使い道は、自衛隊自身のクーデターか、ガソリン税で作った道路を壊しまくるのか、それとも憲法改正を見込んでおいて、使うところをこれから探そうということか、または、アメリカさんのやらないことを請け負おうとするつもりなのか。議員さん――、しっかりしてくださいよ。

 さすがは産経新聞。一番くわしい。ゲリラや特殊部隊(注)による攻撃など新たな脅威にも対処できるのが特徴だと解説。ついでに、こんなことも。

      冷戦終結で日本本土への大規模な着上
     陸侵攻の可能性が低くなったため、16年
     に策定された「防衛計画の大綱」は戦車の
     装備数を大幅に削減。新型戦車開発の必
     要性を疑問視する見方もあるが、防衛省
     は「攻撃や防御、機動力のバランスの取れ
     た戦車の有効性は変わっていない」と意義
     を強調している。

(注)陸上自衛隊初の特殊部隊であり、現時点における主要任務は対テロ及び対ゲリラ作戦であるが、将来的には米陸軍特殊部隊(グリーンベレー、デルタフォース等)と同様、他国における特殊偵察や直接行動、情報戦などの多様な任務を遂行可能な世界水準の特殊部隊を目指しているといわれる。報道陣の間では特戦群、特戦とも略され、一般隊員からは“S”と呼ばれることもある。(Wikipedia)

|

« 日米安保再再定義の準備 | トップページ | 飛鳥と奈良と京都 »

反戦・軍縮」カテゴリの記事

コメント

この記事に掲載の写真をご覧ください。マンションと戦車の取り合わせの奇妙さ!
防衛省が新型戦車を公開 国際ニュース : AFPBB News
http://www.afpbb.com/article/politics/2350341/2636439

投稿: ゴンベイ@オルタナティブ道具箱 | 2008年2月14日 (木) 17時24分

こんな戦車、必要なの? “無駄”で潤う三菱重工 : 日刊サイゾー
http://www.cyzo.com/2008/02/post_293.html

投稿: ゴンベイ@オルタナティブ道具箱 | 2008年2月14日 (木) 17時26分

 確かに高い《おもちゃ》ですね・・・。
 政府は”財政危機”と声高に叫んでいますが、こういうものは【聖域】で青天井のようですネ・・・(><) 

投稿: 棘入り《妄言録》!  | 2008年2月15日 (金) 01時40分

怒!怒!怒!怒!
今朝の朝日。
○「消費期限」不可欠に
○神奈川県 日本史高校でで必修
○秘密保護法制を検討
社説:法相冤罪発言「仏の顔も三怒だ」
4面
「小沢氏の下で総選挙を戦う」寒氏も俗投支持!
「ごじゃらっぺ」此処に極まる!

投稿: tani | 2008年2月15日 (金) 08時20分

ゴンベイ@ さま
棘入り《妄言禄》 さま
tani 兄

コメントありがとうございました。
怒!怒!怒!。午後囲碁同好の集まりで、「あなたとやると血圧が上がって体に悪い」といわれました。
これって、「強敵」というほめことばなのです。
(^-^)

投稿: ましま | 2008年2月15日 (金) 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/10497853

この記事へのトラックバック一覧です: 怒!高いおもちゃ:

» 真の国防と外交を考える [「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう]
(ひとつ前の記事も、重要ですので、合わせてお読みください。) 沖縄でまたも起きた、少女暴行事件に端を発し、在日米軍や自衛隊のあり方。ひいては日本とアメリカの関係についても考えるようになった。 今日の記事では、時間はかかろうとも、日米の関係を改め、日本が..... [続きを読む]

受信: 2008年2月14日 (木) 21時49分

» 歩兵の遠足 [狸便乱亭ノート]
          >なんだこれは。新聞(毎日新聞2/14)に出た写真は、イラクでもアフガンでもない。東京の隣(相模原市)だ。防衛省が公開した新型戦車。開発費用が約484億円、1両の値段は約7億円。世界最高レベルだと鼻高だかの由。 反戦塾(ましま翁主宰)が毎日新新聞写真を貼り付けて怒りをぶち撒けた。 その開発費用や1両あたりの値段も、灯油18?と比較して、何とも見当もつかないが、 これ以前は、特車だったのが、いつの間にか、防衛省になったら堂々たる戦車だ。 聖バレンタインや、陸軍記念日とは関係みたい... [続きを読む]

受信: 2008年2月15日 (金) 10時41分

» 続、アポロ11号月面着陸捏造疑惑とケネディ大統領 [逝きし世の面影]
昨日の13日にNHK教育放送でアメリカ製作のアポロ11号の1時間特集番組がありました。 1969年のアポロ11号月面着陸映像が、テレビで完全放映されるとすれば、39年ぶりの快挙なので、期待して見ることにする。 結果を先に言うと、全くの期待はずれの、つまらない番組でした。 まあ,しかし、少しでもアメリカ人に愛国心とか、羞恥心があればあれ(アポロ11号月面着陸)は放送できないでしょう。 大昔の、ゴジラの着ぐるみの特撮で満足していた世代ならいざ知らず、今のCG映像を見慣れた世代では、当時の映像は、... [続きを読む]

受信: 2008年2月16日 (土) 09時51分

« 日米安保再再定義の準備 | トップページ | 飛鳥と奈良と京都 »