« 相撲は憲法適用外? | トップページ | 紀元節と天皇 »

2008年2月 9日 (土)

入門編・戦争とは10

 「人間はなぜ戦争をするのでしょうか」の3回目です。これまで「差別」と「経済」について書きました。サ・ケ・カ・ナ・シの順でいくと、今度は「カ」、「拡張」です。このあとの「ナショナリズム」や「宗教」も含め、全部がからみあって戦争が起きます。

 「拡張」ということばも、あまり範囲が広すぎて一口では言いあらわせません。これまでで一番多く戦争の原因となったのは、①領土の拡張でしょう。そのほかでは、②軍備の拡張があります。また、宗教や思想の拡張などは別に考えることにします。

 ①領土の拡張
 国の支配地域をふやすことです。他国の土地を奪い取って直接領土とすること以外に、植民地をふやす、属国や傀儡(かいらい)政権をつくる、植民地や周辺国にまたがる利益線とか生命線という線引きをして、その範囲内での利権や防衛権を主張することなども含みます。

 独立戦争は、領土の変更をともなう点でここに入れてもよさそうですが、話が複雑になるので保留しておきましょう。領土の拡張は戦争の結果であり、原因ではない、とおっしゃる方もあると思います。 たしかにそうですが、19世紀までは「帝国主義」という列強の激しい競争がありました。

 特にヨーロッパの覇権競争は、規模の大きさや期間の長さから歴史そのものといっていいほどでした。東洋がその影響を受け始めたのは、日本の江戸時代からです。中国のアヘン戦争、日本の開国、すべて西欧帝国主義のさなかのことです。

 特に中国は、フランス、イギリス、ドイツ、ロシア、そして遅れて日本などが中国内に特殊の利権地帯を設け、ズタズタにされました。アメリカも公平な貿易を熱心に求めてきました。しかし、ロシア革命、第一次世界大戦、パリ平和条約などを経て、露骨な帝国主義が反省されるようになってきました。

 日本だけが中国に嫌われるのは、各国の利権が後退する中、満州国を独立させ、中国に無理な要求をつきつけて軍隊を居座らせたからです。満州事変にしろ日支事変にしろ戦争のきっかけはいろいろ言われていますが、中国国内に日本の正規軍が常駐していたことだけは、たしかなのです。

 他国軍が駐留していて、政治に口をだし、武器を持って住民ににらみを利かしていたら国民はどう思うでしょう。たとえ、復興支援だとか治安維持だとかといっても、とてもいい気持ちではいられません。外国に軍隊をだすというのは、大変危険ことなのです。まして長期にわたることは許されません。

 湾岸戦争の時、イラクはクエートに侵入しました。イラクには、原油価格の協定破りや国境沿いの油田乱掘被害など、いろいろな紛争の口実がありました。しかしかりにその言い分が正しくとも、外国に正規軍を入れたことでど、こからも支持を得られません。

 こうして国連決議が通り、多国籍軍が協力してイラク軍を撃退しました。悪いのは軍を入れたイラクの方だ、という共通認識が持てたからです。今、自爆テロが続発している国は、外国軍隊が駐留している国か、それに関係のある国であることは理由のあることです。

 外国軍がいるというだけで、それで得をする勢力と被害を受ける勢力ができて、内戦のようになってしまう例はいくらでもあります。また、いないと治安維持ができないというケースもあるでしょう。しかし、片方に武器を供給するなど、国内で自主的に解決する機会をなくしてしまうようなことだけは、すべきではないと思います。

 いずれにしても、軍隊はうむをいわさず人をおさえつけることのできる暴力装置です。他国に居座る限り真の平和は訪れません。自衛隊が海外派遣される場合は、憲法9条の趣旨からすると、暴力装置ではない文官として出向くべきでしょう。

 長くなったので、②軍備の拡張は次回にまわします。また、「戦争とは」シリーズのバックナンバーは、左らんのカテゴリをクリックしてください。

|

« 相撲は憲法適用外? | トップページ | 紀元節と天皇 »

戦争とは」カテゴリの記事

コメント

ましま様
こんにちは。トラックバックありがとうございます。ウエブリブログには、同じエントリが送られてくると、保留になる機能があります。最初の一件が反映し、その後何件かが保留に入っていたので、一応ご報告しておきます。(ごめんなさい、操作間違いかと思い、保留に入っていた2件目以降は、もう削除しちゃいました。)

投稿: 散策 | 2008年2月10日 (日) 11時15分

散策さま
わざわざご教示いただきありがとうございます。
知ってはいたんですが、猫の教室さまへのTBが通らずについいらいらしていたもので。
ご迷惑かけました。(..;)

投稿: ましま | 2008年2月10日 (日) 13時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/10366019

この記事へのトラックバック一覧です: 入門編・戦争とは10:

» アメリカの大統領選挙の候補者選びが白熱している。 [「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう]
今日は、日本の地方自治の命運をかけた、岩国市長選挙である。私は、井原候補の当選を願ってやまないが、アメリカの大統領選挙の結果次第では、岩国の問題も、アメリカ側から、解消する可能性も、無くはない。そのアメリカ大統領選挙の行方を展望してみたい。 共和党では..... [続きを読む]

受信: 2008年2月10日 (日) 04時29分

» ICRP2007報告書への疑問 [ペガサス・ブログ版]
グリーンピースの報告書に関する記事に頂いたトラックバックは,がん死が15,000人というのは「煽り」であるとして,国際放射線防護委員会(ICRP)の最新の2007年版の報告を引用している. http://d.hatena.ne.jp/mobanama/20080207 お分かりだろうか。微小なリスクを、地球人口60億人に掛け合わせるだけではこと足らず、40年間という期間にわたって掛け算し、それでようやく1万5000人というセンセーショナルに響く数値を出しているのである。 それでもその計算に根拠... [続きを読む]

受信: 2008年2月10日 (日) 10時03分

» 【日記】米大統領選、昨日買った本、G7、牛肉 [散策]
ロムニーさんが撤退ということで、アメリカ大統領選も、共和党は、マケインさん(ロン・ポールさんのサイトを見ると、ハッカビーさんとロン・ポールさんは、まだ撤退は表明していないみたいだけど)、民主党は、オバマさんとクリントンさんの流れ。 ブログを拝見していたら、「世に倦む日日」で、「米大統領選と日米関係 - 教え子らはサイードの無念を忘れず」というエントリがあり、良く変る可能性が感じられて嬉しいです。対論は、「オルタナテイブ通信」の「米国次期政権の世界戦略 」でしょうか。(注:「オルタナテイブ...... [続きを読む]

受信: 2008年2月10日 (日) 11時16分

» アメリカ軍、CIAがアルカイダ幹部を水責め拷問 [逝きし世の面影]
上院司法委員会、は水責めを拷問と認めることを拒否している(水責め容認)するマイケル・ムケージーの司法長官指名を承認。 中央情報局(CIA)が、拘束した国際テロ組織アルカイダ幹部の取り調べの様子を撮影したビデオテープを廃棄していたことが07・12・6、明らかになった。 CIAはこれまでこうしたビデオは存在しないと説明していたが、CIAのヘイデン長官がテープを廃棄したことを認めた。 米中央情報局(CIA)が2005年、国際テロ組織アルカイダ幹部らの尋問の様子を撮影したビデオテープを廃棄した問題で... [続きを読む]

受信: 2008年2月10日 (日) 17時50分

» ノーベル平和賞の胡散臭さ。ゴアはインチキ臭い。 [逝きし世の面影]
1973年のノーベル平和賞はベトナム戦争終結のためのパリ和平協定に調印したキッシンジャー米国務長官。 平和賞受賞のべトナムのレ・ドゥクトは同時受賞を拒否して、ノーベル賞受賞を辞退。 この翌年が、すべての新聞記者を締め出して、誰もいない場所で辞任会見を開いた日本人唯一の平和賞受賞者佐藤栄作。 89年が、チベット亡命政府主席のダライ・ラマ14世。 90年が、受賞の翌年にソ連が崩壊してしまう、ゴルバチョフソ連大統領。 93年は、28年間投獄されていた黒人のネルソン・マンデラと、投獄していた方の... [続きを読む]

受信: 2008年2月12日 (火) 10時22分

« 相撲は憲法適用外? | トップページ | 紀元節と天皇 »