« 入門編・戦争とは6 | トップページ | 同窓会の会話 »

2008年1月18日 (金)

小出し社会日本

 宮内庁がようやく天皇陵系古墳の学術調査を許可するという。しかも、それが奈良盆地の北端、佐紀古墳群を代表する五社神(ごさし)古墳(墳丘長276㍍)であるということは、古代史マニアにとってわくわくするようなニュースだと思った。

 同古墳は、伝説上天皇の扱いをうけている神功皇后陵として宮内庁が管理している。朝鮮への出兵には、自ら指揮者として渡海し、応神天皇の母親・仁徳天皇の祖母とされている皇后だが、学者の中には実在を疑う人もすくなくない。

 ただ考古学では、奈良盆地西南に位置する発生期巨大古墳群から、ここに巨大古墳の造営が移り、さらに日本最大の大山(だいせん)陵古墳(仁徳陵)がある大阪南部へ移る過渡期の場所で、「なぞの四世紀」解明の手がかりを秘めた古墳群とされてきた。

 各新聞とも比較的大きな扱いになっているが、内容をくわしく見るとがっかりする。墳丘のすそを一段あがったところに立ち入りを許可するだけで、発掘などは許可されない。ちょうどおひな様の飾り棚の牛車や小道具などを置いてある最下段で写真を撮る程度ならいいよ、というのに似ている。

 その程度のことは、これまでも宮内庁による補修の際に許可されていた。安全上の問題云々というが、そんなのはウソだ。しもじもを至尊に近づけたくない神域だからだ。現在の天皇陵指定は、明治になってから取り決めたもので、古代の墳丘墓については指定の誤認が多い。

 つまり、宮内庁所管からはずれていれば調査が可能で、その中からこれまでも「被葬者は、まちがいなく○○天皇」といった墓が発見されている。冒頭に古墳名をふた通り書いているのは、天皇の名をつけた宮内庁サイドの命名を学会で信用していないからだ。

 宮内庁は、そろそろ万世一系の皇国史観から解放されるべきだ。神武以来、歴代の天皇陵をすべて決めておく必要はない。古代の陵墓は調査によって存在を確定できるものもあるだろうし、わからないのはわからないでいい。

 私は、憲法9条のある第2章戦争放棄は厳守すべきだと思うが、第1章天皇も手つかずで残したい。宮内庁が旧弊にこだわり、古墳の調査許可を小出しにすることしかできないようでは、「国民の総意」が天皇制などいらない、となる時代の変化に、いつかは追いこされるだろう。

 日本は、いつからこういう小出し社会になったのか。民間有名ブランドの偽装スキャンダル小出し、政府の年金、医療行政など失政事実や対策の小出し、インド洋の給油中断後の復活、クラスター爆弾禁止に条件付きの賛成、すべて小出しでどれを見ても感激がなく効果もないのだ。

 株価の低迷も、大底が見えない。魅力を失った日本売りはまだ続くのだろう。

|

« 入門編・戦争とは6 | トップページ | 同窓会の会話 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

日本の天皇制は、「君臨すれども統治せず」ということで、英国で言えば、エリザベス女王に相当するものとして、国際社会から認知され注目される存在となれば、これに越したことは無いので、第1章の天皇については、何ら変える必要は無いと思います。
第2章戦争の放棄についても、当然のことながら変えてはならないことは言うまでもありませんが、そうであれば自衛隊そのものも憲法違反ということになるのではとの意見も無視出来ないと思います。
ならば一層のこと、自衛隊を地球救援隊と言う名称に変えて、防衛省も地球救援省という名称に変えることにより、国際社会に非武装国家としてアピールしてはどうでしょうか。
実際に、国際社会ではコスタリカの様な非武装国家もどの程度あるのでしょうか?
こうした動きが広がり、世界中の全ての国家が武力を放棄し核兵器等の大量破壊兵器も無くなれば、紛争や戦争も無くなり、資源や食糧の争奪戦も回避されることになるのなら、世界経済全体としての成長も止まることになるものの、廃棄物も減り、全人類にとっても地球環境にとっても、もう此れほど喜ばしいものは無いのでは無いでしょうか。

投稿: asa | 2011年6月 3日 (金) 13時28分

憲法については、前文、第一条天皇、第二条戦争放棄、この三つは一体のもので、例えば九条を変えるということはその三つの一体性を壊さないものでなくてはならないというのが当塾の主張です。

お暇の時、拙稿「反戦・護憲論の行く手1~10」をご高覧賜れば幸いです。右袖のカテゴリ・INDEXからたどってください。

投稿: ましま | 2011年6月 5日 (日) 12時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/9948781

この記事へのトラックバック一覧です: 小出し社会日本:

» 「岩国市役所建替え補助金カット」問題を考える(平岡秀夫氏)  [とくらBlog]
 例:にしんを食べると怒らないさんより、「岩国市長選挙 / 山口2区補欠選挙」に関するデータのTBをいただきました。どちらの選挙も全国で注目される選挙になると思います。  岩国市長選挙について、昨日、ある新聞社の方とお話ししたのですが、ゼッタイ的に強いと思われていた井原さんに福田さんがかなり追い上げているので、やらないつもりだった世論調査をするかもしれない、と言われていました。私も含めて岩国市民ではない方々、ネット上でも、もっと取り上げて、井原前市長を応援してください!お願いします!   ... [続きを読む]

受信: 2008年1月18日 (金) 16時37分

» 判断基準は「命を護る」こと ― 緒方貞子さんのことば ― [鳥居正宏のときどきLOGOS]
きょう、私は4通の航空便を投函しました。アメリカ、中国、ロシア、コンゴの国家元首に宛てたものです。そのあとこれらの国家元首宛てにFAXとメールも送信しました。 アムネスティ・インターナショナルの要請で、これらの... [続きを読む]

受信: 2008年1月18日 (金) 22時29分

« 入門編・戦争とは6 | トップページ | 同窓会の会話 »