« 「偽」 | トップページ | 平和への努力 »

2007年12月14日 (金)

元禄の世相

 今日12月14日は、忠臣蔵義士討ち入りの日である。この時代の世相を見ていると、現代に相通じるものが時々出てきておもしろい。旧暦だから今の東京より相当寒いはずだが、15日から日本橋から京橋にかけて正月用品の市が立つ。

 羽子板など子供の遊び道具は金銀をちりばめたものが売り出され、昨今のクリスマスに向けた電飾の流行に似ている。「宵越しの金はもたねえ」江戸っ子は、大晦日の夜に入るまで年に1度の大盤振る舞い、破魔弓1つ2両の縁起物から正月の食料品、足袋、雪駄のたぐいまで、売る方もこの期間でこの年の商売をかけようとする。その喧噪、にぎわいは「あめ横」以上だろう。

 アメリカのクリスマス商戦というのも景気の一大指標になるようだ。日本では海外旅行の人数になるのだろうか、また家電商品の売れ行きになるのか。いずれにしても娯楽のすくなかった昔、元日にみんながそろって1歳年がふえることを祝うという連帯感はなくなった。

 旗本とは、今でいえば中央官庁の役人である。身分に高低はあるが、その中には無頼、汚職、その他権威をかさに着た悪行で、目に余るものがあった。幡随院長兵衛を殺した水野十郎左衛門とかばくち打ち岩間八兵衛などのほか、名の残らない不良ご家人衆も無数いた。

 将軍が、5代綱吉に変わり、それらを厳しく取り締まるようになった。火附け盗賊改・中山勘解由は、最初ならずものを囲い込み密告させたので、小盗などの検挙に効果をあげたが、それらが権威を着たり直属の家来だと詐称して悪事を働くようになったので解雇した。

 その翌年(貞享2年、1685)、勘解由は大小神祇組(下級御家人の子弟、与力、同心、浪人、町民などが不正目的で作った秘密組織)の200数十名を一斉に検挙、11人を斬罪にしてようやく静謐を得ることができた。さて、綱吉ならぬ福田康夫将軍、果たして不良旗本の首をどれだけ切れるか。旗本ではないが吉良上野介のような大物官僚をどれだけ断罪できるか。来年は選挙の年になる。

 

|

« 「偽」 | トップページ | 平和への努力 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/9398548

この記事へのトラックバック一覧です: 元禄の世相:

» IT・セキュリティ技術者から本格的な批判が出てきました。⇒『「国政選挙における電子投票の脆弱性』 [携帯版雑談日記(徒然なるままに、)]
 以前からIT・セキュリティ関連で注目している技術者からの本格的な批判です。今でこそ雑談日記が表看板のようになってますが、僕のココログは本来ひなたぼっこ(おじさんのIT的情報生活(^^;)の方がメインです。(汗)  なお、再確認です。最初、いきなり出てきた12月6日のニュースで、7日の衆院政治倫理確立・公選法改正特別委員会で採決し、11日の本会議で可決。参院に送付され、15日の会期末までに成立する見通しだ。SOBA注:参院HPでの正式表記では電子投票法の審議は「政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別... [続きを読む]

受信: 2007年12月15日 (土) 11時41分

» 国政選挙への電子投票導入に沈黙するブロガーは自公政権の共犯者なり。 [携帯版雑談日記(徒然なるままに、)]
 再確認。最初、いきなり出てきた12月6日のニュースで、7日の衆院政治倫理確立・公選法改正特別委員会で採決し、11日の本会議で可決。参院に送付され、15日の会期末までに成立する見通しだ。SOBA注:参院HPでの正式表記では電子投票法の審議は「政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会」 と、すぐにでも成立してしまうような印象報道がされてました。しかし、衆院本会議可決(11日)でしたが、参院(12日)は委員会開くも、最後審議がもめて一旦散会してまだ可決されてません。13日には政治倫理の確立及び選挙制... [続きを読む]

受信: 2007年12月15日 (土) 11時41分

« 「偽」 | トップページ | 平和への努力 »